2016年09月15日

インターンシップ in 只見町ブナセンター


こんにちは!昭和女子大学の山アです。
私は今、大学のインターンシップで只見町を訪れています。

今回は2日間、只見町ブナセンターで就業体験をさせていただきました。
ここでは只見町の“いろは”から詳しく学ぶことができるので、
只見の町を知りたい人にオススメです。


私がこのセンターで一番印象的だと思ったのは、動物の剥製です。
160915-105526-DSC_2353_R.JPG
これは入口でお客さんを出迎えてくれる熊の剥製です。

博物館や資料館にあるほとんどの剥製はケースに入れられ、
厳重に保管されていますよね。
その点このブナセンターの剥製はケースに入れられていないので、
剥製との距離が近く、じっくりと観察することができるのです。
ちなみにこれらの剥製の中には地元の方々から譲り受けたものも多くあるようです。地域住民の協力があって、より素晴らしい展示に仕上がっているのですね!


もちろん見どころは剥製だけではありません。
年に4回ほど企画展を開催していますし、講師の先生をお呼びして自然や文化をテーマにした講演会も行っています。

施設で只見町について学んだあとは、ゆっくりお散歩をすることもできます。
160915-110856-DSC_2369_R.JPG

只見町ブナセンターで就業体験をして、施設を見させていただいて、
より一層、只見町について知ることができました。
また只見を訪れたときには、このブナセンターに足を運びたいと思います。


posted by ブナ at 13:42| Comment(0) | イベント

2016年09月12日

今朝の通勤途中に見つけたもの

この白い小さな花はなんの花でしょう?
DSCF0255.jpeg

後ろに引いて見るとわかると思います。
DSCF1643.jpeg

そうです。ソバです。今、只見町のあちこちでソバ畑がけぶるように花開いています。

新蕎麦のシーズンが間近です。
夏から秋に変わりゆくと、日が短くなって、夕方の空気が妙に澄んでいて遠くの山がきれいに見え、ちょっと寂しい気分になりますが、食べ物の美味しい季節の到来です。
posted by ブナ at 16:28| Comment(0) | イベント

2016年09月03日

ハクセイキレイの親子?

お盆もとうに過ぎましたが、暑い日が続いています。
ススキなどが成長して只見の風景も秋めいてきました。

ブナセンターの前池では、ハクセイキレイが集っています。たぶん親子でしょう。
この写真だけでも6羽います。手前右の2羽(1羽は石の裏)は成鳥、残りは巣立ったばかりの若鳥と思われます。
手前左の若鳥は、なぜか親にペコペコと頭を下げていました。(そのように見えました)

ハクセキレイ (5)_RR.jpg

水辺を飛び回るハクセイキレイの姿は、なんとなく涼しげです。
posted by ブナ at 16:57| Comment(0) | イベント

2016年06月19日

コシジシモツケソウが見頃です

只見町も雨の日が多くなりましたが、この週末は晴天でした。
見頃を迎えた初夏の花を少しだけ紹介します。

コシジシモツケソウ
DSC_0490_RR.JPG

エゾアジサイ
DSC_0422_RR.JPG

エゾアジサイのピンク色のタイプ
DSC_0494_RR.JPG

ツルアジサイ
DSC_0457_RR.JPG

こちらは花ではありませんが。マタタビの葉が白くなりました。
DSC_0477_RR.JPG
posted by ブナ at 16:18| イベント

2016年05月27日

ヒメサユリ

只見町の初夏の花といえば、真っ先に思い浮かぶのはヒメサユリです。
叶津の岩場に満開です。
DSCF9788.jpeg

日当たりの良いところ好むヒメサユリにとって、南向きの岩場はかっこうの生育場所です。くぼんだところにわずかに溜まった土のところに生えています。そういうところは、ヒメサユリ以外の草本植物も生えています。
岩場では、直射が当たって岩が非常に熱くなるので、乾燥がきついのかと思ったら、意外とそうではありません。岩場のくぼみの土は一年を通してある程度、湿っていることがわかりました。

ヒメサユリが岩場の高いところにだけ咲いていることもあります。双眼鏡ご持参でいらしてください!

DSCF9778.jpeg
posted by ブナ at 13:00| Comment(0) | イベント