2016年12月11日

ブナセンター講座[ 豊かな熱帯林が支えるボルネオ先住民の暮らしと文化 〜ラタンのカゴ編みを通して〜」

 この日、只見町ではいよいよ雪が積もりはじめました。しんしんと降り続く雪の中、ボルネオ島の熱帯林と伝統文化をテーマとしたブナセンター講座を行いました。

 講師の竹内氏は、生命力あふれる熱帯林に惹かれて、ボルネオ島での調査を始めたそうです。毎年、2か月にわたる現地調査に行くとのこと、とても体力が必要なのだそうです。生態学を専門とし、動植物の共存や木本植物が一斉開花するメカニズムを研究されています。現在では、国立環境研究所に所属し、熱帯林の減少や人々と森との関係性についても研究テーマを広げています。

DSC_3226_RR.jpg

 はじめにボルネオ島と先住民の暮らし、続いてラタン、原生林『プラウ』の動植物、熱帯林の開発の順にお話しいただきました。

ボルネオ島には40の民族がいますが、竹内氏が調査を行っているイバンの人々の熱帯林を利用した暮らしが紹介されました。イバンの人々は、わかっている範囲で250種もの植物を区別し、木材、食べ物、燃料、薬、儀礼など様々な用途に用いています。その中でラタンは、日用品を編む材料としても使われます。

 ラタンは、日本では籐(トウ)と呼ばれてイスの材料やカゴなどのクラフトの材料として用いられています。熱帯に生育するツル植物の総称で、ボルネオ島では150種ほどが知られており、ツルにある鋭いトゲをまわりの高木にひっかけて高いところまで上っていくのだそうです。ラタンの種類を使い分けることで、漁労道具、農作業道具、ザル、運搬用具など日常に必要な様々な道具をつくりだします。

 生活に用いる様々な植物は『プラウ』で採取します。プラウは、極力伐採しないよう村で取り決めた森のことで、原生に近い状態で維持されています。そのため、絶滅危惧種に残された貴重な生育地ともなっています。プラウに生息する私たちにとっては珍しい動物たちを、現地で撮影した動画を用いて紹介していただきました。

 熱帯林は、開発による伐採とオイルパーム造成地の建設により、危機に直面しています。いくつかの村を調査したところ、3分の1がプラウを失ったことがわかりました。採集地であるプラウがなくなったことで、ラタンを使う文化も変化し、材料を購入や輸入に頼り、採取する文化はすたれつつあるそうです。編む文化については、ラタンのカゴがお土産品として人気があることから、残っていくのではないかということでした。最後に、ボルネオ島で産出された資源は私たちの身近で使われており、違法に採取されたものが混ざっている可能性が指摘されました。イバンの人々が住むサラワク州で産出された木材の6割が日本に輸入され、合板として用いられているそうです。

 会場からは、原生林に回復するまでの年数や資源の枯渇について、イバンの人たちが住むロングハウスと呼ばれる長屋の歴史、編む技術がどのように継承されたかなど質問が出ました。伝統的には母から子へと編む技術が伝えられていたそうですが、これは義務ではなく、編むことが好きな人や手が器用な人たちが伝え、広めたということです。町内をはじめ35名の方が聴講され、遠く離れた熱帯林で継承された、只見町と同じ自然を利用する伝統文化について知識を深めました。

 セミナー室での講座後、企画展示室に移動し、展示してあるラタンのカゴやパネルなどの前で、竹内氏に展示解説をしていただきました。竹内氏は参加者の質問に丁寧に答えてくださり、和やかな会となりました。

IMGP1476_RR.jpg
posted by ブナ at 17:00| ブナセンター講座

2016年12月10日

いよいよ雪が積もり始めました

昨晩は激しく雨が降っていましたが、今朝には雪になり、降り続いています。ついに除雪道具や手袋を用意する時が来ました。

DSC_3203_RR_RR.jpg

DSC_3202_RR_RR.jpg

今日は、午後1時30分からブナセンター講座があります。開催中の企画展「伝統を編む人々〜只見町とボルネオ島と」に関連し、ボルネオ島のパート制作をしてくださった国立環境研究所の竹内やよいさんに講師をしていただきます。ブナセンター講座「豊かな熱帯林が支えるボルネオ先住民の暮らしと文化ーラタンのカゴ編みを通して」ぜひご来場ください。
雪の降り始めで道路状況がよくないことが予想されます。お気をつけてお越しください。
posted by ブナ at 09:32| できごと

2016年12月06日

【ご案内】ブナセンター講座 12月10日(土)

今週末のブナセンター講座をお知らせします。

タイトル:「豊かな熱帯林が支えるボルネオ先住民の暮らしと文化
        ーラタンのカゴ編みを通して」
日時:2016年12月10日(土曜日) 13:30〜15:00
講師:竹内やよい氏(国立環境研究所)
会場:ただみ・ブナと川のミュージアム セミナー室
*講座の聴講にはブナセンター入館料が必要です。大人300円、小中学生200円

雪深い只見町と熱帯のボルネオ島とは、自然環境が大きく異なります。しかし、身近な自然から採取した植物を用いて身の回りの物を手作りするという、共通の伝統文化があります。植物を編む文化を通した、自然とともに暮らす人々の知恵と自然の恵みについて、ボルネオ島の熱帯林と先住民の暮らしを研究する竹内氏にお話いただきます。

詳細はこちらをご覧ください。
http://www.tadami-buna.jp/event.html#boruneosenjuuminnokurasitobunaka

このブナセンター講座は現在開催中の企画展の一環として行います。企画展も併せてご覧ください。
企画展「伝統を編む人々 −只見町とボルネオ島と」
2017年 2月 13日 (月)

 只見町では、様々な自然物を用いた生活用品の自家生産がごく近年まで行われていました。しかし今、生活用品を自分で作ることのできる人はごくわずかです。生活用品を作りだす技術と自然の恵みを活用する知恵は、長い年月をかけて先人が築いてきたもので、一度失われてしまえば、再び手にすることは困難です。この企画展では、只見町の伝統であるカゴやザルを編む文化をとりあげます。その種類や特徴、そしてこの文化がどのように受け継がれてきたのかを見ていきます。また、同様に日用品を編む文化が残るボルネオ島の先住民イバンの人々のくらし、材料となるラタン(籐)、ラタンの民芸品、ラタンを育む生物多様性について紹介します。植物を編む伝統文化の継承について考えます。 

後援:国立研究開発法人国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター
http://www.nies.go.jp/biology/pr/ev/index.html
posted by ブナ at 10:42| Comment(0) | ブナセンター講座

2016年11月27日

落ち葉

ブナの森はほとんど落葉しました。ブナの幹や枝は白っぽいので、雪が積もる前にすでに白い森となります。
大量の落ち葉は地面にフカフカに厚く積もりますが、沢に流される落ち葉もあります。
DSCF0676.jpeg

ところにより、沢が堰き止められるのではないかと思うほど、落ち葉が溜まっています。
DSCF0643.jpeg

沢の底に沈んだ落ち葉もたくさんあります。
DSCF0644.jpeg

落ち葉がきれいに並んでいます。誰かが並べたのかな?と思ってしまうほどきれいに並んでいます。自然の妙ですね。
DSCF0688.jpeg


さて、六十里越(国道252号の只見町・新潟県魚沼市間)の峠近くの今日の様子です。高い山は雪をかぶっています。先日のブログで、12月1日からの冬季封鎖をお伝えしました。もう間も無く道路が通行できなくなり、ここからの展望は、来年のゴールデンウィーク頃までお預けです。果たして雪の多い冬となるでしょうか。
DSCF0705.jpeg

posted by ブナ at 23:23| Comment(0) | できごと

2016年11月25日

12月1日六十里越雪わり街道冬季封鎖

只見町と新潟県小出市をつなぐ六十里雪わり街道は12月1日より冬季封鎖になります。
161124-090502-DSC_3094_R.JPG
11月24日 町内でも積雪がありました。

冬が近づき、朝の冷え込みもずっと厳しいものになってきました。
路面凍結なども考えられるので、夜間の通行はお控えください。
雪の状況によって、通行できない場合もあるので、福島県HPの道路状況をご確認ください。
posted by ブナ at 16:44| Comment(0) | おしらせ