2016年02月10日

アニマルトラッキング

只見町は8日にマイナス10度を下回り、放射冷却でキンキンに冷えました。
こんな日は堅雪渡り日和。カチカチになった雪の上をどこまでも歩くことができます。
IMG_4869_R.JPG

久しぶりの澄み切った青空に、あたり一面光り輝く表面霜も見事でした。
IMG_4977_R.JPG

人家周辺にはシジュウカラがさえずっていました。
IMG_4844_R.JPG

林の中では一生懸命餌を探しています。
IMG_5004_R.JPG
ヒガラやコガラにも似ていますが、背中が緑がかっており、首から腹にかけてネクタイのような黒い模様がシジュウカラの特徴です。

橋のたもとまで歩いていくと、橋の上にはかんじきとウサギの足跡。
IMG_4766_R.JPG

このケン・ケン・パッのような足跡がウサギです。
前足→前足→後ろ足の順で地面を蹴るためこのようになります。
IMG_4770_R.JPG

そしてウサギの足跡の写真を撮っている数分の間に、すぐ後ろにはこんな足跡がついていました!
IMG_4776_R.JPG
人間の手のようですが、これはサルの足跡なんです。
橋を渡ろうとしたものの、橋の上に変な人間がいたので様子をみて引き返したようでした。

その後足跡は、林の中を突き抜け、
IMG_4996_R.JPG

集落の家々の間をぬうように歩き回っていました。
IMG_5034_R.JPG
足跡は1頭分だけなので、はぐれサルのようです。

その他にもテンやキツネなど様々な足跡が多数ありました。
足跡や糞、食痕等を見ながら、どんな動物で、どのような生態なのか読み取っていくことをアニマルトラッキングと言います。

堅雪渡りとともに冬の楽しみの一つです。
posted by ブナ at 17:14| Comment(0) | できごと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: