2019年04月30日

自然観察会「新緑のブナ林を歩く」

4月29日(月)に布沢にある癒しの森で、春の自然観察会を実施しました。

この日は天気が良く、午前9時頃の時点で気温が15度もありました。
癒しの森駐車場で集合し、準備運動や観察会の注意事項などを確認すると、さっそく癒しの森の中に入っていきました。
IMG_5518.JPG

癒しの森にはまだ雪が残っておりましたが、木々の根本にはぽっかりと雪がない「ネアキ」と呼ばれる隙間があります。幹周りの雪が早く解ける主な理由は諸説ありますが、どんなに暖かくなっても雪の表面温度が0℃で保たれるのに対して、幹の表面は日差しを吸収して温度が上昇しやすいため、雪面と大きな温度差が生じることが一つの理由と考えられています。うっかりこの隙間に足を滑らせてしまうと危険な場合があります。

下の写真の右側の木の根に見られるのがネアキです。
ネアキ.JPG

ブナ林が見えてきたところで、ブナの樹の特徴を説明しました。

ブナは日本列島の冷温帯落葉広葉樹林を構成する代表的な樹種であり、日本海側の多雪地域を中心に分布しています。ブナの結実は、基本的には隔年結実で、5−7年に一度豊作年があります(昨年の只見は豊作年にあたりました)。また、積雪は、ブナの堅果をげっ歯類からの捕食から守ったり、乾燥から防いでくれるなど、ブナの「更新」(自然に落下した種子から樹木が成長すること)に役立っています。

ブナの生育にとって雪は非常に重要な要素であるといえます。
IMG_5529.JPG

癒しの森を歩いていると、鳥の鳴き声がよく聞こえてきます。
この日は、ドラミングと呼ばれるキツツキ類が木をつつく音や、イカルの鳴き声が聞こえてきました。

「国界の大ブナ」と呼ばれる交流広場に到着しました。
こちらは、大ブナが倒れたことにより、空を見上げると、空間がぽっかりあいているのがわかります。その結果、ブナによって遮られていた日差しが地面にまで降り注ぎ、タラノキなどの陽樹が新たに生育していました。一本の樹の動向が森の様々な動植物に影響を与えることで、森自体が日々変化しているのだと気付かされます。
IMG_5561.JPG

「青春広場」に着きました。只見町出身のお客様の中には、子どものときによくここまで遊びに来たという方もいらっしゃいました。この青春広場では、ブナの「二次林」(一度伐採された後に再生した林)が見渡せます。これらのブナをよく観察すると、同じ時期に更新したにも関わらず、高さにばらつきがあるのがわかります。
IMG_5577.JPG

林床にはエゾユズリハやヒメアオキなどのいわゆる日本海要素と呼ばれる常緑低木が生育しています。これら常緑の植物が厳しい冬を越せるのは、やはり積雪が冬季の低温や乾燥から守ってくれているからと考えられます。
IMG_5589.JPG

ようやく、「大岐 戸坂山 眺め」までたどり着くことができました。ここで待ちに待ったお昼休憩です。
IMG_5620.JPG

帰り道は、タムシバという白い花を咲かせる樹木や、只見では地肌がざらざらしていることから「ジサガラ」と呼ばれるケアブラチャンの良い香りを楽しみながら、みなさんで記念写真を撮りました。
IMG_5626.JPG

IMG_5624.JPG

天気も良く、とても気持ちの良い観察会になりました。
ぜひまたご参加していただければ幸いです。

posted by ブナ at 12:06| Comment(0) | イベント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: