2018年09月15日

カツラの紅葉がはじまりました

日が短くなり、秋の気配が近づいてきました。
ただみ・ブナと川のミュージアムに隣接する水の郷只見川公園の今日の様子です。

180915-150053_R.JPG

よく見ると、はやくもカツラの葉が色づいていました。

180915-150059_R.JPG

雨の降らない7月とはうって変わり、8月の下旬から雨の日が多くなりました。8月24日から昨日9月14日までの22日間で全く雨が降らなかったのは4日間だけでした。
そのおかげか山ではキノコがすくすくと育ち、ミュージアムにも何人か見せに来てくださいました。

これはオオワライタケとのこと。ナメコの様なきれいな形のキノコですが、毒があり、食べると顔の筋肉が痙攣して笑ったように見えることからついた名前だそうです。

180910-150047_R.JPG

以下は調査の時にブナ林で見つけたキノコです。
こちらは間違いなくタマゴタケ。

180907-100848_R.JPG

マイタケ!と思いましたが、時期が早いのでトンビマイタケではないかと思います。

180907-075911_R.JPG

表面がトゲトゲしているのでホコリタケの幼菌のようです。

180907-080325_R.JPG

キノコ類は識別が難しいので要注意です。知っているキノコ以外は食べないようにしましょう!
posted by ブナ at 16:13| できごと