2018年09月26日

ブナセンター講座「只見の古民家は何の木でつくられているのか?」

秋も深まる9月24日、ブナセンター講座を開催しましたのでご報告します。
今回のブナセンター講座は、自然環境・社会文化基礎調査として、只見町が委託した古民家実態調査の成果報告会です。講師は、この調査を行ってくださった信州大学准教授の井田秀行氏です。井田氏は、森林生態学を専門とされていますが、古民家が好きで古民家に暮らし、その延長で古民家の原材料の樹種についても調べ始めたそうです。今回は、平成27年から29年度にかけて只見町で調査した使用樹種を調べた7棟と43軒の聞き取り調査の結果をご報告いただきました。

P9240096_RR.jpg
▲ 解説をする井田氏

古民家は木や草といった自然でできており「自然と人の関わりの集大成」です。古民家を調べるとその地域の自然環境を理解することができるということです。只見町には157棟ほどの古民家があり、キタゴヨウが多用されていることが大きな特徴だったそうです。キタゴヨウはゴヨウマツの変種で、雪の多い地域に生育し、只見町では尾根上に馬のたてがみの様に生えているよく目にする植物です。ほかに民家普請に関する聞き取り調査の結果などをお話しいただきました。

P9240122_RR.jpg
▲ ほぼ満員の会場

講座には47名の方にご参加いただきました。ありがとうございました。
なお、この古民家実態調査の結果は、ただみ・ブナと川のミュージアムにおいて展示で紹介しています。会期は10月31日までです。ぜひご来場ください!
posted by ブナ at 13:50| イベント