2018年06月10日

会津朝日岳の山開き

今日は会津朝日岳の山開きでした。
下の写真は臨時駐車場で、登山口に駐車スペースが少ないことから、ここから登山口まで送迎バスを出しています。
朝5時にはすでにたくさんの方が集まってきていました。
5時10分発の便ではマイクロバス5台ほどが出発しました。

180610-052350_R.JPG

会津朝日岳の山頂付近は只見ユネスコエコパークの核心地域に指定されています。法的には森林生態系保護地域の「保存地区」となっており、原則人の立ち入りが禁止され、自然環境が厳重に保護されています。登山道の歩行は問題ありませんが、登山道以外への立ち入りができませんのでご注意ください。

只見ユネスコエコパークについては、詳しくは下記のサイトをご覧ください。

只見ユネスコエコパークHP http://www.tadami.gr.jp/tadamibr/
パンフレット http://www.tadami-buna.jp/BR1410.pdf

今朝の会津朝日岳は雲がかかっていましたが、山の上はどうでしょうか。

180610-055825_R.JPG
posted by ブナ at 09:56| 山歩き

2018年06月08日

会津朝日岳

今週の日曜日には会津朝日岳の山開きがあります。
6月5日に会津朝日岳の山開き下見に同行したので、5日時点での様子をお伝えしたいと思います。

登山道のすぐ脇を流れる赤倉沢には大量の雪が残り、登り始めは少し肌寒い感じがありました。
IMGP4142.JPG

また、登山道には多くの倒木があり、近くの斜面を見ると雪崩によってなぎ倒された木が見られる場所がありました。沢の中にも何本も折れた木が横たわっていました。
IMGP4144.JPG

登山道沿いには、春から夏にかけて見られる花たちが咲いていました。
里近くでは花が終っているカタクリ、ニリンソウなどの春植物もその姿を見ることができます。登山道の両脇にニリンソウが生えている場所もありました。
IMGP4146.JPG
登山道を囲むように生えるニリンソウ


立派な青紫色の花を幾段にもつけるラショウモンカズラや可憐なヒメシャガなども花を咲かせています。

IMGP4145.JPG
ラショウモンカズラ

IMGP4153.JPG
ヒメシャガ

尾根の日当たりの良いところにはウラジロヨウラク、サラサドウダンツツジなどの初夏の花も見られます。

IMGP4162.JPG
ウラジロヨウラク

IMGP4168.JPG
サラサドウダンツツジ

登山道沿いには雪渓の残っているところもあるので、登られる際には十分にお気を付けください。また、会津朝日岳は避難小屋から山頂までは只見地域ユネスコエコパークの核心地域になっていますので、登山道から逸れないように注意してください。
posted by ブナ at 14:31| Comment(0) | 山歩き

2018年05月28日

只見の初夏の花たち

5月も終わりに近づき、ジリジリと暑い日が増えてきました。
気温の上昇とともに夏に見られる花たちの開花が始まってきのでご紹介します。

斜面等開けた場所には、タニウツギの花がいたるところに見られます。
ピンク色の花がまとまって着くので、遠くからでも確認できます。

タニウツギ.JPG
<タニウツギ>

林内にはチゴユリやホウチャクソウといった可憐な花が咲いています。
小さい花ですが、その群落は圧巻です。

チゴユリ.JPG
<チゴユリの群落>

ホウチャクソウ (6).JPG
<ホウチャクソウ>

また、ヒメサユリは場所によって花が咲き始めています。
今回行った場所では3株ほど花を着けていました。
つぼみがふくらんでいるものもまだ少なかったので、開花にはもうしばらくかかりそうです。
ヒメサユリ (2).JPG
<ヒメサユリ>

posted by ブナ at 10:59| Comment(0) | 山歩き

2018年04月30日

要害山にて

町内のブナも開葉して、山にも新緑が広がっています。
斜面に見える若葉色をしているのがブナです。
IMGP3806.JPG

先日、南尾根登山口(三石神社近くの登山口)から登り、宮ノ沢登山口(滝神社の後ろ)に下りるルートで要害山を登りました。

登山道沿いにはマルバマンサクの花が盛りを迎えていました。
花はひょろ長い黄色い花弁を持つ変わった形をしています。
マルバマンサク.JPG
マルバマンサク

尾根には、イワウチワやイワナシなどのかわいらしい花が咲いていました。
イワウチワ (2).JPG
イワウチワ

イワナシ.JPG
イワナシ

また、今年のブナは花をたくさんつけていました。
ブナ花 (1).JPG

ブナは葉と花が冬芽に一緒に入っています。なので、開葉の時期に花を咲かせます。
木の高いところに付いて花もあまり目立たないのでしっかり見ないと見落としてしまします。今回は、雪で枝垂れていたので近くで見ることができました。

今年は雪解けが早く登った時には登山道脇の谷部、宮ノ沢登山口に雪が残る程度でした。連休中の暖かさで雪もすっかり解けているでしょう。

要害山の山開きは5月13日です。山開きの情報は只見町観光まちづくり協会HPに記載されているので、そちらをご確認ください。

IMGP3837.JPG
山頂からの眺め

宮ノ沢登山道は勾配が急なので、南尾根登山道をピストンされるのが良いかと思います。
登られる際には、山開き前ですので十分にお気を付けください。
posted by ブナ at 17:19| Comment(0) | 山歩き

2017年06月09日

会津朝日岳山開き下見登山

去る6月6日、今月の11日に開催される会津朝日岳の下見登山に行ってきました!この日は天候に恵まれ、最高の下見日和となりました。

登山道の状況や下見登山の様子は、只見町観光まちづくり協会のブログ(リンク:http://www.tadami-net.com/topics/20170608/7921)で紹介されていますので、ブナセンターブログでは、下見の時に咲いていた花を紹介していきたいと思います。

オオバクロモジ
170606-072242-IMGP2940_R.JPG
葉が開きはじめ、それとともに花のつぼみも膨らんでいます。山開き当日には、黄色の可愛らしい花が開いていると思われます。

ウワミズザクラ
170606-072307-IMGP2941_R.JPG
白い房状の花が可愛らしいサクラの仲間です。こちらもまだつぼみが見られましたので、山開き当日にも見られるでしょう。

オオタチツボスミレ
170606-072608-IMGP2942_R.JPG

フイリミヤマスミレ
170606-075101-IMGP2950_R.JPG

オオバキスミレ
170606-073221-IMGP2944_R.JPG
スミレの仲間も出迎えてくれました。オオタチツボスミレは登山口から勾配の強くなる手前あたりまで咲いています。町内でもっともよく目にするスミレの仲間です。
フイリミヤマスミレは登山道からしばらく歩いたところにオオタチツボスミレにまぎれるように局所的に咲いていました。
オオバキスミレは沢沿いと、尾根の登山道に沿う様に咲いていました。登山道のすぐわきにも可愛らしい花や貴重な高山植物なども咲いていますので、踏んでしまわないように、登山道からは外れないで歩きましょう。

サンカヨウ
170606-073805-IMGP2947_R.JPG

山野草の小径
170606-154728-P6060027_R.JPG
登山道を20分ほど歩くと、深山に自生する植物の群落があります。サンカヨウのほか、コバイケイソウ、ニリンソウ、ヤグルマソウ、エンレイソウなどが競い合うように茂っています。コバイケイソウは残念ながら山開きの時にはまだ咲かないと思われますが、サンカヨウやニリンソウの白く可愛らしい花たちが迎えてくれるでしょう。

タムシバ
170606-091210-IMGP2967_R.JPG

マルバマンサク
170606-090645-IMGP2962_R.JPG

ヤブデマリ
170606-084401-IMGP2961_R.JPG

オオイワウチワ
170606-080608-IMGP2956_R.JPG

ショウジョウバカマ
170606-140556-P6060016_R.JPG
標高を上げると、木々に咲く花が迎え入れてくれました。足元にはオオイワウチワやショウジョウバカマの花も咲いていました。要害山では4月末から5月初旬に咲いていた花たちです。

アズマシャクナゲ
170606-095456-IMGP2977_R.JPG

ムラサキヤシオツツジ
170606-101522-IMGP2980_R.JPG

ウラジロヨウラクツツジ170606-091352-IMGP2968_R.JPG
尾根沿いには桃色や紫色のこれらの花たちが咲いていました。ウラジロヨウラクツツジはつぼみでしたので、山開きの当日はちょうど開花の時期となるでしょう。ウラジロヨウラクツツジと同じドウダンツツジの仲間であるサラサドウダンは、山開き当日にはまだ花は咲かないものと思われます。

また、上で写真紹介した花のほかにも、カタクリやキクザキイチリンソウ、イワカガミ、ツバメオモトも咲いており、ヒメサユリのつぼみも大きく膨らみ始めていました。今日の陽気でマイヅルソウやユキザサなどのつぼみも膨らんでいるかもしれません。

会津朝日岳上部は只見ユネスコエコパークの「核心地域」に指定され、厳重に保護されております。また、会津朝日岳上部以外の地域も全域が「緩衝地域」に指定されておりますので、登山道以外への立ち入りは禁止されています。また、動植物の採取や樹木の損傷、ゴミのポイ捨て、ペットの持ち込みはおやめ下さいますようお願いいたします。
これから先もこの貴重な自然が守られていくように、登山者一人ひとりの配慮をお願いいたします。

平成29年 会津朝日岳下見登山報告(只見町観光まちづくり協会ブログ)
http://www.tadami-net.com/topics/20170608/7921
posted by ブナ at 16:10| Comment(0) | 山歩き