2017年03月25日

冬の自然観察会

先週末の3月19日(日)に自然観察会「冬のブナ林で野鳥を探そう!」を行いました。

この日の早朝、雪ではなく、大雨。雨だけはやめて!という願いは崩れ去りました。しかし、開始時間の9時半に近づくにつれて、お天気は快方に。観察会の間だけ、奇跡的に雨に降られず、観察会を行うことができました。

この自然観察会の目的は、只見町の最大の特徴である多雪を体験すること、野鳥を観察してみること、スノーシューで雪上を歩くこと、雪の下に埋もれた植物たちの様子を見ることでした。

天気が悪かったため、最初に館内で、多雪が自然環境や生活に与える影響についてお話ししてから、外に出ました。入口付近で、双眼鏡の使い方をレクチャーしました。本格的に双眼鏡を使うのは初めてという方も多くおられましたが、みなさんすぐに要害山の雪崩もしっかりと見ることができるようになりました。

DSCF1615_RR.jpg

観察地に着いて車を降りると、みなさんさっそく野鳥を探し始めました。そうこうするうちに、なんと!オジロワシが飛翔しているのを見つけました!野鳥はいつも同じところにいるわけではないので、野鳥を見ることができるかは運です。翼を広げると2メートルを優に超すオジロワシを見ることができたことで、ほっと胸をなでおろしました。

DSCF1619_RR.jpg

スノーシューを装着するとブナ林に入りました。雨の後で雪質が悪く、一歩一歩踏みしめながら歩きました。ここは、集落すぐの裏山で、標高400メートルほどです。個人の方の土地で、ブナの天然林だったものをおよそ60年前に皆伐し、一時期、ミズナラやクリの混じる雑木林となっていました。およそ30年前に、キノコを育てるホダ木としてミズナラやクリを選択的に伐採し、その後放置したため、今ではブナの単純林になっています。

DSCF1633_RR.jpg

まずはブナの特徴を伝えて、どれがブナの木か探してもらいました。さらに、雪の深さを測ってみました。参加者全員に予想してもらいましたが、一番近かったのは小学校1年生の二人でした。正解は、1.38メートル。今年はあまり雪が深くありません。

DSCF1642_RR.jpg

雪を掘って、その中に埋もれている植物の様子も見てみました。林床の低木は、雪の重みで地面に押し倒されて冬を過ごします。しかし、雪の下になることで保温され、また乾燥から守られるというメリットもあります。只見町には、そのような、多雪に耐え、多雪を利用することのできる特徴を持った植物たちが生育しているのです。

DSCF1656_RR.jpg

ぐずぐずになった雪に滑りながら、ブナ林を後にしました。すべって転んでも大笑いです。

DSCF1666_RR.jpg

観察会には19名の方が参加され、只見町の冬の自然を満喫していただくことができました。ありがとうございました!

DSCF1670_RR.jpg
posted by ブナ at 17:17| 自然観察会