2022年11月30日

11月26日(土)野鳥観察会(塩沢地区)開催報告

DSCN0448.JPG

2022年11月26日(土)、塩沢地区において全3回のうち最終回となる「秋から初冬の野鳥観察会」を開催しました。今回は県内在住者および只見町民を中心に14名の参加がありました。天候は、朝方は濃い霧に覆われて視界不良だったものの、やがて霧も晴れ、しまいには小春日和の青空の下、絶好の観察会日和となりました。

PB260130.JPG
▲開催地・塩沢地区の景観

開催地の塩沢地区には、滝ダムによって堰き止められた只見川に人工湖である「滝湖」が広がっています。ここでは上流からの土砂の堆積によって浅瀬や中州が形成され、岸辺に植物が生育するため、冬にはこれらの植物を餌とするカモ類が数多く飛来します。つまり、この時季には絶好の探鳥地となるのです。

PB260060.JPG

滝湖は広い上に歩道のある区間が狭いため、大人数で歩いて回るには不向きです。そこで今回は公用車を2台用意して、眺望の優れた各ポイントを車で移動しながらの行程を組みました。

DSCN0462.JPG

▲オオハクチョウの家族

PB260634.JPG

▲コハクチョウ

冬の滝湖の主役は何と言ってもハクチョウ類です。滝湖には毎年オオハクチョウとコハクチョウの2種が飛来し、冬の間はいつでも観察することができます。一般的に、平野部で越冬するハクチョウは、夜の塒である湖沼や河川と昼の餌場である水田を往復して一日を過ごしています。しかし、山間地域である只見町のハクチョウは一日中水辺を離れないのが特徴です。その理由はよくわかりませんが、平野部と違って、只見町では餌場に適した水田地帯が周辺に存在しないせいかもしれません。

PB210271.JPG

▲マガモ

DSCN0404.JPG

▲オオバン

オオバンはカモの仲間ではなくツルの仲間ですが、これらの水鳥に共通するのは、水草を好んで食べる点です。このようなカモを「水面採餌ガモ」と呼び、餌をとる時にあまり潜らないのが特徴です。

DSCN0409.JPG

▲キンクロハジロ(白黒のカモ)とホシハジロ(頭部が褐色のカモ)

これらのカモは餌をとる時に潜水するため「潜水採餌ガモ」と呼ばれます。魚類や甲殻類、貝類などを餌とします。

PB260094.JPG

▲ホオジロガモ

こちらも潜水採餌ガモの一種です。寒冷地を好み、只見町ではダム湖のほか伊南川などの河川でも観察できます。個体数は少ないため、写真のような雄の成鳥が見られることはやや稀です。

PB260593.JPG
▲このように様々な水鳥で賑わう水域には、水鳥を狙う天敵も姿を現します。


DSCN0427.JPG
▲ハヤブサ

滝湖を見下ろすようにスギの樹頂にとまっていたのは猛禽類のハヤブサです。雄の成鳥と思われます。観察する我々からは距離があったのですが、カラスに警戒されたり、只見線の通過に驚かされたりして、あまり落ち着きのない様子でした。

▼今回の野鳥観察会で確認された種のリスト
(クリックすると別ウィンドウで開きます)
11.26リスト.jpg

PB260070.JPG

今回の野鳥観察会では、合計25種の野鳥が確認されました。ハクチョウ類などの水鳥の他にも、ジョウビタキやベニマシコなどといった冬鳥が確認されたほか、ハヤブサの出現といったサプライズもあり参加者の皆様には概ねご満足いただけたようです。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
posted by ブナ at 17:08| Comment(0) | 自然観察会

2022年10月30日

10月29日(土)野鳥観察会(楢戸地区)開催報告

PA290008.JPG

 2022年10月29日(土)、楢戸地区において全3回のうち2回目となる「秋から初冬の野鳥観察会」を開催しました。なお、9月に予定していた1回目は荒天のため中止となりました。
 13名の参加があり、神奈川県や山梨県など遠方からお越しの方もおられました。今回、天候は日差しが時おりあったものの、小雨が降ったり止んだりの曇り空で、風には肌寒さを覚えました。紅葉が真っ盛りで、赤・橙・黄に彩られた山々が見事でした。
PA290048.JPG
▲開催地・楢戸地区の景観

 開催地の楢戸地区は、伊南川の左岸に位置する集落で、ヤナギ類を主とした河畔林や、水田、畑などがあり、周辺は切り立った山々に囲まれています。すなわち、河川を好む鳥や、農耕地で餌をとる鳥、森林を好む鳥などが観察できる立地環境です。渡り鳥の移動も終わりに差し掛かりつつある10月末、どのような鳥が観察できるでしょうか。
PA290004.JPG

 集合場所である楢戸地区の新集会所からスタートです。

 まずは伊南川に架かる「楢戸橋」を渡って右岸へ移動します。右岸側はスギ林が近いほか、伊南川の見通しに遮蔽物が少なく、川にいる鳥を探すのに好条件です。ここでは、「ビッビッ」と鳴きながら川面を飛び交うカワガラスがよく観察されました。カワガラスは水生昆虫を餌とし、石が多い河川上〜中流域に生息します。また、白黒のツートンカラーが映えるセグロセキレイも見られました。スギ林からはヤマガラの地鳴きも聞こえてきます。

DSCN0291.JPG
▲カワガラス

PA290091.JPG
▲セグロセキレイ


 伊南川ではカワセミ科の大型種・ヤマセミが本命だったのですが、つい4日前までここで観察できていたにもかかわらず、残念ながらこの日は現れませんでした。

 楢戸橋を引き返して、今度は伊南川左岸の土手を歩きます。左岸は土手に沿って、河畔林や高茎草地が続いており、渡り途中の小鳥が利用しそうな環境です。「チッチッ」という細い地鳴きがすれば、発見のチャンスです。
PA290149.JPG
▲カシラダカ

 土手の林内で「チッチッ」と鳴いていた声の正体はカシラダカでした。頭部の逆立った冠羽が特徴的です。カシラダカは冬鳥で、毎年10月に只見町に渡来します。積雪期にはほとんど見られなくなります。
PA290162.JPG
▲モズ

PA290083.JPG
▲トビ

 その他、オニグルミにはモズの姿があり、稲刈り後の水田では、餌を探すイカルチドリやトビ、ホオジロが観察できました。
PA290045.JPG
▲オクトリカブト

 秋の花もそろそろ終盤ですが、オクトリカブトが一輪だけ咲いていました。言わずと知れた猛毒の植物です。
PA290051.JPG
▲カメノコテントウ

 日差しは昆虫の活動を活発にします。大型のテントウムシが参加者にとまりました。カメノコテントウは、ヤナギ類やクルミ類につくハムシを餌とし、川沿いでよく見られます。越冬場所を求めて飛んでいる間に偶然とまったのでしょう。
PA290107.JPG

PA290106.JPG
▲クマタカ(幼鳥)

 そして、日差しを受けた山に白っぽい猛禽類が浮かび上がりました。クマタカです。全身が幼羽に覆われており、「ピィーピィー」と盛んに餌乞い声を発している様子から、今年生まれの幼鳥であると考えられます。幼鳥の出現は、今年の繁殖成功の直接的な証拠であり、喜ばしいことです。これには参加者の皆さんも夢中でシャッターを切っていました。
DSCN0336.JPG
▲クマタカに夢中の皆様


▼今回の野鳥観察会で確認された種のリスト
(クリックすると別ウィンドウで開きます)
10.29リスト.jpg

DSCN0363.JPG


 今回の野鳥観察会では、合計19種の野鳥が確認されました。

 この秋は例年に比べて渡り鳥の通過が早く、ノビタキやビンズイといった旅鳥は、とうに只見を通過してしまったようです。一方、冬鳥のシメやカシラダカが見られ、間近に迫った冬の訪れを感じさせる観察会となりました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
posted by ブナ at 12:08| Comment(0) | 自然観察会

2022年07月02日

6月26日 野鳥観察会(新田沢周辺)開催報告

DSCN0237.JPG

 2022年6月26日(日)は、ただみ・ブナと川のミュージアムから只見川を挟んで向かいにある「新田沢」周辺において、「春から初夏の野鳥観察会」最終回の第3回目を開催しました。今回は11名にご参加いただきました。6月も下旬となり日増しに暑さが感じられるようになってきた只見町ですが、当日は曇り空かつ無風で、この時季としては野鳥観察に適した気象条件に恵まれました。
 新田沢をメインの観察地としつつ、道中の町下橋などでも探鳥しました。山々はすっかり深緑に包まれ、山道の脇をエゾアジサイが涼しげに彩っていました。
P6260003.JPG

 まずは視界の開けた町下橋から、只見川の鳥を探して目を慣らします。ここでは、礫河原を好むイソシギやハクセキレイが確認されました。
P6260031.JPG

 新田沢に入ると両側から森林も迫り、視野の狭い渓谷となるので、耳も使って鳥たちの「さえずり」や「地鳴き」を頼りに種を識別していきます。新田沢は谷の入口こそスギ植林地ですが、上流へと詰めていくとコナラやサワグルミ、ブナが混生した林があり、合間には岩場や細い沢筋が見られるなど、短いコースながらも様々な環境を含んでおり、良好な観察コースとなっています。

P6267872.JPG

▲オオルリ

 今回はオオルリが主役と言っても良いほどによく観察できました。渓谷と付随した森林は、典型的なオオルリの生息環境です。沢のあちこちに複数のつがいが生息しているのでしょう。また、周辺の広葉樹林からは「焼酎一杯ぐいー」とも聞きなされるセンダイムシクイのさえずりや、「シシシシ…」と尻上がりに鳴くヤブサメのさえずりなどが聞かれました。

P6267752.JPG

▲エナガ

 コナラ林ではエナガの群れが移動する様子が観察されました。エナガはとても小さく、すばしこく動き回るため、双眼鏡で追うのは少し難しい相手です。逆に目視が容易かったのはヒヨドリで、林の上を飛んで移動する姿は何度も目にしました。

P6267809.JPG

▲ウラナミアカシジミ

P6267860.JPG

▲ミズイロオナガシジミ

 また、梅雨時は「ゼフィルス」と呼ばれるシジミチョウの仲間の成虫が多く出現する時期でもあります。今回はウラナミアカシジミとミズイロオナガシジミが確認されました。いずれもコナラを食樹としています。

P6267912.JPG

▲コシジシモツケ

P6267915.JPG

▲エゾアジサイ

 梅雨時の花・コシジシモツケはまだ蕾が多かったです。エゾアジサイは沢の入口に多く咲いていました。

P6267845.JPG

 新田沢の終点近くになると、対岸にブナやホオノキが増え、鬱蒼とした広葉樹林となります。復路では、対岸の林内からアカショウビンの「キョロロロロ…」という特徴的なさえずりが聞こえてきました。ほんの2声のみでしたが、只見を代表する夏鳥であるアカショウビンが確認でき、一安心でした。今季はあまりアカショウビンの鳴き声がしないという町民の声が寄せられており、河川周辺の開発の影響が少し心配でもあります。

確認種目録_0626.jpg

P6260040.JPG

 今回の野鳥観察会では、合計25種の野鳥が確認されました。ブナセンターからほんのすぐ近くにある渓谷でも、アカショウビンやセンダイムシクイ、オオルリなど様々な夏鳥が生息していることが分かりました。ご好評につき、また秋から初冬にかけても野鳥観察会を企画したいと思います。ご参加ありがとうございました。
posted by ブナ at 14:37| Comment(0) | 自然観察会

2022年06月04日

5月29日 野鳥観察会(恵みの森周辺)開催報告

P5290055.JPG

 2022年5月29日(日)は布沢地区の「恵みの森」周辺において、「春から初夏の野鳥観察会」全3回のうち2回目を開催しました。前回より3名増の14名の参加者にお越しいただきました。当日は晴天となり、空模様こそ良かったものの、あいにくの強風でバードウォッチングには不向きの条件となり、種数は伸び悩みました。
 集合・解散場所は「恵みの森」駐車場とし、前半は「吉尾峠」への作業道を往復、後半は下流の堰堤への舗装道路を往復するコースをとりました。ホオノキやトチノキが白い花をたわわに咲かせ、エゾハルゼミの合唱が森中に響き渡っていました。
P5290010.JPG

 前回の黒谷川は広い視野が特徴のコースで、目視での探索や、双眼鏡の使用に慣れることを目指しました。今回は、布沢川の渓谷に沿ったやや視野の狭いコースです。季節も進み、すっかり植物が茂って、視界も十分に効かない中で「耳を頼りに」野鳥を探すというのが今回のコンセプトでした。
P5293076.JPG

▲ホオジロ

 さっそく、リズミカルで高く澄んださえずりが聞こえてきました。声のする方を探すと、スギの梢に鳴き声の主・ホオジロが見つかりました。今回、吉尾峠への作業道で最もよく観察された種です。林の縁に生息し、雄は「ソングポスト」と呼ばれるお気に入りの止まり場で高らかにさえずります。

 渓流と森林がセットになった環境なのでアカショウビンを狙いましたが、ついに確認できませんでした。強風のため肝心の音も掻き消えてしまいます。まして木の枝葉は風で揺れ動くので、姿の目視はほぼ不可能でした。それでも、川の対岸の落葉樹林から辛うじてシジュウカラや、渡り途中と考えられるオオムシクイのさえずりが聞けたのは幸運でした。川にいたオシドリのつがいが私たちに驚いて、上流方向へ飛んでいきます。

P5290004.JPG
▲ヒゲナガオトシブミ

 参加者のお子様は道中、フキバッタの幼虫など、昆虫をよく見つけてくれました。写真はヒゲナガオトシブミの雌。雄はひげ(触覚)も首もはるかに長いのが特徴です。

P5293088.JPG
▲オオルリ

 吉尾峠の終点で、伸びやかな美しいさえずりが聞こえてきました。渓流を代表する夏鳥・オオルリの登場です。オオルリは渓流周辺の森林に生息し、只見町では4月下旬から渡来し繁殖します。ホオジロ同様、雄はソングポストをもちます。ここでは落葉樹の枝先でさえずる雄が見られましたが、込み入った枝先におり、見つけるのは容易ではありませんでした。

P5293092.JPG

▲トビ

 猛禽類ではトビが多く、比較的低空を飛びながら餌を探している様子でした。その他にサシバとノスリも出現しましたが、折からの強風に煽られて、たちまち姿を消してしまいました。

 下流の堰堤へ向かうと止水環境があり、カルガモやカワセミが確認されました。また、アオバトの「オーアオー」という独特なさえずりが遠くから聞こえてきました。

P5293105.JPG
▲ノジコ(準絶滅危惧)

 復路、川沿いのヤナギ林からホオジロに似た、しかし若干長いさえずりが聞こえてきました。注意深く探すと、居ました!ヤナギの枝の陰にいたのは鳴き声の主・ノジコです。ノジコは日本でだけ繁殖する夏鳥で、その分布も局地的なことから、環境省レッドリストで準絶滅危惧に選定されています。只見町でも生息地は限られており、布沢地区はそんなノジコが繁殖する貴重なエリアなのです。この場所の近くでは昨年夏にノジコの幼鳥が確認されており、確実な繁殖地であることが分かっています。

▼今回の観察会で確認された鳥類のリスト
(クリックすると別ウィンドウで開きます)

確認種目録_0529.jpg

P5290024.JPG

 今回の野鳥観察会では、合計21種の野鳥が確認されました。強風という悪条件に悩まされたものの、只見町を繁殖分布地とするオシドリやオオルリ、珍しいノジコなどの夏鳥が観察できました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
posted by ブナ at 16:02| Comment(0) | 自然観察会

2022年04月25日

4月24日 野鳥観察会(黒谷川)開催報告

P4240036.JPG

 2022年4月24日(日)は黒谷地区において、全3回のうち1回目の「春から初夏の野鳥観察会」を開催しました。薄曇りで風も弱く、バードウォッチングに適した天候の下、11名の参加者にお集まりいただきました。集合・解散場所は朝日駐在所横の駐車場で、そこから徒歩と車両での移動を交互に行いつつ、黒谷川を下流(六百狩)から上流(不動堂)へ移動しながらの探鳥会でした。山々にはまだ残雪が残るものの、ブナの新緑や、満開のオオヤマザクラの桃色が美しいコントラストを見せていました。

DSC_0928_景観.JPG
▲黒谷地区の景観

 今回は、探鳥の基本である「双眼鏡で見つける」ことができるよう、視野が広くとれる観察地を選びました。また、河川を中心に点在する集落や水田、周囲を取り囲む山々など、様々な環境を含むことで、なるべく多くの種が観察できるよう考えました。

P4241217_ニュウナイスズメ.JPG

▲ニュウナイスズメ

P4241187_コチドリ.JPG
▲コチドリ

 まずは集落周辺です。電柱などの人工物にとまる鳥は見つけやすく、双眼鏡の練習にはもってこいです。電線にとまるムクドリやスズメ、カワラヒワなどがよく観察されました。珍しいニュウナイスズメも、つがいと思われる雌雄が観察されました。スズメと異なり頬に黒丸の斑がなく、雄は美しい赤茶色をしています。寒冷地を好み、只見町では谷あいの集落で観察されます。また、水田では融雪が進んでおり、田面で採食するイカルチドリやコチドリ、ハシボソガラスが観察され、その上空をツバメやイワツバメが飛び交っていました。

P4241248.JPG
▲ヤマアカガエル卵塊

 集落を離れ、山裾に近づくとまた鳥類相が変わりました。落葉樹林の高所からは、代表的な夏鳥・オオルリの囀りが聞こえてきました。山裾にある水田脇の電柱には、中型猛禽類であるサシバがとまっていました。近づくと逃げてしまいましたが、近くの水田でヤマアカガエルの卵塊が2つ見つかりました。サシバはカエルを好んで捕食する猛禽類で、水田を狩り場として利用しています。これでサシバの採餌生態の一端を観察できた訳です。
P4241238_キセキレイ.JPG
▲キセキレイ

 黒谷川は礫が多い河川です。そのような河川環境を好むイソシギが盛んに鳴きながら飛んでいたほか、上流域に多いカワガラス、キセキレイなどの水鳥も確認されました。ただ、この時期は雪解け水で増水しているためか、水鳥の種数・個体数ともに、さほど多くはない印象でした。

DSCN0195_クマタカ.JPG
▲クマタカ

 観察会終了間際のお昼近くになって、山の上を旋回するクマタカを計3個体見ることができました。比較的近かった1個体は成鳥とみられ、ブナ林の上空をゆっくりと旋回しつつ餌を探している様子でした。クマタカのような大型猛禽類は、上昇気流をよく利用するため、お昼前後に活発に飛ぶようになります。

P4241258_キバナノアマナ.JPG
▲キバナノアマナ

 また、野鳥の他にもカタクリやキクザキイチゲ、キバナノアマナといった春植物や、スギタニルリシジミのような春季性のチョウとの出会いもありました。

▼今回の観察会で確認された鳥類のリスト
(クリックすると別ウィンドウで開きます)

確認種目録.jpg

 今回の野鳥観察会では、合計29種の野鳥が確認されました。夏鳥ではサシバやオオルリが見られた一方、冬鳥ではツグミがまだ残っており、冬から春へ向かう季節の端境期であることが感じられた観察会となりました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
P4240038.JPG
posted by ブナ at 16:39| Comment(4) | 自然観察会