2021年10月27日

今年のブナの堅果生産

 今年の春は2018年から3年ぶりにブナの開花が見られましたが、結実するかどうか気になるところでした。浅草岳につづく平石山のブナ林を歩くと地面にブナの堅果(けんか)が落ちていました!風が吹くとブナの樹冠からパラパラと雨のように堅果が落ちてきます。ただし、生産量はそれほど多くないようです。低標高地のブナ林ではあまり堅果の生産がみとめられず、町内でもブナ堅果生産の状況はばらつきがあるようです。今年の只見町のブナの堅果生産は、並作の下(樹冠の一部に結実)〜凶作(結実が認められない)といったところで、期待したほどは成らなかったようです。

ブナ堅果 (2)a.jpeg
▲ブナの堅果

 ブナの堅果はタンパク質や脂肪分を多く含み、栄養価が高いため、ツキノワグマなどの野生動物の重要な餌資源となっています(人間が食べても美味しく感じます)。平石山の登山道には新しい熊の糞が落ちており、糞の中身を調べてみるとやはりブナの果皮が含まれていました。早速クマも冬に備えてブナの堅果を食べたのでしょう。ブナのほかにもタムシバの種子がたくさん含まれていました。ちなみにブナ堅果の豊凶とクマの人里への出没には関係があるとされ、只見町でもブナ堅果が凶作だった一昨年、去年はクマが人里まで多く出没しました。今年もブナ堅果の成りはあまりよくないようですが、この秋はクマ出没の情報は聞きません。ちょっと今までと傾向が違うようです。

ツキノワグマ糞 (2)a.jpeg
▲ツキノワグマの糞
posted by ブナ at 10:54| Comment(0) | 定点観測
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: