2019年11月23日

ブナセンター講座「地層からひもとく只見の自然」


 2019年11月16日(土)に元福島県立博物館専門学芸員の竹谷陽二郎氏を講師にお招きし、ブナセンター講座「地層からひもとく只見の自然」を開催しました。この講座は現在行われている企画展「只見の地形と地質」に関連したものです。

 はじめに、竹谷氏は只見の地形を特徴ごとにいくつかのカテゴリーに分け、それぞれの地形がいかなる地質によって構成されているのかを説明されました。


 山地地形として起伏が600m以上の大起伏山地は、只見町では伊南川および田子倉ダムより南の奥地に主に分布しており、会津朝日岳(1,624m)や丸山岳(1,820m)などの山が連なっています。これらの地形はジュラ紀に形成された泥岩やチャートなどの古く硬い岩石によって構成されており、山地の尾根の延びの方向が地層の延びとおおむね一致しています。


 起伏量が400〜600mの中起伏山地は、只見町南部の大起伏山地の周囲を取り巻くように分布している一方で、只見町北部や金山町境界部、さらに北西部の叶津川流域にも分布が見られます。しかし、その地質構成は北部と南部で異なっており、北部は新第三期中新世に噴出した比較的硬質な流紋岩や玄武岩の溶岩で構成され、南部は白亜紀に貫入した花崗岩や、新第三紀前期中新世の滝沢川層の凝灰岩により構成されています。


 小起伏山地(起伏量200〜400m)は、伊南川流域や只見川沿い、蒲生川と真名川流域などの各河川流域のほか、只見町東部の小林・梁取・布沢地域で確認されます。その地質構成は多様であり、中期〜後期中新世前期に堆積した凝灰岩・泥岩・砂岩など比較的軟質な岩石のほか、後期中新世後期の溶結凝灰岩や、布沢堆積盆などによって構成されています。


 こうして地形と地質の関連を捉えると、只見町では起伏量が多い地形は古く硬い地質によって構成されており、逆に起伏量が少ない地形は比較的やわらかい地質によって構成されていることがわかります。只見町の地形と地質はある程度分布ごとに一致する傾向があることが特徴です。しかし竹谷氏によれば、必ずしも地形と地質構造が一致するわけではなく、一致しない事例も確認されているとされます。


 山地に対して、只見町の平地は只見川と伊南川に沿って分布しておりますが、伊南川は只見町に入り流向を北から西北西に変化します。この流向の変化にも地質が影響を及ぼしており、竹谷氏はその地域が西北西―東南東方向の軸をもつ沈降帯であったことと、その方向をもつ伊南川断層による破砕帯に沿って流れたためだという推測を紹介されています。只見川と伊南川流域の低地には、大きく4段の段丘面が確認されており、大地が隆起した結果として段丘が形成されるため、高い段丘面ほど古い地層によって形成されています。

DSC_2954.JPG

DSC_2969.JPG
▲只見町の地形・地質について説明する竹谷氏

 さらに、竹谷氏は地層の岩相や化石の証拠などから推定できる地層の年代と堆積環境、すなわち只見の大地の成り立ち(地史)を解説されました。只見地域の地史は時系列順に6つの時期区分が設けられています。その区分は古い順に次のように分けられます。

@付加体の形成(ジュラ紀):只見の大地の基盤をなす檜枝岐層群が海底で形成された時代

A花崗岩マグマの貫入(白亜紀後期):大規模な火成活動により花崗岩マグマが基盤岩分布地域に貫入した時代

Bグリーンタフ堆積盆の形成と分化(前期中新世〜中期中新世前期):海底火山活動により只見地域の滝沢川層・大塩層・小川沢層が堆積した時代

C布沢堆積盆の形成(中期中新世後期〜後期中新世前期):只見地域の布沢層・松坂峠層が堆積し、海が後退した時代

Dカルデラ火山の誕生(後期中新世後期):只見地域の南会津層(駒止峠層)・八塩田層が堆積し、只見地域が完全に陸化した時代

E第四紀火山と段丘の形成(第四紀):浅草岳などの火山と、只見川・伊南川沿いの河岸段丘が形成された時代


 竹谷氏は、まだ十分な解明が進んでいない只見地域の地質の特徴として、布沢層から産出される樹木の葉っぱなどの化石の存在を挙げています。布沢層上部は水深150〜200mの内湾の海底のような環境で堆積した地層ですが、なぜ深い海で堆積した地層で葉っぱの化石が見つかるのでしょうか?竹谷氏は推測の一つとして、洪水などで葉っぱが水に浮かばずに沈み、そこからゆっくりと海の底へ落ちていったのではないか、という説明を挙げましたが、非常に不思議で興味深い事象だとお話しされました。

DSC_2976.JPG
▲聴講する参加者の様子


 上記の説明をふまえ、最後に以下のまとめが行われました。

1.只見地域の地形は、地層の岩相や地質構造が強く反映されている。
2.只見地域の大地は、およそ3億年にわたる時を経て形成された。
3.只見地域の大地の成り立ちは、東北地方日本海側を代表するものである。
4.地層・岩石・化石や地形など大地の貴重な遺産がよく保存されている。
5.地形・地質遺産の中には、他の地域には見られないユニークなものが多々ある。

 その後、参加者から様々な質疑が寄せられ、活発的な議論が行われました。ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

DSC_3001.JPG

DSC_3009.JPG
▲竹谷氏に質問をする参加者

posted by ブナ at 14:35| Comment(0) | ブナセンター講座
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: