2012年11月22日

「自然首都・只見」展 県外展示のお知らせ

定点観測の写真でも感じられると思いますが、只見町はどんどん冬の装いになっています!11月も後半になり、今年もあと少しとなりました。
もうすぐ12月ですが、12月の24日(月)から27日(木)の期間に神奈川県のかながわ県民センターにおいて、「自然首都・只見」展を開催いたします。

tadamitenyokohama2.jpg

「自然首都・只見」展.pdf

2012年12月24日(月)〜27日(木)
≪パネル展示≫


「自然首都・只見の自然」
10:00〜18:00
※初日は13:00より開催、最終日は16:00終了となりますのでお間違えの無いようご確認ください。

12月24日(月)、25日(火)のイベント

≪講演会≫

「只見の自然と暮らし」
14:00〜14:40
講 演 渡部 和子(只見町ブナセンター主任指導員)

≪只見町の物産販売≫
 只見町の物産販売が“初日と2日目”に行われます!
 ツル細工などの工芸品も販売されますので、是非ご来場ください。

詳しくは、PDFデータをご覧ください。なお、お問い合わせは只見町ブナセンターへお願い致します。
posted by ブナ at 17:18| Comment(0) | 企画展

2012年08月11日

企画展「只見の川と水辺の生き物たち―魚類と両生類」が開催中

7月28日(土)から9月23日(日)まで、「只見の川と水辺の生き物たち―魚類と両生類」と題した企画展を、「ただみ・ブナと川のミュージアム」で、開催しています。

只見町は、只見川と伊南川の二つの大きな川がり、周りの山々からは、ブナの森を水源とする多くの沢が流れ込んでいます。これらの水辺には沢山の魚が泳ぎ、カエルやサンショウウオも多いことが知られています。ブナの森と水に育まれた大切な生命です。では、只見には何種類の魚やカエル、サンショウウオがいるのでしょうか?イワナやヤマメの違いは?セングーガエルと呼ばれるカエルの正体は?只見のヤツメは全国的にも珍しい生き物だった!
 今回の企画展では、ふるさと只見に生息する魚類と、カエル、サンショウウオなどの両生類を展示します。暑い夏、水辺の生き物たちの展示を見ながら涼しい気持ちになり、ふるさとの水辺を見つめなおしてみませんか。小中学生の夏休みの自由研究のヒントにもなる展示です、ご家族やお友達とともに、ぜひご来館ください。


IMG_4556.JPG


パネルによる水辺の生き物たちの解説と標本展示を行っています。
IMG_4567.JPG

カエルやサンショウウオの現物展示も行っています。
IMG_4563.JPG

トウホクサンショウウオ
IMG_4574.JPG
posted by ブナ at 13:17| Comment(0) | 企画展

2012年04月19日

自然首都・只見展

tadamiten.jpg

自然首都・只見展
開期:平成24年4月21日(土)〜7月16日(祝日)
時間:午前9時〜午後5時(最終受付は、午後4時まで)

企画展では、只見の四季・そこに息づく動植物・そしてその自然から私たちが受け取り、利用している生活資源について、パネル展示で分かりやすく説明しています。
上記の日程で開催しておりますので、お誘い合わせの上ぜひご来館ください。

posted by ブナ at 15:24| Comment(0) | 企画展