2016年10月10日

今年はクリが豊作!

秋が深まりつつある只見。今朝は11℃まで冷え込んだようです。日中でも上着が必要な季節になりました。

さて、今年はクリが豊作です。また、実も充実しており、ふっくらとした種子がイガからはみ出しています。

CA3K05260001.jpg

只見町の集落を取り巻く山々は、昔から自然物採取のために利用されてきました。クリは、食料として重要なものであり、たいていの裏山にクリが植えられています。クリの実が実る前に草を刈り、クリを拾いやすくしておきます。

CA3K05270001.jpg

下の写真は、クリを拾うために使われていた道具です。鎌の先でイガを押し広げて、実を取り出します。柄のところに持ち主だったお嬢さんの名前が書かれており、大事に使っていたことがわかります。

DSC_2535_R.JPG

只見町では、かつて冬場にクリ飯をよく食べていました。これは贅沢ではなく、米を庇う(コメの消費量を抑える)ための工夫です。クリだけでなく、トチの実やダイコン葉を干したものを入れてカテ飯としたそうです。

採ったクリは、虫食いといいものとを分けて、いいものは水に漬けてから、川砂もしくはクリの葉で囲ってイケグリ(活栗)にしたそうです。虫くいのものは、天日乾燥し、ウス・キネでついて粉にしました。

只見町の町中にはクリがあちこちに落ちていて、魅惑的です。公道に落ちているものは大丈夫ですが、所有者のあるクリもあるので、拾う時はご注意を!

posted by ブナ at 13:16| できごと

2016年09月19日

雨の日にはコレ!

シルバーウィークの3連休、只見町はあいにくの雨模様でしたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?今日は降り続いていた雨も午後になりようやく弱まり、曇り空の「ブナと川のミュージアム」です。

160919-140731_R.JPG

さて、雨といえば、本日、町民の方からミノを寄贈いただきました。
雨や雪の日に、これ一つあるだけでしっかり守ってくれる優れモノです。

160919-140512_R.JPG
▲ミノ(表側)              

160919-140547_R.JPG
▲ミノ(裏側)

撥水性のある草本類の茎を使い、外側を水が伝い、中まで濡れることはありません。
よく考えられた、とても実用性の高い民具です。
20年以上たっているものとは思えない、とても綺麗な状態で、編み目も、とても繊細かつ丈夫に編まれています。

町内でも作ることのできる方が減り、また、需要の面でも雨合羽に取って代わられてしまっているミノですが、蒸し暑い日、雨合羽のように蒸れることもなく、ファッション性も高いこの道具は、いずれブームが来るのではと秘かに期待している次第です。

ミノなどのファッショナブルな古民具は、「ブナと川のミュージアム」中二階にて常設展示中です。外でのレジャーが楽しめない雨の日など、当館にて、かつての只見の人々の生活・文化、繋がれてきた只見の大自然に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。
posted by ブナ at 15:36| Comment(0) | できごと

2016年09月09日

山が少し色あせてきました

9月に入ってからも最高気温が30℃近い日が続いていました。
それでも植物たちは秋へと歩みを進めているようです。

ブナセンターから見える要害山も幾分色あせてきました。

DSC_2276_RR.jpg

公園に至っては秋の風景。奥の方に見えるカツラは黄色くなってきました。

DSC_2278_RR.jpg

まだまだ9月と思っていましたが、ゆっくりと秋に向かっています。
posted by ブナ at 13:15| できごと

2016年07月24日

町内のあちこちでヤマユリが咲いています

DSC_1213_RR.jpg

ヤマユリの花がピークを迎えました。
大輪のヤマユリは毎年見ても美しいです。また、香りがその存在を誇示しているかのようです。
林内や斜面、道路脇などたくさん見られます。

昆虫の企画展が始まりました。関連して7月30日はブナセンター講座、31日は自然観察会があります。ご参加をお待ちしています!
(自然観察会は事前申込が必要です。ブナセンターまでご連絡ください)
posted by ブナ at 16:59| できごと

2016年06月05日

蒲生岳の山開き

本日、6月5日は、只見四名山のひとつ「蒲生岳」の山開きでした。
10時過ぎに登山口に到着すると、大部分の人がもう下山したとのこと。開山前に登り始めた人もいるそうで、今年は250名ほどが登ったということでした。

蒲生岳は、会津のマッターホルンと呼ばれる山で、ジェラードアイスのような尖った形をしています。コースタイムは3時間半ですが、岩場を上り下りするハードコースです。見ているだけで足が震えます。

160605-101848_R.JPG

今日は、お天気がよく、下山した方の表情も晴れやか!「アスレチックみたいで楽しかった」という満足の声に、登っていないこちらも楽しくなりました。

今年の記念バッジは、ギフチョウのデザインです。かわいい!

160605-101658_R.JPG

下山後は、蒲生集落の方たちから甘酒が振る舞われました。この日限りの物産販売も出ていました。

160605-103853_R.JPG

160605-104036_R.JPG

只見の森は、木々が葉を茂らせ、中に入ると緑に包み込まれるようです。生命力のあふれる初夏の只見町にぜひいらしてください。

(こちらは只見沢で撮った木。幹にツル植物がびっしりとからみついていました)
160604-075715_R.JPG
posted by ブナ at 12:34| できごと