2022年06月04日

5月29日 野鳥観察会(恵みの森周辺)開催報告

P5290055.JPG

 2022年5月29日(日)は布沢地区の「恵みの森」周辺において、「春から初夏の野鳥観察会」全3回のうち2回目を開催しました。前回より3名増の14名の参加者にお越しいただきました。当日は晴天となり、空模様こそ良かったものの、あいにくの強風でバードウォッチングには不向きの条件となり、種数は伸び悩みました。
 集合・解散場所は「恵みの森」駐車場とし、前半は「吉尾峠」への作業道を往復、後半は下流の堰堤への舗装道路を往復するコースをとりました。ホオノキやトチノキが白い花をたわわに咲かせ、エゾハルゼミの合唱が森中に響き渡っていました。
P5290010.JPG

 前回の黒谷川は広い視野が特徴のコースで、目視での探索や、双眼鏡の使用に慣れることを目指しました。今回は、布沢川の渓谷に沿ったやや視野の狭いコースです。季節も進み、すっかり植物が茂って、視界も十分に効かない中で「耳を頼りに」野鳥を探すというのが今回のコンセプトでした。
P5293076.JPG

▲ホオジロ

 さっそく、リズミカルで高く澄んださえずりが聞こえてきました。声のする方を探すと、スギの梢に鳴き声の主・ホオジロが見つかりました。今回、吉尾峠への作業道で最もよく観察された種です。林の縁に生息し、雄は「ソングポスト」と呼ばれるお気に入りの止まり場で高らかにさえずります。

 渓流と森林がセットになった環境なのでアカショウビンを狙いましたが、ついに確認できませんでした。強風のため肝心の音も掻き消えてしまいます。まして木の枝葉は風で揺れ動くので、姿の目視はほぼ不可能でした。それでも、川の対岸の落葉樹林から辛うじてシジュウカラや、渡り途中と考えられるオオムシクイのさえずりが聞けたのは幸運でした。川にいたオシドリのつがいが私たちに驚いて、上流方向へ飛んでいきます。

P5290004.JPG
▲ヒゲナガオトシブミ

 参加者のお子様は道中、フキバッタの幼虫など、昆虫をよく見つけてくれました。写真はヒゲナガオトシブミの雌。雄はひげ(触覚)も首もはるかに長いのが特徴です。

P5293088.JPG
▲オオルリ

 吉尾峠の終点で、伸びやかな美しいさえずりが聞こえてきました。渓流を代表する夏鳥・オオルリの登場です。オオルリは渓流周辺の森林に生息し、只見町では4月下旬から渡来し繁殖します。ホオジロ同様、雄はソングポストをもちます。ここでは落葉樹の枝先でさえずる雄が見られましたが、込み入った枝先におり、見つけるのは容易ではありませんでした。

P5293092.JPG

▲トビ

 猛禽類ではトビが多く、比較的低空を飛びながら餌を探している様子でした。その他にサシバとノスリも出現しましたが、折からの強風に煽られて、たちまち姿を消してしまいました。

 下流の堰堤へ向かうと止水環境があり、カルガモやカワセミが確認されました。また、アオバトの「オーアオー」という独特なさえずりが遠くから聞こえてきました。

P5293105.JPG
▲ノジコ(準絶滅危惧)

 復路、川沿いのヤナギ林からホオジロに似た、しかし若干長いさえずりが聞こえてきました。注意深く探すと、居ました!ヤナギの枝の陰にいたのは鳴き声の主・ノジコです。ノジコは日本でだけ繁殖する夏鳥で、その分布も局地的なことから、環境省レッドリストで準絶滅危惧に選定されています。只見町でも生息地は限られており、布沢地区はそんなノジコが繁殖する貴重なエリアなのです。この場所の近くでは昨年夏にノジコの幼鳥が確認されており、確実な繁殖地であることが分かっています。

▼今回の観察会で確認された鳥類のリスト
(クリックすると別ウィンドウで開きます)

確認種目録_0529.jpg

P5290024.JPG

 今回の野鳥観察会では、合計21種の野鳥が確認されました。強風という悪条件に悩まされたものの、只見町を繁殖分布地とするオシドリやオオルリ、珍しいノジコなどの夏鳥が観察できました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
posted by ブナ at 16:02| Comment(0) | 自然観察会