2016年05月03日

5月1日に春のブナ林観察会がありました。

5月1日は、早朝から雨が降り続き、観察会中も雨が降ったり、止んだりと悪天候の中ではありましたが観察会を行いました。
今回は47名と参加者が多かったので、只見町公認ガイドのお二人にガイドボランティアとして参加いただきました。
観察会は10人ほどのグループに分かれて、新緑のブナ林を解説しながら歩きました。

160501-114428_R.JPG

癒しの森は只見町と金山町の郡界に位置します。看板のある入口から入るとカラマツやスギの人工林とナラ林から次第にブナの優占する林になります。
ブナ林に入ると去年落ちた種子から芽が出ていました。これがブナの実生です。
大きく育ったブナの葉と違って丸くかわいらしい形をしています。

160425-141826_R.JPG

癒しの森の中には老齢な樹も多く、中でも大きいのは「国境のブナ」と呼ばれる直径が1.3m近くあるブナです。残念ながら3年前に倒れて上を見上げると大きな穴(ギャップ)が見えます。ここでは全体でこのギャップの下でどういう植物が成長していくか(ギャップ更新)について説明しました。

160501-112005_R.JPG

癒しの森には青春広場と呼ばれるブナの二次林があります。そこは細めの幹の木が一斉に生えているので若く爽快な印象を受けます。時おり、太陽の光が短い間時間ですが差し込み、なおさらさわやかでした。その先には大きなオオウラジロノキがあります。只見町ではヤマナシと呼ばれ、実はお酒に漬けて薬にすることができます。悪天候のためここで引き返しました。道中参加者の方から質問があったり、珍しいものがあると立ち止まり解説したりできたので、いろいろな発見のあった観察会になったように思います
癒しの森から森林の分校ふざわに帰ってきて、昼食をいただきました。
昼食が終わった後に公認ガイドの方から癒しの森の由来など話していただきました。
皆さん、興味深く聞き入っていました。

160501-130206_R.JPG

外出を考えてしまう雨の日ですが、そういった日だからこそ見られるものもあって楽しい観察会になりました。

160501-112231_R.JPG
posted by ブナ at 09:33| Comment(0) | 自然観察会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: