2019年04月29日

春の自然観察会「春の花観察会」

 4月28日に蒲生かたくり公園とその周辺で、「春の花観察会」を開催しました。毎年ゴールデンウィークに、春の自然観察会として春植物の観察会を実施しています。今回は、蒲生かたくり公園と周辺のブナ林で春植物を観察し、蒲生の農村風景を楽しみながら歩きました。当日の様子をお伝えします。

DSC_9433.JPG
会津のマッターホルンと称される蒲生岳

 かたくり公園では、カタクリ、フクジュソウ、キクザキイチゲ、エゾエンゴサク、コシノコバイモなど只見で見られる代表的な春植物の生活史を説明しました。

DSC_9443.JPG
蒲生川上流、大倉山の残雪とカタクリ群落

DSC_9481.JPG
クリ林のカタクリ群落を歩く

DSC_9487.JPG
カタクリ

 かたくり公園から蒲生岳の登山道を少し登ると、小規模のブナ林があります。そこでは、ユキツバキの花や、ブナの芽吹きを観察しました。

DSC_9504.JPG
かたくり公園から歩いて5分ほどでブナ林に着く

DSC_9517.JPG
春の日差しに包まれ、ブナ林もようやく色づき始めた

DSC_9492.JPG
ユキツバキ

DSC_9579.JPG
ケアブラチャンの花が蒲生岳の斜面を黄色く染め上げる

DSC_9596a.jpg
蒲生岳を背景に集合写真

 かたくり公園周辺では、上記の春植物から少し遅れて開花するニリンソウの花も見られました。また、場所によって植物の顔ぶれも異なり、それぞれの種に好適な生育条件があることを説明しました。
 
 今年は積雪が少なかったので、例年より時期を早めての観察会となりましたが、無事に只見の春植物を観察することができました。参加いただきありがとうございました。
posted by ブナ at 11:20| Comment(0) | イベント

2019年04月22日

4月28日「春の花観察会」下見

2019年4月28日開催の「春の花観察会」下見のため、蒲生かたくり公園に行ってきました。
スギ林のような日陰にはまだ雪が残っていますが、蒲生岳の雪も解け、これから徐々に春色に染まっていきます。

DSC_9074.JPG
蒲生岳とかたくり公園の様子

公園内やその周辺では、カタクリ、キクザキイチゲ、タチツボスミレなどが花を咲かせ、越冬明けのクジャクチョウがフキの花を訪れていました。
DSC_9156.JPG
蒲生かたくり公園周辺のカタクリやキクザキイチゲ

DSC_9132a.jpg
フキの花とクジャクチョウ

春の花はおおよそ出揃いましたが、カタクリはまだ満開ではありません。観察会当日には見頃?になり、ブナの展葉も始まるかと思われます。

また、翌日には癒しの森で「新緑のブナ林観察会」もありますのでそちらもぜひご参加ください。
なお、観察会の参加には事前の申し込みが必要です。申し込み締め切りは、4月26日となっておりますので、参加ご希望の方はブナセンター事務局までご連絡ください。
http://www.tadami-buna.jp/event.html#1905meeting
posted by ブナ at 12:14| Comment(0) | おしらせ

2019年04月21日

農作業の準備が始まります

気温が20度近くまで上がるような、春の陽気が近づいてきましたが、油断をすると肌寒く感じる日もあります。

只見町でも、徐々に町民のみなさんが農作業の準備を始められたようです。

IMG20190420172925.jpg

IMG20190420172907.jpg

IMG20190420172849.jpg

現在の只見町では、あちこちで畑の土をおこして、ならしている光景を見ることができます。

一番上の写真は、春を感じさせるフキノトウをあえて残して、畑を整備したのでしょうか?想像がふくらみます。


ある町民の方にうかがったお話によると、只見町で本格的に農作業を開始するのは、5月に入ってからだそうです。4月はまだ地温が低く、畑に作物を植えても成長しません。当地の4月はまだ、冬の名残りのほうが色濃く残っています。過去には6月にみぞれが降った年もあるのだとか。

なお、「ただみ・ブナと川のミュージアム」では、4月27日(土)より特別企画展「植物学者 河野昭一の世界 その生涯と只見」を開催いたします。詳しくはこちらhttp://www.tadami-buna.jp/event.html#KawanoWord


ぜひ皆様お誘い合わせのうえ、冬と春のはざまにあるこの時期に、只見町にお越しください。

タグ:
posted by ブナ at 11:18| Comment(0) | 定点観測

2019年04月10日

只見町の近頃の様子

雪が降ったり、あられが降ったりと寒い日も多くありますが、それでも着々と春がやってきています。

フクジュソウは見ごろを迎えました。

190406-145953-DSC_8759_R.JPG

カタクリも一部の地域でつぼみが見られるようになりました。

190406-145715-DSC_8755_R.JPG

夏鳥のツバメもやってきました!3月31日に確認しました。ちなみにイワツバメは3月28日。サシバは4月6日に今季初確認しましたよ!
※写真をクリックすると大きな画像で見ることができます。

190406-161455-DSC_8837_R.JPG

只見川では、カワガラスが激しいなわばり争いをしていました。水面上の黒い点をご覧ください!

190406-140445-DSC_8723_R.JPG

こちらは蒲生かたくり公園の4月6日の様子。まだ雪が残っていてカタクリの気配はありませんでした。

190406-131149-DSC_8687_R.JPG

ここは栗林になっていて、クリの食べかすが残っていました。

190406-131707-DSC_8689_R.JPG

食べたのはおそらくこれ!見えにくいですがサルの足跡です。

190406-132017-DSC_8691_R.JPG

国道沿いでは、何とウメが咲いていました。いいかおりでした。

190406-133252-DSC_8699_R.JPG

さて、今年の春の自然観察会の日程が決まりました。

1903meeting_500.jpg

4月28日(日)に、上記の蒲生かたくり公園で「春の花観察会」を行います。4月29日(月・祝)は、「新緑のブナ林観察会」を癒しの森で行います。只見町の春を満喫する企画となっています。みなさまお誘い合わせの上、ぜひご参加ください!詳しくは、下記HPをご覧ください。
http://www.tadami-buna.jp/event.html#1905meeting
posted by ブナ at 17:06| Comment(0) | できごと

2019年03月30日

エントランスのブナの稚樹

「ただみ・ブナと川のミュージアム」のエントランスにはブナの稚樹がおいてあります。去る3月20日に葉が開きました!下の写真2枚は2016年に発芽した鉢で、21日の様子です。。ちなみに発芽の様子はこちら

190321-101142_R.JPG

190321-101156_R.JPG

ただ、2012年に発芽した個体はまだ葉を開いていません。去年まではほぼ同時に葉が開いたのですが。

190321-101229_R.JPG

190321-101208_R.JPG

ちなみに2017年は3月17日、2018年3月18日に葉が開いたのを確認しました。今年は昨日3月20日です。

昨年のブログはこちら

ちなみに野外のブナはまだ葉を開いていません。今年はいつごろ葉を開くのか楽しみです。

さて、企画展アーカイブ「只見の自然を食べる」がオープンしました。2011年に開催した企画展を中心にいくつかの企画展のパネルを再構成して展示しています。自然の恵みを拠り所とした只見町の生活文化を紹介する展示となっています。4月22日まで展示しています。ぜひご来場ください!

190321bc_1802.jpg



posted by ブナ at 09:47| できごと