2019年11月28日

自然観察会「晩秋の只見で地形と地質、植生を観察しよう!」

 前日のブナセンター講座「地層からひもとく只見の自然」で講師を務めていただいた元福島県立博物館専門学芸員の竹谷陽二郎氏に同行いただき、観察会を実施しました。

 はじめに、集合場所の明和振興センター駐車場で『只見町史資料集 第4集』(2001年)に付録されている只見町の地質図を広げ、只見地域の地質に関する分布的特徴を説明しました。只見町では最も古い地層として位置づけられるジュラ紀の付加体形成に由来する檜枝岐層群や、白亜紀後期に貫入した花崗岩類などの地層が町南部に広がっています。前期〜中期中新世の海底火山活動により形成された滝沢川層、大塩層、小川沢層が町のほぼ全域に分布し、浅草岳山麓にその火山噴出物、町東部を中心に布沢層、松坂峠層などが分布しています。只見町の各地層において見られる岩石を数点確認した後に、本日の観察地に出発しました。
DSC_3065.JPG
只見町の地質的特徴を説明する

DSC_3081.JPG
布沢層のシルト質泥岩を手に取り観察する参加者

 野々沢にある観察しやすい布沢層の露頭の前で、竹谷氏にその形成と特徴について解説いただきました。
DSC_3147.JPG
布沢層の解説をする竹谷氏
 
 布沢層は、この地域にまだ海が広がっていた約1630万年〜1420万年前の中期中新世に起きた地殻活動で沈降した盆地に火山灰や泥が堆積して形成されており、そこから産出した化石によりその当時は150〜200mの海底で堆積したことが分かっています。また、同じ地層から樹木の葉の化石も見つかっていることから、海に流入する河川などにより、沖合まで流された葉が堆積し化石になったと考えられます。実際に岩石の中から葉の化石をいくつか見つけることができたため、参加者も夢中になって化石を探しました。
DSC_3183.JPG
葉化石を探す参加者

DSC_3211.JPG
見つかった葉化石

 その後、ただみ観察の森「梁取のブナ林」(学びの森)で布沢層の周辺に成立する植生を観察しました。この場所は、薪炭材利用のため伐採された森林が再生した二次林であり、高木層にホオノキやハウチワカエデなどが混じりますがほぼブナの純林となっています。下層植生には、オオバクロモジ、オオカメノキ、エゾユズリハなどを見ることができました。
DSC_3292.JPG
ただみ観察の森「梁取のブナ林」

 伊南川にかかる和泉田橋の下には、小川沢層の火山礫凝灰岩の河床が広がります。このような景観となった要因はいくつか考えられますが、1つに河川の浸食作用により、他よりも硬い岩盤が残ったためと考えられます。この岩中には、緑色凝灰岩の破片や白い浮石などが含まれているのが見てとれます。また、周辺には、緑色凝灰岩の河床も見られました。
DSC_3490.JPG
伊南川にかかる和泉田橋の下には、凝灰岩の河床が広がる

 成法寺の籠岩もまた小川沢層の緑色凝灰岩でできています。海底火山の噴出により形成された緑色凝灰岩がその後、上下からの冷却を受けて縦方向の節理が生じ、その節理に沿って侵食を受けたため、このような形になったと考えられます。籠岩の下に建立されている成法寺観音堂は国重要文化財に指定され、堂内に安置されている聖観音菩薩坐像は福島県重要文化財に登録されています。
DSC_3648.JPG
成法寺の裏にある籠岩

 今回の観察会では、只見町の自然環境の根幹を成す地質と地形の観察からはじまり、その上に生育する植生と生態、さらに、そうした環境の中で成立した文化、歴史等にもふれることができました。
DSC_3461.JPG
posted by ブナ at 10:10| Comment(0) | 自然観察会