2018年09月02日

『ただみ観察の森』観察会 第2弾「下福井のブナ水源林に行こう!」

9月1日に下福井のブナ水源林で観察会を開催しました。この森林は下福井集落の水林(みずばやし)として、100年以上、伐採されることなく大切に保護されてきました。ブナ林の手前には水源を守るためにスギが植えられていますが、過湿な土壌や多雪環境からスギの成長が悪く、ミズナラ、クリ、ホオノキ、ブナなどが侵入し、スギと広葉樹の混交林となっています。
この日はあいにくの雨でしたが、県内外から9名の参加者が集まり、多雪地特有の森林の成り立ちや、人の生活との関わりを観察しました。

P9010072_RR.jpg

林床(森林の中の地表面)はユキツバキが優占していました。多雪地のブナ林では、林床を優占するユキツバキがよく見られます。ユキツバキの枝はしなやかで、雪の圧力に耐えることができ、地を這うように生育していました。横に伸びていった枝からは、新たに根を出すことができ、数を増やしていきます。

P9010087_RR.jpg

上層のブナの枝を双眼鏡で見てみると、実がたくさんついているのがわかりました。地面には今年の実はまだ落ちていなかったので、昨年の実を拾って観察しました。

P9010098_RR.jpg

観察会が終了するころ、ようやく雨が止みました。雨の中、林内を歩くのは不自由なこともありますが、雨に濡れていきいきとした、美しいブナ林を観察できました。天候によって、林内の雰囲気は大きく変わります。同じ場所でも、さまざまな様子みせる森林を見比べてみては楽しめるのではないかと思いました。

P9010114_RR.jpg
posted by ブナ at 11:49| 自然観察会