2019年07月28日

令和元年度『ただみ観察の森』観察会第1弾・只見の自然を知ろう!楢戸のブナ二次林

 7月20日(土)に『ただみ観察の森』楢戸のブナ二次林で自然観察会を実施しました。『ただみ観察の森』は広大で奥深い只見の自然を身近に体験し、ご理解いただく場として、只見町ブナセンターが地域住民の方々の理解と協力のもとで指定し、整備を行っています。ただみ自然観察の森は、ブナ林など只見地域の代表的で特徴的な植生を対象とし、比較的アクセスのしやすい場所に設定されています。林内は必要最小限の遊歩道が設けられており、それぞれの森林の特徴を観察しながら散策することができます。教育機関の環境教育あるいは視察研修の場として利用されるほか、一般の方でも事前にただみ・ブナと川のミュージアム(只見町ブナセンター)において観察の森の利用についての説明を受けたのち入林することができます。こうした手続きは、観察の森のオーバーユース(過剰利用)を防ぐほか、観察の森が集落近くにあることから森の利用による住民生活を妨げることなく、自然環境の保全と持続可能な利用を両立させるものです。昨年度から定期的にこの観察の森を利用した観察会を開催しています。

 ただみ・ブナと川のミュージアムから車で10分ほどの所に、楢戸のブナ二次林はあります。はじめに注意事項を説明してから森に入りました。ヌルデやヤマウルシ、ツタウルシは肌に触れるとかぶれることもあり注意が必要です。それぞれの特徴を説明し、さらにスタッフ自身の肌がかぶれた実体験も紹介しました。

どれがヤマウルシなのかを確認する参加者
▲どれがヤマウルシなのかを確認する参加者

 林内に入るとさっそく参加者がブナの樹を見つけました。ブナの樹皮には特徴があり、比較的すべすべで、白っぽく、まだら模様があります。しかしよく見ると、その横にも同じような樹皮の樹がありますが頭上の葉の形や大きさが全くちがいます。これはホオノキで樹皮だけ見るとブナによく似ています。

左がブナ、右がホオノキの幹
▲左がブナ、右がホオノキの幹

 ブナの樹皮にはまだら模様の斑がありますが、これは地衣(ちい)類がブナに着生しているためです。地衣類は菌類の中に藻類が共生したもので、藻類は菌類の体を住処とし、菌類は藻類が光合成で生産した栄養分を利用するという関係にあります。これらの地衣類はブナの幹をより高くのぼり、光がよくあたる所に生活場所を求めています。地衣類の中には様々な種類があり、ブナの樹皮にも様々な種類の地衣類が生育しています。

 続いて、「かじご焼き」の痕跡を観察しました。かじご焼きは只見町で行われていた伏せ焼きによる炭焼きの技術です。通常の炭作りのように炭焼き窯を作らず、山中に穴を掘り、灌(かん)木を入れて燃やし、土をかぶせてむし焼きにし、約1週間後に掘り出すと、炭になっています。この炭は着火が早く、火力が弱いことから、主に掘りごたつ用の炭として使われました。化石燃料が手に入る頃には急速にかじご焼きは衰退し、現在は行われることはなく、山中の無数のかじご焼きの穴からかつて盛んに行われてきたことを伺い知ることができます。事実、かじご焼きが行われる晩秋から初冬にかけては山の裾野からかじご焼きの煙が立ち上り、その光景が風物詩となっていました。

 足元には今春芽ばえたブナの実生と昨年の秋に落ちた殻斗がありました。ブナはおおよそ2年に1度の頻度で結実し、さらに結実年であってもおおよそ5−7年の間に一度豊作の年があります。昨年の2018年はブナの豊作年でした。参加者の方から、ブナがそのような頻度で種子を作ることに何か有利な点はあるのか?というご質問をいただき、指導員が、毎年多くの種子を生産すると、それを食べるネズミなどの動物が増えるので、少ない年をつくり、捕食者が減ったところで、多くの種子を作ることで、種子の生き残りを図っているなどの仮説が考えられていると返答しました。

様々な樹種の実生が見られた林床
▲様々な樹種の実生が見られた林床

 ブナの堅果は人間も食べることができると指導員が説明すると、参加者の中にはぜひ食べてみたいとおっしゃる方もおりましたが、落ちているのは虫食いの穴があって中身がからっぽのものや秕(しいな)ばかりで、残念ながら今回は食べることができませんでした。実際、種子は灰汁抜きなどすることなく食することができ、クルミのような風味がして美味しいです。さらに当年生の芽生えたばかりの実生も子葉部分も美味しく食べることができます(ただし、もし食される場合は自己責任でお願いします)。事実、ブナの種子は蛋白質と脂質に富み、野生動物の重要な食料となっています。ツキノワグマもこれが大好きです。

 楢戸の『観察の森』で最も大きいブナの樹皮にはツキノワグマの爪痕があります。4月の下旬頃、ブナの花が咲くとツキノワグマが木に登るようです。このブナの胸高周囲長を参加者の方達に実測していただきました。みなさんは、3mや3.5m、はては5mほどあると予想しましたが、実際の周囲長は2m84cmでした。

楢戸ブナ二次林のブナ(マザーツリー)の胸高周囲長を実測する参加者
▲楢戸ブナ二次林のブナ(マザーツリー)の胸高周囲長を実測する参加者

 観察会の最中たまたま、『観察の森』の地権者の方がお見えになりお話をうかがいました。この森はもともとブナのみならず、クリやミズナラの混交林だったそうです。しかし、30年ほど前にクリやミズナラをシイタケ栽培の榾木(ほだぎ)として利用するために選択的に伐採したため、現在ではブナの純林に近い状態になりました。また、『観察の森』の奥地には『観察の森』の6〜7倍もの広さのスギ林が広がっています。先先代にあたる方がスギを一所懸命に植林した結果であり、当時はスギの植林がブームとなっていたそうです。

 楢戸のブナ二次林は薪炭利用のための天然林の伐採後にミズナラ、ブナ、クリなどが混交した二次林が成立し、その後、ミズナラとクリがキノコの榾木生産のため取り除かれ、ブナの純林が成立し、現在に至っています。このように、楢戸のブナ二次林は集落裏に隣接し、人とブナの歴史的なつながりをあらわしています。

参加者の集合写真
▲参加者の集合写真

楢戸のブナ二次林
▲楢戸のブナ二次林
posted by ブナ at 09:57| Comment(0) | 自然観察会

2018年11月18日

『ただみ観察の森』観察会 第3弾「黒沢のコナラあがりこ林に行こう!」

 観察地は、柴倉山山麓にある通称薪平と呼ばれる場所にあり、立派なあがりこ型樹形のコナラを観察道に沿って見ることができます。これらは、主に集落の方が薪炭材目的に雪上伐採を続けてきた結果形成されたもので昔の人々の自然利用の歴史を伝える重要な文化遺産でもあります。

181114-104054_R.JPG

 観察の森入口からすぐの急な坂を登ると、騒がしい小鳥の鳴き声が聞こえてきました。その正体は20〜30匹ほどのマヒワの群れでした。この時期は落葉が進み、鳥を観察しやすいので双眼鏡を持って現地に向かいました。鳥を見つけてからしばらく野鳥の観察会になり、全体でカケス、キツツキ類など合わせて6種類の鳥が観察できました。

181117-100925_R.JPG

 実際のあがりこ型樹形のコナラを前に、あがりこの成立過程について観察しました。また、持参したこのあたりの古い写真を見ながら人々の自然物の利用について思いをはせました。

181117-104522_R.JPG

6名の参加があり、文化的に価値の高いあがりこ型樹形のコナラや人々の過去の自然の利用について知れる良い機会となりました。

181117-105654_R.JPG
posted by ブナ at 12:14| Comment(0) | 自然観察会

2018年09月02日

『ただみ観察の森』観察会 第2弾「下福井のブナ水源林に行こう!」

9月1日に下福井のブナ水源林で観察会を開催しました。この森林は下福井集落の水林(みずばやし)として、100年以上、伐採されることなく大切に保護されてきました。ブナ林の手前には水源を守るためにスギが植えられていますが、過湿な土壌や多雪環境からスギの成長が悪く、ミズナラ、クリ、ホオノキ、ブナなどが侵入し、スギと広葉樹の混交林となっています。
この日はあいにくの雨でしたが、県内外から9名の参加者が集まり、多雪地特有の森林の成り立ちや、人の生活との関わりを観察しました。

P9010072_RR.jpg

林床(森林の中の地表面)はユキツバキが優占していました。多雪地のブナ林では、林床を優占するユキツバキがよく見られます。ユキツバキの枝はしなやかで、雪の圧力に耐えることができ、地を這うように生育していました。横に伸びていった枝からは、新たに根を出すことができ、数を増やしていきます。

P9010087_RR.jpg

上層のブナの枝を双眼鏡で見てみると、実がたくさんついているのがわかりました。地面には今年の実はまだ落ちていなかったので、昨年の実を拾って観察しました。

P9010098_RR.jpg

観察会が終了するころ、ようやく雨が止みました。雨の中、林内を歩くのは不自由なこともありますが、雨に濡れていきいきとした、美しいブナ林を観察できました。天候によって、林内の雰囲気は大きく変わります。同じ場所でも、さまざまな様子みせる森林を見比べてみては楽しめるのではないかと思いました。

P9010114_RR.jpg
posted by ブナ at 11:49| 自然観察会

2018年03月19日

冬のブナ林と動物たち

昨日の3月18日に自然観察会を行いました。
この観察会は、豪雪地帯只見町の冬を体験し、多雪環境の中で生きる動植物を実際に観察してみよう!というものです。観察地は、所有する集落が水源林として150年以上にわたって保存してきたブナ林とその周辺でした。

この日は朝から快晴で冷え込んだため、積雪の表面が凍って固雪となっていました。スノーシューやかんじきで雪上を歩く予定でしたが、長靴のまま歩くことができました。

DSC_1673_RR.jpg

林縁ではウサギの食痕とカモシカの足跡を観察することができました。ウサギの食痕は目の高さほどにあり、ピーク時にはそのあたりまで積雪があったことをうかがい知ることができました。

DSC_1613_RR.jpg

林の入口は、樹木が少なく開けていて、あちこちの雪の中からフジのツルがまっすぐと上に伸びているのが見立ちました。途中からまわりの高木にしがみつき、さらに上へと登っていっています。たくましいフジの生命力を感じました。

IMG_20180311_093929_RR.jpg

こちらが水源林のブナ、只見町では水林(みずばやし)と呼んでいます。只見町は河川が多く水が豊かですが、水利権があるため勝手に水を使うことができませんでした。そこでかつては、この下にあった水田を潤すために、水林の斜面の下から出ている湧水を利用していました。そのため水が枯れないよう林を保存し、現在では、胸高直径80p前後の大木が優占する林に成長しています。

P3180029_RR.jpg

ここでは、このブナ林の特徴や人の利用の歴史について解説し、また、ブナの冬芽を観察しました。落ちていた枝の先についていた冬芽を使って、その中をのぞいてみました。中には葉の芽に加えて花の芽が入っていました。混合芽と呼ばれています。ブナは、年により花が着く年と着かない年とがあることが知られていますが、今年はずいぶんと花が咲きそうです!

180318-104527_R.JPG

その後、雪の観察をしました。林の平坦な場所で参加者に積雪深の予測をしてもらいます。そして、実際に測ってみるとおよそ2メートルでした!

180318-110944_R.JPG

また、雪を掘り、その下の林床植物の様子を観察しました。

180318-110542_R.JPG

下の写真の葉はユキツバキです。みごとにぺちゃんこになっています。これらの林床植物は、このように押し倒されても、枝が傷ついていないので、雪がとけると再び立ち上がって成長することができます。多雪環境に適応した植物です。

180318-110955_R.JPG

只見町でも一日一日とまわりの雪が少なくなっていっています。残り少ない冬の季節、参加者の方々には只見町の雪を十分に体験していただくことができたようです。ご参加ありがとうございました!

180318-104842_R.JPG
posted by ブナ at 14:00| Comment(0) | 自然観察会

2017年10月09日

9月24日自然観察会「八十里越の化ケ物谷地に行こう!」

 観察会は、現在開催している企画展に関連し、湿地の植生やその重要性を理解することを目的として開催されました。観察地の化ケ物谷地へは、八十里越明治新道(以下 明治新道とする)を通り、その道中で秋の花とブナ林を観察しました。今回の観察地は国有林内に属するので、許可を得て入山しました。
 国道289号線の未開通区間(八十里越)を車で通り、交易に使われていた会津と新潟を結ぶ明治新道を目指しました。移動のバスの中では、センター長の新国が参加者へ只見町のいろいろな話をし、ただみ・ブナと川のミュージアムから30分以上かかる道のりもみなさん楽しく過ごされていました。今回は、叶津の長谷部忠夫氏に同行いただき、八十里越の説明もしていただきました。

 明治新道に入ってから化ケ物谷地までは徒歩1時間ほどかかります。明治新道は荷車が通っていたと言われています。道幅の広い場所は2mほどあり、当時の名残が感じられました。道沿いには、タイリンヤマハッカ、キバナアキギリやツリフネソウなど秋の花が咲き誇っていました。また、キイロスッポンタケやギンリョウソウモドキなどの姿も見ることができました。
P9240125_R.JPG
<タイリンヤマハッカ>

IMGP0972_R.JPG
<キバナアキギリ>

DSCN4790_R.JPG
<ツリフネソウ>

 明治新道沿いには、大麻平(おおまだいら)と呼ばれる場所があり、谷合の緩斜面にブナの林が広がっています。参加された方たちは少しの間、立派なブナの林を見入っていました。大麻平は、2007年に「自然首都・只見」宣言が行われた場所でもあります。
P9240117_R.JPG
<大麻平のブナ林>

 途中には、道に倒木が横たわっている下をくぐったり、枝の間を縫うように歩いたりと困難な場所もありましたが、みなさん楽しまれているようでした。
P9240126_R.JPG
<倒木の間を縫うように進む>

 大麻平を過ぎると、明治新道から明治中道に入りました。明治中道は、明治新道より細く牛馬が通れる程度で、わずか15年ほどしか利用されず廃道になった道です。入口からしばらくは傾斜の急な場所が続きます。途中には、水がたまり、小さな湿地のような場所も多く、目的地に近づいている雰囲気がありました。
P9240121_R.JPG
<八十里越明治中道を通る>

 急傾斜を登りきると、斜面の下方向に樹冠がぽっかりと空いた場所が見えてきました。今の時期は木々が生い茂るので、ここからはまだ湿地の全容を掴むことができません。そこから先に進み、湿地に沢が流れ込む見通しの良い場所で谷地の形成や植生調査の仕方などを説明しました。化ケ物谷地は中央に島があり、植生としてヨシが優占する低層湿地です。
P9240380_R.JPG
<化ケ物谷地にて>

 また、長谷部氏には化ケ物谷地の名前の由来や明治中道について説明いただきました。
化ケ物谷地の名前の由来は正確に残っていませんが、山間の霧の中ぽっかりと空間の空いた中に谷地の中島の木がおぼろげに見える様子に当時の人は気持ち悪さを感じ、化ケ物と形容したのではないかということでした。
 谷地から明治新道に戻ったところで昼食休憩をとり、昼食後には長谷部氏に問答形式で八十里越について解説していただきました。

 観察会には、18名が参加し、化ケ物谷地、八十里越はもちろんその道中で草花やキノコなどの観察も楽しんでいただくことができました。
posted by ブナ at 10:35| Comment(0) | 自然観察会