2016年04月29日

ブナの実生

「実生」と書いて、「みしょう」と読みます。種子から芽生えたばかりの、いってみれば赤ちゃんの植物のことです。

ブナは数年に一度、「なり年」、つまり、たくさん実をつける「大豊作」の年があります。昨年(2015年)は、大豊作でした。只見町のあちこちで、実をつけたブナが見られました。

実には種子が2個ずつ入っています。実を覆うトゲトゲしたカバーを殻斗(かくと)と言います。2015/8/11
DSC_3429.jpeg

秋にはブナの森の地面にたくさんの種子が落ちていました。拾ってきた種子をプランターにまきました。ブナの種子は乾燥に弱いのですが、只見では冬の間、雪の下にあるので、乾燥することはありません。

一冬越した種子が芽生えました!2016/4/8
DSCF9849.jpeg

しばらく、茎が伸びて種皮をつけたままのこの状態が続きました。2016/4/21
DSCF9443.jpeg

子葉(ふたば)が開きました!分厚くて濃い緑色です。葉には筋が入っていて、種子の中に折りたたまれて入っていたことがわかりますが、よく、こんな分厚い葉が小さな種子に入っていたものです。2016/4/25
DSCF9492.jpeg

今日、本葉が開きました!ブナの最初の本葉の縁は少しギザギザしています。芽生えて1年目のブナはこれ以上、葉をつけることはほとんどありません。これから、何十年、何百年とかけて大木に育っていきます。2016/4/29
DSCF9503.jpeg

山ではブナの葉がすっかり開いています。開きたての葉は柔らかく、たらんと垂れています。ライトグリーンでさわやかです。葉の表面には白い毛が生えています。もう少し経つと、この毛はとれて光沢のある濃いグリーンの葉なります。(一番最初の写真を見てください)
DSCF9398.jpeg

今、町中からブナの新緑がよく見えます。もう少しするとナラ類が葉を開いて、やがては、ブナもナラも区別ができないほど、山全体が深い緑となるでしょう。今年は、ブナの実生をたくさん見ることができます。足元にご注意ください。

posted by ブナ at 20:49| Comment(0) | できごと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: