2017年01月04日

只見町の雪の状況

明けましておめでとうございます。
さて、只見町の現在の雪の状況をお伝えします。
例年ですと年末から年始にかけてどっと雪が積もります。
今年は年末に一度降りましたが、気温が暖かく、降った雪がとけてしまいました。
今朝は、朝から雨でしたが、ちょうど今雪に変わったところです。

170104-104732_R.JPG

170104-104847_R.JPG

さて、今年度も残り3カ月となりました。只見町ブナセンターでは、1月22日にブナセンター講座「座談会 只見町の編む伝統を聞く」、1月28日に「平成28年度『自然首都・只見』学術調査研究助成金事業成果発表会」、3月4日に猪又かじ子氏による写真教室「只見町の雪を記録しよう(写真による自然記録)」、3月19日に自然観察会「冬のブナ林で鳥を観察しよう」を予定しています。詳細については、追ってホームページなどでお伝えしていきます。

本年も只見町ブナセンターをよろしくお願いいたします。
posted by ブナ at 11:27| できごと

2016年12月28日

良いお年をお迎えください!

今年もあとわずかとなりました。
ここのところ12月にしては暖かく、雨の日が続き、以前に積もった雪が溶け続けていました。昨晩から、雪に変わり、一面に新雪が積もりきれいな景色となりました。

DSCF0762.jpeg
ブナセンターから見た青少年旅行村方面

ブナセンターは今日が仕事納めで、年末年始は休館します。どうぞご承知おき願います。

*年末年始休館
 2016年12月29日(木)〜2017年1月3日(火)


今年一年、みなさまに支えられてブナセンターの活動ができました。どうもありがとうございました。
来年は、これまで以上に充実した活動を目指していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

新年1月4日(水)から開館します。みなさまお揃いでご来館ください。
それでは、どうぞ良いお年をお迎えください!
posted by ブナ at 16:25| Comment(0) | イベント

2016年12月19日

図書の寄贈を受けました

会津生物同好会から会誌の寄贈をいただきました。

会津生物同好会誌 No.22〜54(No.23、No.26を除く)

会員の方からの研究報告や観察記録、随想などをまとめた雑誌です。会津地方の貴重な自然に関するデータがつまっています。ただみ・ブナと川のミュージアムの休憩室に置いてありますので、ぜひご利用ください。
posted by ブナ at 13:15| 寄贈物

2016年12月18日

今日の浅草岳

一昨日から昨日にかけて、大雪となりました。昨日は、只見線が運休になる程でした。
今日は、一転、おだやかなお天気となり、気温も暖かいようです。
今日は浅草岳が見えましたので、その様子をアップします。

DSC_3298.jpg
posted by ブナ at 13:51| できごと

2016年12月14日

足跡

昨日は雨で、それ以前の雪が多少は溶けたものの、すっかり雪景色です。

DSCF0733.jpeg
水の郷公園から見たブナセンター。斜め後ろは柴倉山です。

雪はそれほど深くありません。特に、公園内の歩道のところはうっすらとしかつもっていません。そんなところを歩きやすいのは人も動物も同じようで、いろいろな足跡を見ることができました。

DSCF0735.jpeg
左端に消えかけの人の足跡がある他、いろいろな動物が通っています。残念ながら、なんという動物かわかりません。
私はウールの靴下と長靴を履いていますが、じっとしていると足元が冷えてきます。しかし、裸足で歩く動物たちは凍傷にかかりません。冷たいところを歩くと、足の血管が収縮して血流がわずかになります。そしてその部分の皮膚の温度が低下します。ときおり、血管が拡張して血液を流し、皮膚温を上昇させます。これを繰り返しているそうです。つねに暖かい血液を冷えた足の裏に流していると体温は下がってしまい、エネルギーのロスになってしまいます。断続的に暖かい血液を流すことによって、凍傷も全身の体温低下も防いでいるのだそうです。
小さな体でも雪の中を生き抜ける仕組みを備えているのですね。
posted by ブナ at 16:54| Comment(0) | できごと