2021年09月10日

夏休み子ども教室主催イベントを支援!

 8月6日と20日に夏休み子ども教室主催、只見町ブナセンター指導で「ビオトープ観察会」、「ストーリーボード制作会」が開催されました。

 8月6日(金)は、「ビオトープ観察会」が黒谷地内のビオトープにて開催され、町内の子どもたち16名が参加しました。

 天気が良く暑い中でしたが、子どもたちはビオトープや小川で思い思いに生きものを探し、最後にブナセンター指導員の解説を聞きながら多様な生きものたちを観察しました。

ブナセンター指導員の解説を聞く子どもたち.jpg
▲ブナセンター指導員の解説を聞く子どもたち

 観察された生きものは、キイトトンボやオオルリボシヤンマの成虫、オニヤンマのヤゴ(幼虫)、コシマゲンゴロウやコガムシなどの水生昆虫、アカハライモリやアズマヒキガエルといった両生類まで約20種にのぼりました。子どもたちは様々な生きものが生息できる環境の大切さを学ぶと共に、次々と見つかる生きものに大興奮の様子でした。

オオルリボシヤンマ.JPG
▲オオルリボシヤンマ

生きものを観察する子どもたち.jpg
▲生きものを観察する子どもたち


 8月20日(金)は「ストーリーボード制作会」が只見町立朝日小学校にて開催され、町内の子どもたち24名が参加しました。

 初めに子どもたちはブナセンターの紙谷館長からブナの森についての話を聞き、ブナの森の仕組みや森に暮らす動植物について学びました。その後、NPO法人お山の森の木の学校の明石浩見さんが制作したブナ材のボードと、様々な生きものを模した木製パーツや木の実などを使用して、一人ひとり思い描くブナの森の物語を自由に表現しました。

ブナの森の話を聴く子どもたち.jpg
▲ブナの森の話を聞く子どもたち

 木製パーツや木の実を貼り合わせるだけでなく、クレヨンやフェルトペンなどを使ってボードに色を塗り、空や川を表現したり季節や時間の変化も表現したりと、子どもたちなりにブナの森の仕組みとそこに暮らす動植物について学ぶことができました。

ストーリーボード制作中の子どもたち.jpg
▲ストーリーボード制作中の子どもたち

子どもたちみんなで記念撮影.jpg
▲子どもたちみんなで記念撮影

 子どもたちのアイデアがたくさん詰まった「ブナの森のストーリーボード」は、現在「ただみ・ブナと川のミュージアム」1Fセミナー室にて9月30日(木)まで展示中です。子どもたちの個性豊かな作品をご覧にぜひお越しください。
posted by ブナ at 17:01| Comment(0) | イベント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: