2016年02月15日

ミニ観察会「雪の公園を歩く」を開催しました!

只見町ブナセンターでは、2月13〜14日に行われた只見ふるさと雪まつりに合わせてミニ観察会「雪の公園を歩く」を開催しました。
初日は、気温も上がり暖かい中、かんじきを履いてブナセンター隣接の水の郷只見川公園を散策しました。
今回はその様子をお伝えします。

まずは、かんじきを履かずに雪の上を歩きました。今年は積雪が少なかったのですが、それでもかんじき無しでは足がズボズボと沈んでしまいます。

160213-125915-DSC_7776_R.JPG
▲かんじき無しでの歩き心地を確認

次にかんじきを履きました。かんじきのひもの結び方は少し複雑で、悪戦苦闘している方もいました。最初にきっちりと結ぶことが重要です。

160213-143454-DSC_7832_R.JPG
▲かんじき履きに挑戦

かんじきを履き終わったら、いよいよ散策開始です。

160213-144013-DSC_7838_R.JPG
▲公園の入口から観察会スタート

雪の上をザクザクと進んでいきます。皆さん、靴だけの時より、かなり歩きやすいと驚いていました。

160213-130553-DSC_7782_R.JPG
▲かんじきに慣れるため、まずはゆっくりと歩きます

歩き慣れてくると、それぞれ思い思いに歩きながら散策が続きます。

160213-144846-DSC_7841_R.JPG
▲かんじきを履いた歩行にも慣れてきました

今回の観察会では、かんじき体験の他に公園内に生えている樹木の冬芽を観察しました。
冬芽とは、越冬し春になると葉や花になる芽のことです。
只見町を代表する樹木であるブナの冬芽やフサフサの毛で覆われたキタコブシの冬芽、そして樹液で覆われてネバネバするトチの冬芽といった特徴的な3種の樹木の冬芽を、実際に触って違いを確認しました。

160213-145127-DSC_7852_R.JPG
▲ブナの冬芽を観察

160213-131703-DSC_7795_R.JPG
▲キタコブシの冬芽をパシャリ

その後、公園内最高峰の小高い丘を登り、周囲の山々を眺めました。当日は曇り空でしたが、浅草岳や要害山、蒲生岳など只見の代表的な山をきれいに見ることができました。

160213-145948-DSC_7859_R.JPG
▲かんじきを履いていればこんな丘もへっちゃらです

最後は、斜面を下り、公園をぐるりと回って終了です。皆さん、まだ、足跡の付いてない真っ白な斜面を勢いよく下っていきました。

160213-150752-DSC_7873_R.JPG
▲雪の斜面を気持ちよく駆け下りる

今回の観察会は、雪の少ない地域からの参加者が多く、普段履く機会が少ないかんじきの履き心地や冬芽の観察を楽しまれたと思います。

ブナセンターでは、今後も季節とともに鳥の観察会や春植物の観察会など、様々な企画を行う予定です。ぜひお誘いあわせのうえ、ご参加ください。


posted by ブナ at 13:32| Comment(0) | 自然観察会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: