2017年10月09日

9月24日自然観察会「八十里越の化ケ物谷地に行こう!」

 観察会は、現在開催している企画展に関連し、湿地の植生やその重要性を理解することを目的として開催されました。観察地の化ケ物谷地へは、八十里越明治新道(以下 明治新道とする)を通り、その道中で秋の花とブナ林を観察しました。今回の観察地は国有林内に属するので、許可を得て入山しました。
 国道289号線の未開通区間(八十里越)を車で通り、交易に使われていた会津と新潟を結ぶ明治新道を目指しました。移動のバスの中では、センター長の新国が参加者へ只見町のいろいろな話をし、ただみ・ブナと川のミュージアムから30分以上かかる道のりもみなさん楽しく過ごされていました。今回は、叶津の長谷部忠夫氏に同行いただき、八十里越の説明もしていただきました。

 明治新道に入ってから化ケ物谷地までは徒歩1時間ほどかかります。明治新道は荷車が通っていたと言われています。道幅の広い場所は2mほどあり、当時の名残が感じられました。道沿いには、タイリンヤマハッカ、キバナアキギリやツリフネソウなど秋の花が咲き誇っていました。また、キイロスッポンタケやギンリョウソウモドキなどの姿も見ることができました。
P9240125_R.JPG
<タイリンヤマハッカ>

IMGP0972_R.JPG
<キバナアキギリ>

DSCN4790_R.JPG
<ツリフネソウ>

 明治新道沿いには、大麻平(おおまだいら)と呼ばれる場所があり、谷合の緩斜面にブナの林が広がっています。参加された方たちは少しの間、立派なブナの林を見入っていました。大麻平は、2007年に「自然首都・只見」宣言が行われた場所でもあります。
P9240117_R.JPG
<大麻平のブナ林>

 途中には、道に倒木が横たわっている下をくぐったり、枝の間を縫うように歩いたりと困難な場所もありましたが、みなさん楽しまれているようでした。
P9240126_R.JPG
<倒木の間を縫うように進む>

 大麻平を過ぎると、明治新道から明治中道に入りました。明治中道は、明治新道より細く牛馬が通れる程度で、わずか15年ほどしか利用されず廃道になった道です。入口からしばらくは傾斜の急な場所が続きます。途中には、水がたまり、小さな湿地のような場所も多く、目的地に近づいている雰囲気がありました。
P9240121_R.JPG
<八十里越明治中道を通る>

 急傾斜を登りきると、斜面の下方向に樹冠がぽっかりと空いた場所が見えてきました。今の時期は木々が生い茂るので、ここからはまだ湿地の全容を掴むことができません。そこから先に進み、湿地に沢が流れ込む見通しの良い場所で谷地の形成や植生調査の仕方などを説明しました。化ケ物谷地は中央に島があり、植生としてヨシが優占する低層湿地です。
P9240380_R.JPG
<化ケ物谷地にて>

 また、長谷部氏には化ケ物谷地の名前の由来や明治中道について説明いただきました。
化ケ物谷地の名前の由来は正確に残っていませんが、山間の霧の中ぽっかりと空間の空いた中に谷地の中島の木がおぼろげに見える様子に当時の人は気持ち悪さを感じ、化ケ物と形容したのではないかということでした。
 谷地から明治新道に戻ったところで昼食休憩をとり、昼食後には長谷部氏に問答形式で八十里越について解説していただきました。

 観察会には、18名が参加し、化ケ物谷地、八十里越はもちろんその道中で草花やキノコなどの観察も楽しんでいただくことができました。
posted by ブナ at 10:35| Comment(0) | イベント

2017年09月20日

自然観察会「八十里越の化ケ物谷地に行こう!」参加者募集中

現在開催中の企画展「只見の湿原−その生態と歴史」に関連し、9月24日(日)に自然観察会を行います。8月29日に下見に行ってきましたので、観察地の様子を少し紹介します。
 観察地は化ケ物谷地と呼ばれる湿原です。ここは、通常では一般の人が入ることができません。今回は、許可を得て、只見町から三条市へと通じる国道289号線の未開通区間に入ります。そしてさらに途中で車を降りて、廃道となって久しい八十里越古道を歩きます。この古道は、八十里越古道の中でも、明治27年に開削された明治新道と呼ばれる道です。明治新道が使われていた当時は、荷車の通行可能な車道でした。開削から100年以上経った今でもその名残をとどめる幅2m程のしっかりした道が九十九折に続きます。
 化ケ物谷地へは、この明治新道を途中で逸れ、地元の人が使っていたゼンマイ折りの道に入って行きます。途中木の下をくぐるところもありましたが、道はしっかりとしていました。
道の様子からも集落の方が利用管理していることが分かります。

細いゼンマイ折りの道を進むと道沿いに化ケ物谷地があります。化ケ物谷地は、そのほとんどがヨシに覆われていますが、中央に島がありそこに樹木が生えています。山あいは朝方に霧がかかることが多いので、霧の中で突如として森が開けた中に見え隠れするこの島の木が他の場所と違って恐ろしく見えたのでしょうか。化ケ物谷地という名前には想像が掻き立てられます。

P8290032_R.JPG
<クサアジサイ>

明治新道沿いではジャコウソウやクサアジサイの花が見られました。

湿原では、カヤツリグサ科のアブラガヤやカサスゲが穂を付けていました。
また、サワヒヨドリやハンゴウソウなどの花も見られました。
観察会の時には、秋ももう少し進むので、秋の花が見られるでしょう。

P8290022_R.JPG
<サワヒヨドリ>

観察会では、化ケ物谷地の植生について観察し湿原の形成過程などを考えます。
まだ定員に達していません。普段ではなかなか見られない場所ですので、是非ご参加ください。自然観察会への参加には事前予約が必要です。
詳しくは、http://www.tadami-buna.jp/event.html#kikuchi をご確認ください。

観察会の前日9月23日には、森林総合研究所の菊地賢氏に「只見町の湿原−植生からみた多様性」と題して只見町自然環境基礎調査で行った町内の湿原植生調査の結果を解説していただきます。こちらは予約は不要です。お誘い合わせの上、ご来場ください。

また、現在2階ギャラリーにて、特別企画展「只見の湿原−その生態と歴史」を開催しております。この機会にぜひただみ・ブナと川のミュージアムにご来館ください。
posted by ブナ at 17:19| Comment(0) | イベント

2017年03月05日

【報告】猪又かじ子写真教室「只見町の雪を記録しよう〜写真による自然記録会〜」

 ここ只見町も、3月に入り春の足音が聴こえるようになってきました。皆様いかがお過ごしでしょうか。とはいっても、只見町はまだまだ雪深く、花の季節はまだ少し先のことです。
 
170304-112030-@_R.JPG
昨日3月4日、写真家の猪又かじ子さんをお招きしての写真教室を開催しました。撮影会中は天気に恵まれ、青空に眩しいほどの雪景色が映え、外で活動するには最高の日和となりました。

170304-103951-A_R.JPG
かじ子さんに、それぞれの被写体をどのように撮ったら良いのかなどのコツを教わりながら、ミュージアムから近所のいこいの森入口までと、只見川公園を歩きまわりながら撮影しました。

170304-110122-B_R.JPG
雪深い中でも、日差しは少しずつ春めいてきました。

170304-110928-C_R.JPG
橋の下には…

Dトリミング_R.jpg
動物の足跡がありました!

170304-114347-E_R.JPG
ミュージアム越しに見える蒲生岳(左の尖った山)と柴倉山(写真中央の山)をみんなで撮影。

 午後には、各参加者の撮った写真をかじ子さんに見ていただき、それぞれ何点かの写真についての講評をしていただきました。同じ道のりを辿ったにも関わらず、それぞれに個性のあるすばらしい写真を撮られていました。
 
 まだまだ雪深い只見町ですが、雪があるからこそ撮れる写真や、楽しみ方を満喫できた写真教室となりました。

posted by ブナ at 10:59| Comment(1) | イベント

2017年02月25日

【お知らせ】只見町の雪を記録しよう〜写真による自然記録会

来週3月4日(土)に、猪又かじ子写真教室「只見町の雪を記録しよう〜写真による自然記録会」を開きます。
コンパクトカメラやスマホで写真を撮ることがよくあると思います。ちょっとしたコツをかじ子さんに教えてもらいませんか?

自然記録会の詳細はこちら↓
http://www.tadami-buna.jp/event.html#syasinnkyousitu

下見にいらっしゃったかじ子さんと、ただみ・ブナと川のミュージアムの周辺を歩きながら、写真を撮りました。
DSCF1364.jpeg

一足お先に、かじ子さんにちょっぴりコツを教えてもらいました。

その1
日の差すチャンスをとらえよう!
雪の時期、写真が平板になりがちです。晴れ間の訪れた時がシャッターチャンスです。下の2枚を比べてみてください。日が差した時の写真は影ができることによって、雪の表面の起伏が見えます。
DSCF1396.jpeg
DSCF1397.jpeg
日が差した時に慌てて撮ったので、橋の欄干も写ってしまいました。慌ててはいけませんね。

その2
見立てを楽しもう!
雪の壁の一部が溶けて、小さなツララができています。逆さまのカタツムリの角に見えませんか?
DSCF1400.jpeg

その3
露出をアンダーに!
撮りたい景色の一部に光が当たっている時に、露出をアンダーにします。下の2枚の上の方は露出-1(アンダー)にしています。光の当たった部分が浮き上がって、印象的です。
DSCF1387.jpeg
DSCF1386.jpeg
*カメラによって設定の仕方が違います。「メニュー」の中にありませんか?

ほんの少し、気を使うことで写真が印象的になって、写真を撮ることが楽しくなりました。
当日のお天気が気になります。お天気によっても撮れる写真は違ってきそうです。みなさま、お誘い合わせの上でのご参加をお待ちしております。

*参加申し込み・お問い合わせ
    只見町ブナセンター事務局 電話0241−72−8355
posted by ブナ at 16:03| Comment(0) | イベント

2017年01月12日

どか雪です

おととい(1月10日(火))は、よいお天気でした。青空に誘われて景色を眺めに出かけました。

ブナセンター近くの農道です。まだ雪はわずかでした。例年、お正月明けには積雪で通ることのできない道ですが、ご覧のとおりでした。
DSCF0797.jpeg

浅草岳(中央奥)は白く輝いていました。山頂付近は雲がかかっているだけでなく、強風で雪が舞い上がっているようでした。右側の山の山腹は只見スキー場です。手前の田んぼは畦や刈り取った稲の根元のある場所がうかがえ、雪の少なさがわかります。
DSCF0863.jpeg

昨日(1月11日(水))、昨晩からの雪が日中、ずっと続きました。景色は一転しました。
ブナセンター隣の公園の円柱のオブジェの上に帽子のように雪がのっていました。前日はなかったものです。
DSCF0873.jpeg
雪は一晩降り続きました。

今朝1月12日朝8時過ぎ、公園の歩道の入り口の車止めがだいぶ雪に埋まりました。
DSCF0882.jpeg

昼の12時半にはほとんど見えなくなりました。
DSCF0891.jpeg

帽子も大きくなっています。
DSCF0889.JPG

時々、屋根に積もった雪が轟音とともに滑り降りてきて、建物周囲に雪の壁を築いていきます。ようやく只見町らしい雪の降りかたになりました。今回の雪はどのくらい積もるでしょうか?

大雪警報が出ています。只見町方面にお出かけの方はくれぐれも気をつけてください。
posted by ブナ at 14:00| Comment(0) | イベント