2019年12月26日

ユネスコエコパーク関連事業 只見こども藝術計画「ブナの森の道具屋さん」展がはじまりました!

 12月16日(木)、「ただみ・ブナと川のミュージアム」の休憩室において「ブナの森の道具屋さん」展が開始しました。
 只見こども藝術計画は、ユネスコエコパークの関連事業として実施され、只見町内の子供たちを対象として、只見町の自然や文化に触れ合い、それらを通した芸術活動(ワークショップ形式)の機会を設けることで、只見町の子どもたちが地域に学び、そして、彼らの未来や才能を拓くことにつながることを目指す活動です。
 ワークショップのテーマは、「ブナの森の道具屋さん」で、只見の子どもたちに只見のブナの森に訪れてもらい、森に潜んでいる生き物たちの暮らしを想像し、その生き物たちが使うかもしれない道具を子どもたちに創作してもらうものです。まさに、自然の恵みを生かして暮らしてきた只見ならではのワークショップです。講師にはアーティストの岩田とも子さん、福島県立博物館専門学芸員の小林めぐみ先生を迎えて実施しています。
 今年度は、朝日振興センターの協力をいただき、朝日地区の放課後こども教室の子どもたちと一緒に10月からワークショップを重ねてきました(これまでの詳しい活動の様子は、只見ユネスコエコパークのホームページからご覧いただけます。http://tadami-br.jp/)。
 「ただみ・ブナと川のミュージアム」の休憩室では、ここまで子どもたちが只見のブナ林で集めた素材を使って創作した「森の生きものが使う道具」や「看板文字」、展示会を知らせるブナの葉を描いた招待状、さらには岩田さんが自然素材で作ったアート作品など展示されています。只見の豊か自然と子どもたちの素敵な創造力のコラボレーションを見にぜひお越しください!展示の見学は無料で、2月24日(月・祝)まで公開されています。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
只見こども藝術計画「ブナの森の道具屋さん」展
■場所:ただみ・ブナと川のミュージアム 休憩室
(〒968-0421 福島県南会津郡只見町大字只見字町下2590番地)
※休憩室利用・本展示の見学の場合は入館料は必要ありません。
■日時:〜2020年2月24日(月・祝) 午前9時〜午後5時
※毎週火曜(祝祭日の場合は翌平日)、年末年始は休館となります。
---------------------------------------------------------------------------------------------------

flyer_bmd_アートボード 1.png
posted by ブナ at 10:54| Comment(0) | 展示
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: