2018年08月09日

8月5日「浅草岳山麓 大久保沢のブナ林を観察しよう」

 去る、8月5日に浅草岳の只見沢登山沿いで夏の観察会を開催しました。
 只見沢登山道は、入り口の只見沢対岸に春先の雪崩により形成された雪食地形が卓越して見られ、その斜面には尾根のキタゴヨウ林、雪崩斜面のミヤマナラなどの低木林というふうにそれぞれの植物群落が成立するモザイク植生が成立しています。また、登山道沿いには、トチノキ・サワグルミなどが構成する山地渓畔林や自然度の高いブナ林を見ることができます。今回は、登山道入り口から大久保沢の水場を経由し、田子倉眺めまでの往復6qの行程で、ブナ林をはじめとして立地環境の違いによる成立している森林植生を観察しました。

 沢などの谷部では、斜面崩壊や沢の氾濫などの攪乱(生物の生息環境を変化させるできごと)がよく起こり、そうした場所ではそれに耐えることのできる植物が生育しています。只見町の渓畔林でよく見られるサワグルミはそうした攪乱初期や頻度の高い場所で生育することができます。そののちに環境が安定してくるとトチノキが生育します。そうした自然の遷移の流れを只見沢近くに見ることができます。
IMGP4127.JPG
サワグルミ林

 そうした沢の一段うえの土壌の安定した場所にブナ林が見られます。只見町のような豪雪地帯では、ブナ林内で見られる植物数は比較的少なく、高木層のほとんどをブナが占める純林を形成します。また、ブナ林は下層植生にササを伴うものが一般的ですが、観察地を含む只見川以西を中心に林床にユキツバキを伴うブナ−ユキツバキ群落が見られます。
IMGP4128.JPG
林床にユキツバキが生育するブナ林

 大久保沢の水場の前にはブナの巨木があり、その下に今年のブナの雄花がたくさん落ちていました。雄花や殻斗を手に取り、見てもらいながらブナの繁殖について説明しました。
IMG_5225.JPG
大久保沢の水場

 大久保沢の水場から傾斜がきつくなりどんどんと標高を上げていきます。周辺に見られていたブナ林も尾根周辺まで上がるとミヤマナラ、マルバマンサクなどの灌木が見られるばかりです。山の急な斜面では、雪崩に耐えることのできる灌木、尾根では貧栄養でも生きることのできるツツジなどの仲間が見られます。そうした周辺の植生の変化を堪能しながら、ガレ場を抜けると田子倉湖が一望できる折り返し地点の田子倉眺めにたどり着きました。

IMGP4373.JPG
田子倉眺め

 そこからは、田子倉ダムだけは無く、鬼ヵ面の万年雪や浅草岳頂上部などが一望できます。つらかった登りを抜けて見られる展望に参加者の方も驚嘆していました。

 今まで開催してきた観察会の中でも非常に大変な行程の観察会でありましたが、ブナ林をはじめとした森林植生や雪食地形などの只見町を代表とする自然景観等について広く知ってもらう良い機会となりました。

1.IMGP4375.JPG
田子倉眺めにて

2.IMGP4391.JPG
大久保沢の水場にて
posted by ブナ at 13:55| Comment(0) | イベント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: