2019年02月23日

只見町のあがりこも紹介されている「あがりこの生態誌」が出版

 只見町内の人家近くの山の木を注意深く見ていると時折変わった樹形の木に出くわすことがあります。主幹の地上3mほどの部分が異常に肥大化するとともにそこから多数の幹を出している樹形で、例えるならば、箒(ほうき)を逆さまにしたような樹形と言えば良いでしょうか。
 こうした樹形は、只見地域では、薪材利用を目的に、雪が締まり堅雪になった3月から4月の頃、雪上で幹を伐採し、その後、再生する萌芽幹も繰り返し伐採、利用することで形成されるものです。この樹形は東北地方のブナで見られることが有名で、「あがりこ」と呼ばれますが、只見地域では「もぎっ木」などと呼ばれ、ブナやコナラで多く見られます。
 この巨木・奇木は、樹種の萌芽性などの性質を背景に、多くの場合は人の利用が加わることで形成されており、その姿は過去の人の樹木の利用の歴史や技術を物語るもので、外見的に面白いばかりでなく、人と自然との関係性も学ばせてくれます。
 そうした非常に興味深い「あがりこ」ですが、この度、前只見町ブナセンター長(現只見ユネスコパーク推進専門監)の鈴木和次郎さんが長年の「あがりこ」研究の成果をまとめ、『あがりこの生態誌』として出版されています。只見地域のあがりこはもちろんのこと、日本の他地域のあがりこ、さらには海外の事例も解説・紹介されています。
CCI20190222.jpg
鈴木和次郎さんが出版された『あがりこの生態誌』

 ぜひ本書をもって只見のあがりこについて知っていただくとともに、あがりこを通して人と自然との関係についても考える機会とされてはいかがでしょうか?
 購入は、出版元の日本林業調査会のホームページから
 http://www.j-fic.com/books/isbn978-4-88965-257-4.html
 あるいはAmazonでのインターネット購入していただくほか、
 ただみ・ブナと川のミュージアム、ふるさと館田子倉でも若干数取り扱っています(窓口販売のみの取扱いになります)。
R0019480.JPG
只見町のコナラあがりこ
posted by ブナ at 10:03| Comment(0) | おしらせ

2019年01月12日

「ふるさと館 田子倉」再開します!

改修工事の為にお休みしていた「ふるさと館 田子倉」は、今日から再開します!外観が少し変わりました。

P1120026s.jpg

「ふるさと館 田子倉」は田子倉ダムの建設に伴い、湖底に沈んだ旧田子倉集落の民俗資料館です。桃源郷とも呼ばれ、肥沃な土壌を生かし田畑を営む傍ら、山菜や獣、川魚などの天然資源を利用し、自然に根ざした豊かな暮らしがありました。この資料館では、水没前の生活や文化を豊富な民具や古写真、文献をもとに紹介しています。

場所は、只見駅より徒歩でおよそ4分。只見町役場駅前庁舎のある交差点からすぐです。ぜひご来館ください!

住  所 只見町大字只見字田中1299
開館時間 午前9時〜午後5時(午後4時までにお入りください)
休 館 日 火曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始
入 館 料 高校生以上300円 小・中学生200円(20名以上は団体割引)
     ※「ただみ・ブナと川のミュージアム」と共通チケットです。
問合せ先 TEL. & FAX. 0241-72-8466
施設パンフレットはこちらをクリック 
posted by ブナ at 13:58| おしらせ

2019年01月04日

新年のごあいさつ

新年あけましておめでとうございます。今日も只見町は雪の中。とはいえ、例年よりも雪が少なく、おだやかな年始を迎えています。

DSC_7814.JPG
(今朝のミュージアム玄関正面の様子)

DSC_7818.JPG
(ミュージアム前の段々池はまだ雪に埋もれていない)

昨年もたくさんの方々にご利用いただき、またご協力を賜りまして、誠にありがとうございました。本年も、スタッフ一同、よりよい施設となるよう頑張りますので、変わらずご理解とご協力をいただけますと幸いです。

さて、「ただみ・ブナと川のミュージアム」は、本日より開館しております。冬期も、定休日の火曜日以外は開館していますので、ぜひご来館ください。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。みなさまにとってもすばらしい一年となりますように!

※朝の写真は暗かったので、15時半頃の様子を追加します。晴れてきました!
190104-150853_R.JPG
(浅草岳方面)

190104-150843_R.JPG
(要害山方面)
posted by ブナ at 11:28| おしらせ

2018年12月28日

年末年始の休館のお知らせ

今年もたくさんの方に来館いただき、ありがとうございました。
明日、12月29日〜1月3日までの6日間ただみ・ブナと川のミュージアムは休館になります。今後とも只見町ブナセンターをよろしくお願いします。また、3月18日までの期間、企画展「只見の外来生物−その生態と影響」を開催しておりますので、来年もぜひご来館ください。

年末は日本海側を中心に北陸、東北地方で大雪の予報が出ています。また年始にも寒気の影響が残るようなので、帰省される方は十分にお気を付けください。
只見町も昨晩から降り始めて50cm前後の積雪があります。今年は暖冬といわれるように昨年と比べると今のところ雪は少なそうです。

IMGP4898.JPG

IMGP4890.JPG
posted by ブナ at 15:30| Comment(0) | おしらせ

2018年07月14日

今年ブナの結実状況について

ブナは毎年同じように結実することは無く、年によって豊凶があることが知られています。
只見町のここ最近の豊凶については、2015年(豊作)2016年(凶作)、2017年(凶作)でした。
今年の只見町のブナの結実状況はどうでしょうか。
IMGP4277.JPG

IMGP4278.JPG

写真からも実をたくさんつけていることが分かります。
今年は、結実が可能な樹齢に達している木のほとんどに実がついているようでした。
豊作年になりそうです。
posted by ブナ at 10:00| Comment(0) | おしらせ