2013年06月21日

梁取「学びの森」と大曾根湿原

6月9日に自然観察会を開催しました^^
当日は天候にも恵まれ、エゾハルゼミが鳴くなど初夏らしい陽気となりました。

まず、学びの森では、二次林のでき方や林床の様子について解説を聞きながら観察を行いました。

manabi1.JPG

「あがりこ型樹形」をじっくりと観察することもできましたが、とても虫が多く、虫を追い払うのも一苦労です。

manabi2.JPG

その後、町の天然記念物に指定されている大曾根湿原へ移動し、昼食を取った後、初夏の湿原の観察を行いました。

karamatu1.JPG

karamatu2.JPG

湿地の周囲のカラマツ林が、昔は放牧地だったという話を聞きましたが、今の様子からは想像できません。

oosone.JPG

大曾根湿原は、かつて人の手が加わったことで乾燥化が進み、コケや植物の盗掘もあったそうです。
観察会には19名の方が参加され、貴重な自然を守っていく必要性を感じる観察会となりました。


posted by ブナ at 13:35| Comment(0) | 自然観察会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: