2016年02月29日

冬の鳥

現在の只見町の積雪は、なんと70cmしかありません!
昨年の2月28日はまだ2m50cmもの積雪があったので、2月の積雪としては信じられないことです。

これはウサギの足跡。70p近い雪の壁を軽々とジャンプしていました。
IMG_5360_R.JPG

木々の葉が落ちる冬は、鳥たちの姿も見やすくなります。
アトリです。
IMG_5179_R.JPG
数百から時には数万の群れで生活します。
昨年の秋には町内にも群れが飛来しており、「とんでもない数の鳥がいる!!」と話題になっていました。
あまりの数の多さに「天変地異の前触れでは?」と心配された方もいたそうです。

オス
IMG_5237_R.JPG

メス
IMG_5242_R.JPG
この時は10数羽の群れで、一生懸命餌を探していました。
もうすぐ旅立つのでしょう。

こちらは正面を向いていて分かりにくいですが、カシラダカです。
IMG_5148 (2)_R.JPG
人家のすぐ脇まで来てさえずっていました。

一生懸命松の実を食べていたヤマガラ。
IMG_5294_R.JPG

ちょこちょこと飛び回り、とても愛らしい鳥です。
IMG_5298_R.JPG

おなかのオレンジのような茶色がよく目立ちます。
IMG_5302_R.JPG

そして雪の上をちょんちょんと走る可愛い後ろ姿。
IMG_5080_R.JPG

ツグミでした。
IMG_5083_R.JPG
只見町ではかつてかなりの数が生息していたようですが、現在は少なくなっています。
かすみ網(鳥類を大量に捕獲できる猟具)が禁止される前は食用として大量に捕られており、ツグミの肉は美味しかったのだとか。

例年にない浅雪で、今年はもう地面が見え始めている山もあります。
春の風景になりつつありますが、そこら中に見られる動物たちの足跡が見られなくなると思うと、寂しくもありますね。
posted by ブナ at 12:26| Comment(0) | 野鳥

2015年08月21日

カケスの巣立ち雛

お盆を過ぎて少し涼しくなったようです。
イネの花が咲く時期です。イネ花粉のアレルギーがある者(私)にはつらい季節です。

DSC_3602_R.JPG

カケスの巣立ち雛の写真を撮ることができました。お腹の羽毛がまだポヤポヤです。

DSC_3647_R.JPG

こちらは成鳥です。茶色味が強いことがわかります。

DSC_3656_R.JPG

畑では、ジャガイモの収穫が終わり、ダイコンなどを植える季節になりました。このあたりでは、9月10日までに植えるそうです。雪が降るまでに大きくなるのかと思うのですが、町のみなさんは例年しっかり収穫しています。
posted by ブナ at 15:23| 野鳥

2015年08月16日

尾羽のないハクセキレイ

ハクセキレイは尾羽が長いのが特徴です。

male.jpg

背中が黒いのでオスと思われます。

ブナセンターの周りで尾羽のないハクセキレイを見つけました。

female.JPG

後ろから見るとこんな感じ。背中が灰色なのでメスと思われます。

female2.jpg

普通に生活しているようです。そのうち、新しい羽が生えてくるでしょう。
ちなみにこちらは若鳥。全身が白っぽい色をしています。

juvenile.jpg
posted by ブナ at 13:39| 野鳥

2015年05月25日

オシドリ

只見町は連日気温が25度を超え、夏日が続いています。
山には残雪も見えますが、あっという間に新緑は過ぎ去って、カエル達も鳴きはじめ、、、
季節がおかしいようです。

只見では「チューマ」と呼ばれるムクドリがあちこちで鳴いています。
IMG_3374_R.JPG
ちなみに卵から孵ったばかりで、まだ羽毛も生えそろわない鳥類のヒナのことは「タンポゲス」なんて呼んだりします。
「ゲス」はお尻のことなのでしょうが、一体どう有意味なのでしょう?

只見川ではオシドリが気持ちよさそうに泳いでいました。
IMG_3424_R.JPG
銀杏羽が美しい繁殖期のオスです。

この美しい羽を見れるのはこの時期だけで、
繁殖期が終わると、こんな風にメスとほぼ変わらない茶色になってしまいます。
IMG_0950_R.JPG

そんなオスが何か大きな物をくちばしにくわえていました。
IMG_3441_R.JPG

よく見てみると、かなり大きなカエルです!
IMG_3444_R.JPG
ヤマアカガエルでしょうか?
威嚇して膨らんだカエルを、何度も何度も地面に叩きつけて飲み込もうとしていました。

オシドリは植物食の強い雑食ですが、こんなに大きなカエルを食べるとは驚きです。
posted by ブナ at 14:10| Comment(0) | 野鳥

2015年04月09日

ツバメがやってきた!

今朝は冬のような冷え込みでしたが、日中は日差しが強く暖かい一日となりました。少ないと予想されていたスギ花粉も大盤振る舞いで飛んでいるようで、花粉症の身としては「スギ花粉の時期よ早く過ぎ去ってくれ!」という気持ちでいっぱいです。ただ、これから様々な春植物が開花する時期でもあるのでとても楽しみな季節でもあります!

先日は、フクジュソウやユビソヤナギの開花をお伝えしましたが、今日は春を感じさせる鳥を紹介したいと思います。
お知らせするのが遅くなっていしまいましたが、4月3日にツバメを確認することができました。

ツバメ2.JPG

まだ寒いので、あわてて車庫の窓を開けてあげましたが、このツバメは結局うちの車庫で子育てをするツバメだったのでしょうか?まだ確認できていません!

ツバメ1.JPG

これから、繁殖のためにいろいろな鳥が続々と渡ってくるので、春植物に渡り鳥にカメラを持って出かける日が増えそうです。

posted by ブナ at 16:52| Comment(0) | 野鳥