2017年02月25日

【お知らせ】只見町の雪を記録しよう〜写真による自然記録会

来週3月4日(土)に、猪又かじ子写真教室「只見町の雪を記録しよう〜写真による自然記録会」を開きます。
コンパクトカメラやスマホで写真を撮ることがよくあると思います。ちょっとしたコツをかじ子さんに教えてもらいませんか?

自然記録会の詳細はこちら↓
http://www.tadami-buna.jp/event.html#syasinnkyousitu

下見にいらっしゃったかじ子さんと、ただみ・ブナと川のミュージアムの周辺を歩きながら、写真を撮りました。
DSCF1364.jpeg

一足お先に、かじ子さんにちょっぴりコツを教えてもらいました。

その1
日の差すチャンスをとらえよう!
雪の時期、写真が平板になりがちです。晴れ間の訪れた時がシャッターチャンスです。下の2枚を比べてみてください。日が差した時の写真は影ができることによって、雪の表面の起伏が見えます。
DSCF1396.jpeg
DSCF1397.jpeg
日が差した時に慌てて撮ったので、橋の欄干も写ってしまいました。慌ててはいけませんね。

その2
見立てを楽しもう!
雪の壁の一部が溶けて、小さなツララができています。逆さまのカタツムリの角に見えませんか?
DSCF1400.jpeg

その3
露出をアンダーに!
撮りたい景色の一部に光が当たっている時に、露出をアンダーにします。下の2枚の上の方は露出-1(アンダー)にしています。光の当たった部分が浮き上がって、印象的です。
DSCF1387.jpeg
DSCF1386.jpeg
*カメラによって設定の仕方が違います。「メニュー」の中にありませんか?

ほんの少し、気を使うことで写真が印象的になって、写真を撮ることが楽しくなりました。
当日のお天気が気になります。お天気によっても撮れる写真は違ってきそうです。みなさま、お誘い合わせの上でのご参加をお待ちしております。

*参加申し込み・お問い合わせ
    只見町ブナセンター事務局 電話0241−72−8355
posted by ブナ at 16:03| Comment(0) | イベント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: