2016年04月07日

只見町の鳥たち

今日の只見町は久しぶりにまとまった雨が降っています。
それまでは最高気温21度を記録するなど暑いくらいのお天気でした。

雪どけの斜面には次々と春植物が顔を出し、青紫のきれいなエゾエンゴサクが咲いていました。
IMG_5822_R.JPG

陽気を利用して、町内ではあちこちで大根干しが行われていました。
IMG_5907_R.JPG
乾燥させることによってカルシウムなどの栄養素が高くなり、旨みも凝縮されるんです。

そんな中、「ピョーッピョーッ」っと、ひときわ大きな鳴き声が。
IMG_5894_R.JPG
声の主はこちら。

なんとアオゲラでした!!
IMG_5891_R.JPG
日本固有種で、背中と翼の緑色、顔の赤色が特徴です。
キツツキ類は木の枝をスルスルと移動し、枝の中を動き回るのでなかなか良い写真が撮れません。
この時はラッキーでした!

ちなみに同じキツツキ類のアカゲラ。
IMG_5386_R.JPG
キョッキョッと鳴き、すばしっこい鳥です。

こちらは2月の吹雪の日に屋内に迷い込んできたジョウビタキ。
IMG_5414_R.JPG
お腹がとても美しいですね。

ホオジロもあちこちでさえずっています。
IMG_5845_R.JPG
暖かくなってスズメやムクドリなど鳥たちの姿もどんどん増えてきました。

ツバメが来るのが楽しみです。
posted by ブナ at 10:58| Comment(0) | 野鳥
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: