2018年03月11日

只見町野生動植物保護監視員 活動報告会

平成28年6月に「只見町の野生動植物を保護する条例」が制定されました。保護監視員は、この条例の中で、只見町の自然環境と野生動植物の保護・保全の担い手として定められています。具体的には、町内の野生動植物の不当な採取等を把握することと町民に対して野生動植物の保護・保全に取り組む姿勢を示すことが役割となっています。保護監視員には、只見町公認自然ガイドや自然との関わりのある方を委嘱し、町との協力のもと活動を行っています

IMG_4253.JPG
<報告会の様子>

3月4日に保護監視員の平成29年度活動報告会が行われ、14名が参加しました。
報告会では、今年度の活動状況について報告が行われました。
保護監視員の皆さんは、山に入る際に保護監視員の帽子・腕章を身につけるなど普段の生活の中で不当な採取行為がないか気を配られたり、自然ガイドの際に条例や町が行っている自然環境の保護・保全の取り組みについて周知するなど活動に努められていました。
町民に対して野生動植物の保護・保全に関する啓蒙が必要であると意見が出ました。また、保護監視員としての活動の仕方や町内での野生動植物の不当な採取を見つけた際の報告手順などについて質問などがありました。
posted by ブナ at 12:24| Comment(0) | できごと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: