2022年07月02日

6月26日 野鳥観察会(新田沢周辺)開催報告

DSCN0237.JPG

 2022年6月26日(日)は、ただみ・ブナと川のミュージアムから只見川を挟んで向かいにある「新田沢」周辺において、「春から初夏の野鳥観察会」最終回の第3回目を開催しました。今回は11名にご参加いただきました。6月も下旬となり日増しに暑さが感じられるようになってきた只見町ですが、当日は曇り空かつ無風で、この時季としては野鳥観察に適した気象条件に恵まれました。
 新田沢をメインの観察地としつつ、道中の町下橋などでも探鳥しました。山々はすっかり深緑に包まれ、山道の脇をエゾアジサイが涼しげに彩っていました。
P6260003.JPG

 まずは視界の開けた町下橋から、只見川の鳥を探して目を慣らします。ここでは、礫河原を好むイソシギやハクセキレイが確認されました。
P6260031.JPG

 新田沢に入ると両側から森林も迫り、視野の狭い渓谷となるので、耳も使って鳥たちの「さえずり」や「地鳴き」を頼りに種を識別していきます。新田沢は谷の入口こそスギ植林地ですが、上流へと詰めていくとコナラやサワグルミ、ブナが混生した林があり、合間には岩場や細い沢筋が見られるなど、短いコースながらも様々な環境を含んでおり、良好な観察コースとなっています。

P6267872.JPG

▲オオルリ

 今回はオオルリが主役と言っても良いほどによく観察できました。渓谷と付随した森林は、典型的なオオルリの生息環境です。沢のあちこちに複数のつがいが生息しているのでしょう。また、周辺の広葉樹林からは「焼酎一杯ぐいー」とも聞きなされるセンダイムシクイのさえずりや、「シシシシ…」と尻上がりに鳴くヤブサメのさえずりなどが聞かれました。

P6267752.JPG

▲エナガ

 コナラ林ではエナガの群れが移動する様子が観察されました。エナガはとても小さく、すばしこく動き回るため、双眼鏡で追うのは少し難しい相手です。逆に目視が容易かったのはヒヨドリで、林の上を飛んで移動する姿は何度も目にしました。

P6267809.JPG

▲ウラナミアカシジミ

P6267860.JPG

▲ミズイロオナガシジミ

 また、梅雨時は「ゼフィルス」と呼ばれるシジミチョウの仲間の成虫が多く出現する時期でもあります。今回はウラナミアカシジミとミズイロオナガシジミが確認されました。いずれもコナラを食樹としています。

P6267912.JPG

▲コシジシモツケ

P6267915.JPG

▲エゾアジサイ

 梅雨時の花・コシジシモツケはまだ蕾が多かったです。エゾアジサイは沢の入口に多く咲いていました。

P6267845.JPG

 新田沢の終点近くになると、対岸にブナやホオノキが増え、鬱蒼とした広葉樹林となります。復路では、対岸の林内からアカショウビンの「キョロロロロ…」という特徴的なさえずりが聞こえてきました。ほんの2声のみでしたが、只見を代表する夏鳥であるアカショウビンが確認でき、一安心でした。今季はあまりアカショウビンの鳴き声がしないという町民の声が寄せられており、河川周辺の開発の影響が少し心配でもあります。

確認種目録_0626.jpg

P6260040.JPG

 今回の野鳥観察会では、合計25種の野鳥が確認されました。ブナセンターからほんのすぐ近くにある渓谷でも、アカショウビンやセンダイムシクイ、オオルリなど様々な夏鳥が生息していることが分かりました。ご好評につき、また秋から初冬にかけても野鳥観察会を企画したいと思います。ご参加ありがとうございました。
posted by ブナ at 14:37| Comment(0) | 自然観察会

2022年06月04日

5月29日 野鳥観察会(恵みの森周辺)開催報告

P5290055.JPG

 2022年5月29日(日)は布沢地区の「恵みの森」周辺において、「春から初夏の野鳥観察会」全3回のうち2回目を開催しました。前回より3名増の14名の参加者にお越しいただきました。当日は晴天となり、空模様こそ良かったものの、あいにくの強風でバードウォッチングには不向きの条件となり、種数は伸び悩みました。
 集合・解散場所は「恵みの森」駐車場とし、前半は「吉尾峠」への作業道を往復、後半は下流の堰堤への舗装道路を往復するコースをとりました。ホオノキやトチノキが白い花をたわわに咲かせ、エゾハルゼミの合唱が森中に響き渡っていました。
P5290010.JPG

 前回の黒谷川は広い視野が特徴のコースで、目視での探索や、双眼鏡の使用に慣れることを目指しました。今回は、布沢川の渓谷に沿ったやや視野の狭いコースです。季節も進み、すっかり植物が茂って、視界も十分に効かない中で「耳を頼りに」野鳥を探すというのが今回のコンセプトでした。
P5293076.JPG

▲ホオジロ

 さっそく、リズミカルで高く澄んださえずりが聞こえてきました。声のする方を探すと、スギの梢に鳴き声の主・ホオジロが見つかりました。今回、吉尾峠への作業道で最もよく観察された種です。林の縁に生息し、雄は「ソングポスト」と呼ばれるお気に入りの止まり場で高らかにさえずります。

 渓流と森林がセットになった環境なのでアカショウビンを狙いましたが、ついに確認できませんでした。強風のため肝心の音も掻き消えてしまいます。まして木の枝葉は風で揺れ動くので、姿の目視はほぼ不可能でした。それでも、川の対岸の落葉樹林から辛うじてシジュウカラや、渡り途中と考えられるオオムシクイのさえずりが聞けたのは幸運でした。川にいたオシドリのつがいが私たちに驚いて、上流方向へ飛んでいきます。

P5290004.JPG
▲ヒゲナガオトシブミ

 参加者のお子様は道中、フキバッタの幼虫など、昆虫をよく見つけてくれました。写真はヒゲナガオトシブミの雌。雄はひげ(触覚)も首もはるかに長いのが特徴です。

P5293088.JPG
▲オオルリ

 吉尾峠の終点で、伸びやかな美しいさえずりが聞こえてきました。渓流を代表する夏鳥・オオルリの登場です。オオルリは渓流周辺の森林に生息し、只見町では4月下旬から渡来し繁殖します。ホオジロ同様、雄はソングポストをもちます。ここでは落葉樹の枝先でさえずる雄が見られましたが、込み入った枝先におり、見つけるのは容易ではありませんでした。

P5293092.JPG

▲トビ

 猛禽類ではトビが多く、比較的低空を飛びながら餌を探している様子でした。その他にサシバとノスリも出現しましたが、折からの強風に煽られて、たちまち姿を消してしまいました。

 下流の堰堤へ向かうと止水環境があり、カルガモやカワセミが確認されました。また、アオバトの「オーアオー」という独特なさえずりが遠くから聞こえてきました。

P5293105.JPG
▲ノジコ(準絶滅危惧)

 復路、川沿いのヤナギ林からホオジロに似た、しかし若干長いさえずりが聞こえてきました。注意深く探すと、居ました!ヤナギの枝の陰にいたのは鳴き声の主・ノジコです。ノジコは日本でだけ繁殖する夏鳥で、その分布も局地的なことから、環境省レッドリストで準絶滅危惧に選定されています。只見町でも生息地は限られており、布沢地区はそんなノジコが繁殖する貴重なエリアなのです。この場所の近くでは昨年夏にノジコの幼鳥が確認されており、確実な繁殖地であることが分かっています。

▼今回の観察会で確認された鳥類のリスト
(クリックすると別ウィンドウで開きます)

確認種目録_0529.jpg

P5290024.JPG

 今回の野鳥観察会では、合計21種の野鳥が確認されました。強風という悪条件に悩まされたものの、只見町を繁殖分布地とするオシドリやオオルリ、珍しいノジコなどの夏鳥が観察できました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
posted by ブナ at 16:02| Comment(0) | 自然観察会

2022年04月25日

4月24日 野鳥観察会(黒谷川)開催報告

P4240036.JPG

 2022年4月24日(日)は黒谷地区において、全3回のうち1回目の「春から初夏の野鳥観察会」を開催しました。薄曇りで風も弱く、バードウォッチングに適した天候の下、11名の参加者にお集まりいただきました。集合・解散場所は朝日駐在所横の駐車場で、そこから徒歩と車両での移動を交互に行いつつ、黒谷川を下流(六百狩)から上流(不動堂)へ移動しながらの探鳥会でした。山々にはまだ残雪が残るものの、ブナの新緑や、満開のオオヤマザクラの桃色が美しいコントラストを見せていました。

DSC_0928_景観.JPG
▲黒谷地区の景観

 今回は、探鳥の基本である「双眼鏡で見つける」ことができるよう、視野が広くとれる観察地を選びました。また、河川を中心に点在する集落や水田、周囲を取り囲む山々など、様々な環境を含むことで、なるべく多くの種が観察できるよう考えました。

P4241217_ニュウナイスズメ.JPG

▲ニュウナイスズメ

P4241187_コチドリ.JPG
▲コチドリ

 まずは集落周辺です。電柱などの人工物にとまる鳥は見つけやすく、双眼鏡の練習にはもってこいです。電線にとまるムクドリやスズメ、カワラヒワなどがよく観察されました。珍しいニュウナイスズメも、つがいと思われる雌雄が観察されました。スズメと異なり頬に黒丸の斑がなく、雄は美しい赤茶色をしています。寒冷地を好み、只見町では谷あいの集落で観察されます。また、水田では融雪が進んでおり、田面で採食するイカルチドリやコチドリ、ハシボソガラスが観察され、その上空をツバメやイワツバメが飛び交っていました。

P4241248.JPG
▲ヤマアカガエル卵塊

 集落を離れ、山裾に近づくとまた鳥類相が変わりました。落葉樹林の高所からは、代表的な夏鳥・オオルリの囀りが聞こえてきました。山裾にある水田脇の電柱には、中型猛禽類であるサシバがとまっていました。近づくと逃げてしまいましたが、近くの水田でヤマアカガエルの卵塊が2つ見つかりました。サシバはカエルを好んで捕食する猛禽類で、水田を狩り場として利用しています。これでサシバの採餌生態の一端を観察できた訳です。
P4241238_キセキレイ.JPG
▲キセキレイ

 黒谷川は礫が多い河川です。そのような河川環境を好むイソシギが盛んに鳴きながら飛んでいたほか、上流域に多いカワガラス、キセキレイなどの水鳥も確認されました。ただ、この時期は雪解け水で増水しているためか、水鳥の種数・個体数ともに、さほど多くはない印象でした。

DSCN0195_クマタカ.JPG
▲クマタカ

 観察会終了間際のお昼近くになって、山の上を旋回するクマタカを計3個体見ることができました。比較的近かった1個体は成鳥とみられ、ブナ林の上空をゆっくりと旋回しつつ餌を探している様子でした。クマタカのような大型猛禽類は、上昇気流をよく利用するため、お昼前後に活発に飛ぶようになります。

P4241258_キバナノアマナ.JPG
▲キバナノアマナ

 また、野鳥の他にもカタクリやキクザキイチゲ、キバナノアマナといった春植物や、スギタニルリシジミのような春季性のチョウとの出会いもありました。

▼今回の観察会で確認された鳥類のリスト
(クリックすると別ウィンドウで開きます)

確認種目録.jpg

 今回の野鳥観察会では、合計29種の野鳥が確認されました。夏鳥ではサシバやオオルリが見られた一方、冬鳥ではツグミがまだ残っており、冬から春へ向かう季節の端境期であることが感じられた観察会となりました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
P4240038.JPG
posted by ブナ at 16:39| Comment(4) | 自然観察会

2021年11月03日

自然観察会「恵みの森で紅葉のブナを見よう」開催報告

 2021年10月24日(日)、布沢地区にある恵みの森で秋の自然観察会を開催しました。前日のブナセンター講座「ブナを利用する昆虫たち」で講演していただいた、三田村敏正氏にも同行していただきました。
 観察会前日まで雨が降ったり止んだりの不安定な天気が続いていましたが、当日は一転して晴れ間が見える観察会日和となりました。参加者は17名で、大滝沢沿いのブナ林を歩きながら、生きものを探しました。ブナ林の紅葉の進み具合は昨年よりも少し遅いようで、見頃はあと数日から一週間後といったところでしたが、色づき始めたブナ林を堪能することができました。

_A240001aa.jpg
▲色づき始めた恵みの森のブナ林

 大滝沢沿いの散策路の途中には、渡渉地点がいくつかあり、そこでは山地の渓流に生息するシマアメンボが見られました。アメンボの仲間は、池沼や小さな水たまりなど止水域に生息する種がほとんどですが、このシマアメンボは山間部の流水域、中でも比較的緩やかな場所に集まります。体長5mmほどと小型ですが、楕円形の体と独特の縞模様から他種と一見して区別できます。

PA240038a.jpg
▲楕円形の体と縞模様が特徴的なシマアメンボ

PA240039aa.JPG
▲シマアメンボの解説をする三田村氏

 散策路沿いに生えているチマキザサには、昆虫が食べることでできた様々な形の穴が見られました。葉を裏返していくと、ササの葉を食べて育つヒメクロバという蛾の幼虫を複数確認することができました。幼虫の近くには白い繭も見られ、それがヒメクロバに寄生したコマユバチ類のものであることを三田村氏が解説しました。

PA240070aa.JPG
▲チマキザサの葉裏にいたヒメクロバの幼虫とコマユバチ類の繭について解説する三田村氏

 ブナ林内の湿ったところにはヒロロと呼ばれるカンスゲ類の仲間が生育しています。そのような場所では、前日の講座で三田村氏が紹介した体長4mmほどのヤスマツケシタマムシを探しました。ヒロロの葉につけられた細長い白線が、本種がいる証拠です。成虫は秋口に現れ、ヒロロの葉の表面をかじります。食べた痕は塵状になって残りますが、時間が経つと乾燥して白く変色します。探し始めてすぐに三田村氏がヤスマツケシタマムシの成虫を発見し、参加者も食痕をたよりに見つけることができました。

PA240086aa.JPG
▲ヒロロの葉で見られたヤスマツケシタマムシの食痕

_A250265aa.jpg
▲ヤスマツケシタマムシが食べた痕は、塵状となって残る

 上記の生きもののほか、オオナミザトウムシという人の手のひらほどもある大きなザトウムシや、ボーベリア菌に感染したシロチャチホコ(鱗翅目)という蛾の幼虫、樹木では沢沿いに生えるムラサキシキブやサワフタギ、ケアブラチャンなど広葉樹の実が観察され、秋の恵みの森のブナ林を楽しむことができました。

PA240106aa.JPG
▲オオナミザトウムシの雌雄。体の大きいほうが雌(左)、小さいほうが雄(右)。

_A240024aa.jpg
▲沢を渡る参加者

 前日までの雨で増水の心配もありましたが、渡渉が難しい場所もなく無事に観察会を終えることができました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

PA240133aa.JPG
posted by ブナ at 14:21| Comment(5) | 自然観察会

2021年09月05日

自然観察会「夏のブナ林で昆虫観察会」開催報告

 2021年8月28日(土)、ただみ観察の森「梁取のブナ林(学びの森)」において、自然観察会「夏のブナ林で昆虫観察会」を開催しました。ただみ観察の森は、只見ユネスコエコパーク内の自然環境やそこに生息・生育する動植物の現状を理解し、身近に触れてもらうことを目的とした場所です。梁取地区の森戸沢沿いに位置するこのブナ林は、半世紀ほど前、薪炭利用のためブナやナラ類などが伐採され、その後に実生から成長したブナから構成される二次林です。林内にはブナの大径木も見られますが、これは伐採時に形状がよくなかったためにそのまま残されたものと考えられています。

DSC00940_R2.jpg
▲梁取のブナ林の様子

 今回の観察会では、ブナ林にどのような昆虫が生息しているのか、なるべく多くの種を観察するため、事前に昆虫採集用のトラップをいくつか設置し、それらにかかった昆虫や道中で見られた生きものについてブナセンター指導員が解説しました。

 ブナ林の入り口では、若いブナの葉についた虫こぶ、ブナハマルタマフシが観察されました。虫こぶは、昆虫に産卵・寄生された植物の組織が異常成長することで形成され、大半がこぶ状になるため、そう呼ばれています。ブナハマルタマフシは、タマバエ科(双翅目)の仲間の仕業です。新緑の時期、開ききったばかりの柔らかいブナの葉に産卵します。

DSC00913_R.JPG
▲ブナの葉にできたブナハマルタマフシ

 林内に入ると、エゾゼミとコエゾゼミの鳴き声が梢から聞こえてきました。7月下旬から現れるこれら2種の鳴き声はよく似ています。「ジーーー」と鳴くエゾゼミに対し、コエゾゼミはそれよりも少し高い音で鳴きます。ブナの幹には、赤茶色のエゾゼミの抜け殻が見られ、幼虫がこのブナ林内の土壌中で成長していることが分かります。成虫の姿を見ることはできませんでしたが、指導員は、エゾゼミとコエゾゼミの成虫の写真をお見せしつつ、生態について解説しました。

_8270011_R.jpg
▲ブナの幹に付いていたエゾゼミの抜け殻

 林床に目を向けながら歩を進めていると、低木で翅を休めていたヤママユのオスを見つけることができました。翅をひろげると10pほどもある大型の蛾で、幼虫は主にブナ科植物の葉を食べて育ちます。只見町では8月頃から成虫が現れますが、夜間灯りに集まった個体を除けば、日中に見ることはそう多くありません。ヤママユの雌雄の違いなどを解説し、元の場所に放してやると、一仕事を終えたかのように森の奥へと静かに飛んでいきました。

DSC00933_R.JPG
▲林床の低木にとまっていたヤママユのオス

 次に、遊歩道沿いに仕掛けておいたトラップを見て回り、かかった昆虫を観察しました。写真にある傘付きのトラップは、衝突版トラップ(フライトインターセプトトラップ、通称FIT)と呼ばれ、地表付近を低く飛んでいる昆虫を透明の板に衝突させ、地面の容器に落とす仕組みとなっています。容器の中をのぞくと、ハネカクシという甲虫の仲間やカマドウマ類の幼虫が少しだけ入っていました。

P8280103_R.JPG
▲衝突版トラップの容器内をのぞく参加者
 
 道沿いには、落とし穴トラップ(ピットフォールトラップ)も仕掛けておきました。これは、プラスチック製のコップを地面に埋め、地表を歩いて移動する昆虫を落として捕獲するトラップです。仕掛けておいた10個のコップの中身を確認していくと、クロナガオサムシ、マイマイカブリ(幼虫)、クロツヤヒラタゴミムシなど、ブナ林の地表に生息するオサムシ科の仲間が入っていました。クロナガオサムシの幼虫は双翅目や鱗翅目の幼虫を捕食します。マイマイカブリはカタツムリを捕食することで有名ですが、あまり目にすることのない幼虫の姿に参加者は驚いていました。また、色鮮やかなセンチコガネという糞虫もトラップにかかっており、この仲間が動物の糞や死体、腐ったキノコ類に集まることを、指導員が解説しました。

DSC00972_R.JPG
▲設置した落とし穴トラップ

_8270014_R.jpg
▲落とし穴トラップにかかったクロナガオサムシ

DSC00976_R2.jpg
▲マイマイカブリの幼虫

 ブナの奇木がある中間地点を過ぎると、ブナの幹に止まっていたヨコヤマヒゲナガカミキリを見ることができました。日本固有種で、ブナとイヌブナの生立木しか食べない唯一のカミキリムシです。幹に止まっている成虫の姿は、見事なまでにブナの樹皮とそっくりで、保護色となります。日中は、ブナの梢で細枝をかじっていることが多いですが、夕刻になるとメスは地表部に下りてきて、ブナの根際に産卵します。羽化した成虫が、幹から脱出する際にあける丸い穴(脱出孔)は、そのブナ林に本種が生息している証です。

DSC01028_R2.jpg
▲ブナの幹にいたヨコヤマヒゲナガカミキリのメス

_7220030_R.jpg
▲ヨコヤマヒゲナガカミキリの脱出孔

 本観察会ではブナ林の昆虫に焦点を当て、ゆっくりと時間をかけて観察の森を歩きました。目視による探索やトラップを通して、ブナを直接利用する昆虫から、ブナ林を主な生息環境とし、他の生きものと関わりながら生活しているものまで、実際に現物を見ることができました。参加者からは「ブナ林にたくさんの昆虫が生息していること、ブナだけを食べる昆虫がいることは面白い」といった感想が寄せられました。

P8280090_R.JPG

ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。
posted by ブナ at 15:20| Comment(0) | 自然観察会