2019年10月09日

野鳥観察会の報告

去る9月28日に野鳥観察会「只見町の秋の鳥〜渡ってくる鳥・去る鳥」を開催しましたので、遅くなりましたがご報告します。

この観察会は、企画展アーカイブ「只見の野鳥とその生態」に関連して開催したものです。「ただみ・ブナと川のミュージアム」に集合し、隣接する水の郷只見川公園、そこから只見川沿いに只見ダムまで移動しながら野鳥観察を行いました。

隣接する水の郷只見川公園には高木になったシロヤナギが生育しています。開会の挨拶をしていると早速その周辺から騒がしい鳥の声が聞こえてきました。

IMGP6059_RR.jpg

声の主はヒヨドリです。数十羽のヒヨドリが集まっていました。ヒヨドリは日本では普通に見られる鳥ですが、日本とその周辺にしか生息しない世界的には珍しい鳥です。周年を通して見ることができる地域がほとんどの鳥ですが、渡りをする個体と留鳥型の個体の両方がいることが知られています。この場所に集まっていた集団はおそらく渡り途中の集団と思われます。

葉に隠れてなかなか探し出せませんが、参加者は双眼鏡や望遠鏡でなんとか姿を確認することができました。公園内の丘に上がると、数羽の群れが時折飛び立ち移動する様を確認できました。

IMGP6061_RR.jpg

公園内の水辺にできたヨシの中には、夏に繁殖していたオオヨシキリの巣を見ることができました。

DSC_0941_RR.jpg

DSC_0945_RR.jpg

川沿いを移動しながら、水辺の鳥を探しました。ハクセキレイ、セグロセキレイ、キセキレイの3種揃って生息していました。
また、山の斜面にはナラ枯れの被害木を見ることができ、その原因や現状などについてもお話ししました。

DSC_0947_RR.jpg

道々、ゴマナやノコンギク、オトコエシといった秋の花も観察しました。

DSC_0949_RR.jpg

ダム湖には冬鳥のキンクロハジロがやってきていました。他にカワウやアオサギ、カルガモなどおり、トビが湖面からさらうように魚を獲るシーンも見ることができました。

IMGP6082_RR.jpg

参加者は12名。ゆっくり歩きながら様々な只見町の秋を観察することができました。
posted by ブナ at 14:15| Comment(0) | 自然観察会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: