2014年06月29日

自然観察会「開花中のヒメサユリの自生地を訪ねる」

去る6月22日(日)にヒメサユリをテーマとした自然観察会を行いました。遅くなりましたが、ご報告します。

IMG_0720_R.jpg

あいにくに雨となりましたが、みなさん装備万端!無事に出発しました。

IMG_0746_R.JPG

三石神社の森を抜け、百合平に到着。平地でのヒメサユリの開花ピークは6月中旬のため、開花中のヒメサユリを見ることができるかやきもきしましたが、この通り!咲いている姿を見ることができました。

IMG_0740_R.JPG

百合平は人の管理によって日当たりのよい草地となっていますが、まばらに生えるスギによる日陰と土地の起伏とにより、雪解けが早い場所と遅い場所の両方ができました。この時期でも花を見ることができたのは、環境が多様であったためなのだとか。

IMG_0765_R.JPG

ヒメサユリは、種がまかれた翌々年に初めて1枚だけ葉が出ます。ゆっくり時間をかけて成長し、花をつけるまでには5年以上かかるのだとか。1枚葉の状態や複数葉の状態など、ここではヒメサユリを間近で見ることができるため、成長の様子をじっくりと観察しました。

IMG_0817_R.JPG

続いて、人手の入らない自生環境で咲いているヒメサユリを入叶津に見に行きました。
川岸の草地の中に数本のヒメサユリが咲いていました。
ヒメサユリは雪田草原や尾根のガレ場、雪食地形などが自生環境となっています。
崖下は雪崩でたまった雪が遅くまで残っていることから、上のほうよりも開花が遅いのだそうです。

只見町の自然の最大の特徴は豪雪にあります。ヒメサユリを通して、雪の影響を再確認しました。

自然観察会には、町外を中心とした16名方にご参加いただきました。ありがとうございました。
ヒメサユリの花に再び会えるのは、次の春です。

posted by ブナ at 11:41| Comment(0) | 自然観察会

2014年05月10日

自然観察会「春のブナ林を歩く」

5月5日(月・祝)には、前日に引き続き、今度は「春のブナ林を歩く」をテーマとして、只見町布沢集落と金山町横田集落を結ぶ松坂峠の「癒しの森」で自然観察会を行いました。
参加者は、町外からの方が多く、12名の方々をスタッフ3名で案内しました。当日は、午後から雨の予報がでていたあいにくの天気でしたが、観察会終了まで雨あうことなく実施することができました。

IMG_0352_R.JPG

今年の冬は雪が少なく、残雪が危ぶまれましたが、この通り。立派に残っていました。

IMG_0308_R.JPG

ブナの開葉が進んでいました。新緑の中を歩いていきます。

IMG_0305_R.JPG

青春広場と名付けられたこの林は、60数年前に伐採された後に一斉に伸びたブナの二次林なのだそうです。そのため、木の太さが揃っています。林の様子は、歴史を伝えているのですね。

IMG_0322_R.JPG

折り返し地点の戸板山眺めにでは、オオイワウチワが満開でした。

IMG_0324_R.JPG

崖にはショウジョウバカマが咲いていましたが、崖が急すぎて近寄れませんでした。

IMG_0335_R.JPG

交流広場には、寿命を終えた国界の大ブナが横たわっています。1年経っても圧倒的な存在感で迎えてくれます。

IMG_0328_R.JPG

落ち葉の下では、ブナが種から芽を出していました。この新しい命はどういう運命をたどるのでしょうか。

観察会では他に、ツル植物による絞め殺しや大ブナの倒木によるギャップ更新、交流広場の名前の由来、この森に1本しかないと思われるオオバボダイジュなどについて、スタッフが解説を行いました。
のんびりと残雪のブナ林を楽しんだ観察会となりました。
ご参加いただいた方々に感謝いたします。

posted by ブナ at 13:41| Comment(0) | 自然観察会

2014年05月06日

春の自然観察会が行われました!

皆さん、5月の連休はどのように過ごされたでしょうか?
只見町では、ブナの新緑がとても美しい時期になりました。そんなGWに、春の自然観察会を只見町ブナセンターで企画開催しましたので、どのような様子だったのか是非ご覧ください!

5月4日(日)は春植物の観察会を行いました!
天候にも恵まれ、観察を行った楢戸地区の観察林と黒谷川流域で、たくさんの春植物を見ることが出来ました。

楢戸地区のブナの観察林では、カタクリのお花畑やブナについての観察を行いました!ブナの巨木に残る熊の爪痕に参加者の皆さんも興味津々で写真を撮影される方もいました。

kannsaturinn-asa1.JPG

朝の下見の際に撮影したものなので、日陰になっている所のカタクリは、まだ花弁が完全に反り返っていませんでした。

kannsaturinn-asa2.JPG

ブナの新緑も、とてもきれいです!林床のブナの落ち葉は、秋の落葉後の様にふかふかで、歩くとかさかさと気持ちいい音がしました。(ブナの葉っぱは腐りにくいので、前年の落ち葉がほぼそのままの形で残ります)


黒谷川流域では、林道の奥にあるフクジュソウの群生地で観察を行いました。(林道は、水害の影響で道の一部が崩落し落石の危険もある事から、現在立ち入りが制限されています/観察会では安全面を考慮し何度も下見を行っています)

もうすっかり道や斜面の雪も消え、フクジュソウも青々とした葉を茂らせています。

kurotani1.JPG

kurotani2.JPG

手前の斜面では、もう未成熟の果実がたくさんついていましたが、斜面下の方では、まだフクジュソウが花を咲かせていました!

kurotani3.JPG

ここでは、フクジュソウの他に、カタクリ、キバナノアマナ、キケマン、キクザキイチゲ、ヒトリシズカなど、たくさんの春の花を見ることが出来ました。道を外れないようにしながら、思い思いに観察、写真撮影を行ってもらい、最後に春植物の説明と簡単なクイズを出して次の観察地に移動しました。

kurotani4.JPG

kurotani5.JPG

対岸には、ブナの新緑が広がっていました。

黒谷発電所では、絶滅危惧種に指定されているユビソヤナギの観察と雪食地形とモザイク植生に関するお話をしました!

kurotani6.JPG

黒谷川流域では、雪食地形はあまり見られませんが、伊南川流域の特に黒谷地区から只見方面に向かって国道から特徴的な雪食地形が見られます!只見を訪れる機会があったら山の形の変化を是非ご覧ください。

今年の春植物の観察会は、ブナの新緑とカタクリ、フクジュソウの大群落で様々な春植物の観察、絶滅危惧種のユビソヤナギと町内に広がる雪食地形の観察を行う事が出来ました。
降雪量によって開花時期がずれるため今年のフクジュソウは花が終わっているものが多かったですが、果実から花まで幅広い観察が行えました。来年は、どんな観察が出来るでしょうか?
毎年5月の連休に只見町ブナセンターでは、春の自然観察会を2日間にわたって開催しています!また、年4回のブナ林の観察会を企画しておりますので、興味のある方は是非お問い合わせください^^!皆様のご参加をお待ちしております。



posted by ブナ at 13:34| Comment(0) | 自然観察会

2014年03月16日

自然観察会「冬のブナ林を歩く!」

3月9日(日)に今年度最後の自然観察会「冬のブナ林を歩く!」を開催しました。
前日まで続いていた吹雪が嘘のように止み、快晴に恵まれました。前日のブナセンター講座で講師をしていただいた小泉武栄氏にも同行いただき、28名の方々と観察会を行いましたのでご報告します。

まずは、伊南川の右岸から南部に広がる雪食地形の山並みを観察しました。馬のタテガミの様に尾根に並んだキタゴヨウが、複雑な山の形を縁取っています。只見町は、いたるところで雪食地形を見ることができる世界でも数少ない町なのです!

IMG_9289_R.JPG

集落の裏のスギ林は、かつては採草地だったのだとか。その後、植林され、現在のようになったそうです。風景から人の暮らしの歴史を知ることもできるのですね。

IMG_9297_R.JPG

続いて、楢戸の観察の森に移動しました。若い衆が道を切り開いていきます。

IMG_9314_R.JPG

森に到着しました。鈴木館長からブナ林の更新について、小泉先生から他の地域との比較についてお話を聞きました。
その後は、自由時間としました。みなさん思い思いの方法で、冬のブナ林を堪能しました!

IMG_9324_R.JPG

やっぱりブナの大木は大人気!

IMG_9331_R.JPG

雪が覆いかぶさり、木が倒れかけている光景も

IMG_9335_R.JPG

青空に雪の木立、思わず空を見上げてしまいます

IMG_9342_R.JPG

新雪がふかふか!

IMG_9348_R.JPG

最後は記念撮影をしました。参加してくださった皆様、ありがとうございました!

posted by ブナ at 10:51| Comment(0) | 自然観察会

2013年10月20日

「ブナ天然林と歴史の道を歩く」

当日は13名もの方々にお集まりいただきましたが、悪天候の為8:45分の時点で中止となりました。残念ですが、安全を考えると中止せざるをえませんでした。

そのかわり、解散後ブナセンターにお集まりいただいた方で参加を希望された方と、町内でもアクセスが容易な“観察の森”(ブナセンターで指導のもと場所のご案内を行っています)で自然観察を行いました。
今回は、ブナ林を観察ということなので下福井と楢戸にある観察の森で自然観察会を行いました。

まず最初に、下福井の観察の森へ行き、ブナの観察を行いました。
ブナが林道を覆うように成長したせいで林道が少し暗く感じましたが、ブナを伝う樹幹流が反射し、ユキツバキの光沢のある葉がさらに輝いており。雨天のブナ林を再発見しました。

IMG_8420.JPG

IMG_8452.JPG

IMG_8412.JPG

IMG_8421.JPG


その後、楢戸の観察の森へ場所を移動し自然観察会を行いました。

IMG_8425.JPG

IMG_8418.JPG


参加された方からは、自然観察会の要望や写真教室の要望等たくさんのご意見をいただき、今後行われる自然観察会や写真教室がより良いものにできるよう取り組んでまいりたいと思います。



posted by ブナ at 14:33| Comment(0) | 自然観察会