2015年03月06日

臨時休館が終わりました/企画展開催中!

只見町ブナセンターは老朽化に伴う施設補修のため臨時休館していましたが、3月1日(日)より再開いたしましたのでお知らせいたします。皆さまには大変ご迷惑をおかけしました。

現在開催中の企画展「季節とともに生きる 只見の野鳥とその生態」は、6月7日(日)まで期間を延長して開催します。この企画展では、只見町で見られる鳥をパネル展示を中心に紹介しています。普段何気なく過ごす日常に登場する鳥を改めて取り上げることで、日常にある自然とその示すところとに気付いてもらえたらと思い、パネルを作りました。他に剥製展示や鳥の鳴き声を聞くことのできる体験コーナーなどもあります。
ぜひ、ご家族でお越しください。

DSC_7102_R.JPG

DSC_7104_R.JPG

今後とも只見町ブナセンターをどうぞよろしくお願いいたします。
posted by ブナ at 10:29| おしらせ

2014年09月07日

クマだらけ

只見町ブナセンターでは、展示物の多くを町民からご提供頂いています!
開館当初、博物館(ブナと川のミュージアム)には展示物が少なく、館の展示物の充実を図るため、町民に民具や動物の剥製などの展示物の提供を呼びかけました。

その結果、次第に展示が増え、中でも動物の剥製標本は、種類・数ともに多くを展示させていただいております。
そして、気が付いてみれば、ツキノワグマの剥製は12体にもなりました!ある意味、館内はクマだらけの状態です。

<入口のクマ>
クマ-エントランス.JPG

12体のクマは、博物館の各所に目的に応じて展示しています!

<クマの生態についての展示>
小熊成長.JPG

<ジオラマの剥製展示>
クマ-ジオラマ展示.JPG

<狩猟の展示>
クマ皮-民具.JPG

<2階の企画展示室前で入館者を迎えるクマ>
クマ-踊り場.JPG

入館直後は、クマの剥製に脅えていた子供たちも、見学するうちに“クマ王国”にも慣れて、楽しんでいるようです!ぜひ、クマだらけの博物館にお越しください。

※館内および展示物の写真撮影は御遠慮頂いております。ご了承ください。
posted by ブナ at 10:05| Comment(0) | おしらせ

2014年07月31日

昆虫標本を展示しています!

6月に登録が決定した只見ユネスコエコパークを紹介する企画展「ユネスコエコパークが描く只見の未来」が7月26日からはじまりました。それに伴い、常設展示を少し移動しました。

これまでも2階に昆虫標本の展示スペースがありましたが、1階のエントランスにも増設しました!カブトムシやクワガタ、トンボ、セミ、チョウなどを展示しています。夏休みの学習にも使えるのではないでしょうか。

IMG_0908_R.JPG

ぜひ、この夏、ブナセンターを見に来てください!

posted by ブナ at 11:19| おしらせ

2014年05月30日

ヒメサユリ、開花!

入叶津では、山の斜面にある岩場でヒメサユリの開花が始まりました!
高いところで咲いているので、双眼鏡を持っていくのがお勧めです。

20140530himesayuri.jpg


posted by ブナ at 09:32| Comment(0) | おしらせ

2014年05月29日

ヒメサユリ、間もなく開花!

おもに東北地方南部の内陸部の豪雪地帯に分布するヒメサユリは梅雨時に可憐な花を咲かせます。只見では、町のあちこちでこの花をみることができます。

20140529himesayuri.jpg

要害山の登山道、柴倉山中腹の尾根部ではつぼみが色づいていてもうすぐ咲きそうでした。小塩沢の林道脇の崖の上部でも、同じように色づいたつぼみが見られました。(観察日5/24-26)
開花が楽しみですね。

只見町ブナセンターでは、4月26日〜6月30日の期間で、企画展「絶滅危惧種 ヒメサユリのすべて」を開催しています!豪雪地帯に咲く可憐なユリは、どのような生態をしているのでしょうか?ヒメサユリの開花時期に合わせて是非ご来館ください! HP:只見町ブナセンター
posted by ブナ at 11:30| Comment(0) | おしらせ