2021年04月14日

研究紀要No.9発売です!

P4140002 (3).JPG

「只見の自然 只見町ブナセンター紀要No.9」販売開始のご案内です!
価格は税込500円。「ただみ・ブナと川のミュージアム」と「ふるさと館田子倉」で店頭販売を行っているほか、郵送によるご購入も受け付けております。詳しくはHPをご覧ください↓
http://tadami-buna.jp/publications.html#3

紀要No.9 タイトル・著者一覧

「只見町に生息する小型齧歯類相とセシウム蓄積の現状」
 …石庭寛子・Mariah Davis

「形態調査とSSRマーカーによる只見町のヒメサユリの遺伝的多様性解析」
 …山本将・黄木𥙿平・平城望・山田絵会

「福島県只見町のトンボ類(トンボ目)」
 …角田亘

「只見町の湿原に自生するトキソウの遺伝的多様性の評価」
 …南山泰宏・長尾賢治・赤尾奈緒子

「只見町のイヌワシに関する調査報告(2020年版)」
 …太田祥作・松井睦子・芝小路晴子・中野陽介・横山隆一

「只見町の植物資源における機能性物質の探索」
 …目黒周作・桑原隆明

「只見の養蚕の技術的発展と分業」
 …松崎大

「福島県只見町における沼ノ平地域で数多く捕獲されたオサムシ科(コウチュウ目)」
 …槇原寛・緒勝祐太郎・石川貴大・中野陽介

「2020年に沼ノ平周辺でマレーズトラップとスズメバチトラップで捕獲されたスズメバチ亜科の種」
 …槇原寛・牧野俊一・緒勝祐太郎・中野陽介

只見町の調査研究の最前線がまとめられています。
ぜひお手に取ってお確かめください!
posted by ブナ at 18:34| Comment(3) | イベント

2021年04月12日

只見町ブナセンター友の会写真展「只見の自然と暮らしを撮る」開催のお知らせ

 只見町ブナセンターでは2021年4月10日(土)より、ただみ・ブナと川のミュージアム休憩室において、ブナセンター友の会写真展「只見の自然と暮らしを撮る」を開催いたします。観覧は無料ですので、皆さまお誘いあわせのうえ、ぜひお越しください。

 只見町の自然や文化の魅力をよく知るブナセンター友の会会員やその家族、只見高校生が撮影し、スマートフォンに眠ったままになっている写真、家族も忘れかけている古いアルバムの写真など、豊かな自然やその中で暮らす人々の生き生きとした表情をお見せします。新旧織り交ぜた約500枚の写真を会場いっぱいに大公開します。“暮らし”にこだわった展示を通じて、町内外の皆さまに只見の魅力を実感していただければ幸いです。

会期
2021年4月10日(土)〜2022年3月31日(木)

会場
ただみ・ブナと川のミュージアム 休憩室

観覧料
無料 ※常設展や企画展の観覧には入館料が必要です


入館料
高校生以上310円、 小・中学生210円
※20名以上の場合団体割引があります
※只見町内在住の小・中・高校生は入館料が無料になります

お問い合わせは只見町ブナセンターまで
電話1(プッシュホン)0241−72−8355
午前9時〜午後5時(火曜休館)
http://www.tadami-buna.jp/

20210410_友の会写真展画像.png
posted by ブナ at 13:32| Comment(0) | イベント

「春の花と新緑のブナ林観察会」参加者募集中!

春の観察会「春の花と新緑のブナ林観察会」チラシ.jpg

GWの5月2日(日)・3日(月・祝)に観察会を開催します。余名沢で春植物を見る「春の花観察会」や、癒しの森でブナの開花や芽吹きを見る「新緑のブナ林観察会」を通して、只見町の春を体感しませんか?両日参加でも片方だけの参加もOKです。

@春の花観察会
・日時:2021年5月2日(日)13:00〜16:00
・観察地:余名沢
・集合:13:00「季の郷湯ら里」駐車場(只見町長浜上平50 深沢温泉)

A新緑のブナ林観察会
・日時:2021年5月3日(月・祝)9:00〜12:00
・観察地:癒しの森
・集合:9:00 癒しの森 駐車場(県道352号線沿い)

【持ち物】長靴、雨具、マスク、飲み物、軽食
【参加費】高校生以上500円、小・中学生400円、
     只見町内在住の小・中学生・高校生200円(保険料込み)
【定員】15名
    事前申し込み制、締切は4月29日(木)
    2日目はそろそろ予約がいっぱいになってきました。
    参加を希望される方はお早めに!

お申し込みは、只見町ブナセンター(電話 0241–72-8355)までお願いします!
posted by ブナ at 10:56| Comment(0) | イベント

2021年04月03日

企画展アーカイブ「只見の春植物とその生活史」開催のお知らせ

 只見町ブナセンターでは、本日4月3日(土)より、付属施設「ただみ・ブナと川のミュージアム」2階ギャラリーにおいて、企画展アーカイブ「只見の春植物とその生活史」を開催いたします。皆様お誘いあわせのうえ、ぜひお越しください。

〇内容
 本企画展は、昨春に開催した企画展のアーカイブです。雪解けの只見町に特徴的なフクジュソウやカタクリ、キクザキイチゲなどの春植物を取り上げ、その生活史や生息環境について解説しています。春植物の仲間は早春に花を咲かせ、種子を散布すると、夏には地上部は姿を消します。そのため、一年の間でわずかな期間しかみることができませんが、ブナ林や雪食地形とともに只見町を代表する自然景観のひとつです。
 只見町の野山を彩る春植物がどのような環境でどんな生活をおくっているのか、本企画展を通じて春植物の生態を理解していただくとともに、只見の春を楽しむ一助となれば幸いです。

〇会期
2021年4月3日(土)〜5月31日(月)
〇場所
ただみ・ブナと川のミュージアム 2階ギャラリー
〇入館料
高校生以上310円、小・中学生210円
※20名以上の場合は団体割引があります
※只見町内在住の小・中・高校生は入館料が無料になります

お問い合わせは只見町ブナセンターまで
電話1(プッシュホン)0241−72−8355
午前9時〜午後5時(火曜休館)
http://www.tadami-buna.jp

20210217_企画展アーカイブ「只見の春植物」_ポスター.JPG
posted by ブナ at 10:34| Comment(0) | 企画展