2018年07月05日

ブナセンター講座「工芸―自然と人をつなぐものづくり」

気温が30度を超える真夏日になることもあり、すっかり夏の到来を感じます。

7月1日(日)にただみ・ブナと川のミュージアム セミナー室でブナセンター講座を開催しました。
今回は福島県立博物館専門学芸員の小林めぐみ氏をお招きして、「工芸―自然と人をつなぐものづくり」というタイトルで行いました。

IMG_5034.JPG

小林氏は喜多方の漆掻き職人さんの作業の様子を見た際に、”工芸は自然から分けてもらっているものだ”という気づきがあったそうです。そこから、自然と人との関わりについて福島県内の工芸品と産地の事例を交えながらお話がありました。
IMG_4977.JPG

講演の途中、現在ブナと川のミュージアム2階ギャラリーで行われている企画展アーカイブ「只見の手工芸」の会場に移動し、ギャラリートークが行われました。
参加者の方から積極的に質問が出たり、講師の方から町民の方に質問がされたりしました。

IMG_4980.JPG

その後セミナー室に戻り、講演の後半では、伝統的なものづくりや文化を残し、伝える方法のひとつとしてアートプロジェクトの紹介がされました。小林氏が携わった福島県内で行われたアートプロジェクトの中で、アーティストが地域に入り、それぞれの視点で地域の伝統文化やものづくりを発信した様子を知ることができました。

また、講演の中では自然の恵みを活かしながら、雪降る冬の間に手仕事をする只見地域の伝統的な暮らしの豊かさについても触れられました。そういった文化、暮らしを継承し、知らない人にむけて発信して欲しい、ぜひ手本となっていってほしいというお話がありました。

講座には約30名の方が参加され、漆掻きの映像やプロジェクトの紹介を皆さん興味深くご覧になっていました。
自然と人とが共生する社会を目指すユネスコエコパークの理念と繋がるお話が多くあり、只見ユネスコエコパークの推進拠点であるブナセンターにとっても非常に参考になるご講演でした。

引き続きブナと川のミュージアム2階ギャラリーでは企画展アーカイブ「只見の手工芸」を開催しています。みなさまぜひお越し下さい。

只見の手工芸.jpg
posted by ブナ at 12:06| Comment(0) | ブナセンター講座
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: