2021年06月10日

自然観察会「初夏の只見沢で渓畔林と雪食地形をみる」参加者募集中!

6月26日(土)に自然観察会を開催します。只見沢で渓畔林とそこに生息する生き物、さらに、只見町の自然が創り出すアートとともいえる雪食地形を観察します!皆様、ぜひご参加ください。

【自然観察会「初夏の只見沢で渓畔林と雪食地形をみる」】
日時:6月26日(土)9:00〜12:00
観察地:只見沢周辺(浅草岳登山道沿い)
集合場所:田子倉無料休憩所(国道252号線沿い)
持ち物:マスク、飲み物、行動食、雨具、長靴または登山靴
参加費:高校生以上500円
    小・中学生400円
    町内在住の小・中学性、高校生200円
    (保険料込み)
定員:15名(要事前申込)

申込締切日は6月24日(木)ですので、参加ご希望の方はお早めに!!
お申し込みは只見町ブナセンター(TEL:0241-72-8355)までお願いいたします。

20210602_初夏の只見沢で渓畔林と雪食地形をみる.jpg
posted by ブナ at 09:57| Comment(0) | イベント

企画展アーカイブ「只見の春植物とその生活史」開催のお知らせ

 只見町ブナセンターでは、本日6月5日(土)より、付属施設「ただみ・ブナと川のミュージアム」2階ギャラリーにおいて、企画展アーカイブ「ヒメサユリのすべて」を開催いたします。皆様お誘いあわせのうえ、ぜひお越しください。

〇内容
 本企画展は、2014年4月26日〜6月30日に実施した企画展「ヒメサユリのすべて」のアーカイブです。ヒメサユリは福島・山形・宮城・新潟の4県でしか生育が認められていない、地域固有種です。中でも只見町は国内最大級のヒメサユリ自生地として知られており、町内の様々な場所でその姿を見ることができます。
本企画展では、何故、只見町ではこれほど広い範囲にヒメサユリが自生しているのか、ヒメサユリの生態と只見の自然環境から解説します。これに加えて、ユリ科ユリ属植物の基本的な知識の解説、ヒメサユリと他のユリの生活史戦略の比較も行い、ヒメサユリについての理解が深まる内容となっております。本企画展が只見のヒメサユリを楽しむ一助となれば幸いです。

ヒメサユリのすべて.png
posted by ブナ at 09:54| Comment(0) | イベント