2015年11月13日

「自然首都・只見」展を開催しました!

2015年11月6日(金)〜9日(月)に三条燕地場産業振興センター・メッセピアにおいて、町外展「自然首都・只見」展を開催しました。この施設は、燕三条地域の『モノづくり』を支援する拠点であり、包丁や金物などのほか、工夫を凝らしたアイデアグッズなどの直販も行っています。

展示には、1階ロビーの一角の特設展示場をご厚意でお貸しいただきました。只見町は「自然首都・只見」宣言を行い、自然とともに生き、その恩恵に感謝する町づくり、人材づくりを進めています。「自然首都・只見」展では、只見町の自然・文化・産業を県内外に広く伝え、この理念の理解と共有を進めることを目的として展示を行っています。これまで、千葉県柏市、福島市、神奈川県横浜市、郡山市、栃木県宇都宮市、会津若松市と開催し、今回は7回目となります。

展示会場では、来てくださったお客様と直接お話しできることができました。

DSC_5486_R.JPG

7日(土)には、「只見町の自然と暮らし」というテーマで講演を行い、32名の方に聴講いただきました。

DSC_5510_R.JPG

展示場の来場者数はのべ380名と、多くの方に見ていただくことができました。地元の三條新聞社が取りあげてくださり、新聞を見てきたという方が多かったようです。会場にお越しくださったみなさま、誠にありがとうございました。
posted by ブナ at 16:17| イベント