2019年11月03日

只見町ブナセンター講座「地層からひもとく只見の自然」および自然観察会「晩秋の只見で地形と地層、植生を観察しよう!」のご案内


只見町ブナセンターでは、11月16日(土)にブナセンター講座「地層からひもとく只見の自然」を、11月17日(日)に自然観察会「晩秋の只見で只見の地形と地層、植生を観察しよう!」を開催します。

なお、本講座は台風19号接近のため中止となった10月13日・14日のイベントを、一部内容を変更し開催するものです。

【ブナセンター講座】地層からひもとく只見の自然

日 時 2019年11月16日(土) 午後1時30分〜午後3時30分

会 場 ただみ・ブナと川のミュージアム セミナー室

講 師 竹谷 陽二郎 氏(元福島県立博物館専門学芸員・理学博士)

参加費 無料(ブナセンター講座の聴講には入館料が必要です)

只見町史資料集第4集『会津只見の自然』において地形・地質分野を執筆された、元福島県立博物館学芸員の竹谷陽二郎氏を講師にお招きし、只見地域に分布する地層・岩層の特徴や、この地域がどのように形成されたのかなど、只見町史編さん事業当時の調査のことも交えながらお話いただきます。

【自然観察会】晩秋の只見で地形と地層、植生を観察しよう!

日 時 2019年11月17日(日) 午前9時30分〜午後1時00分

集 合 明和振興センター 駐車場(只見町小林上照丘1300番地、午前9時30分)

観察地 野々沢、ただみ観察の森「梁取のブナ林」
※荒天時は中止あるいは時間を短縮することがあります

参加費 高校生以上500円、小中学生400円(保険料を含む)

持ち物 昼食、飲み物、雨具、長靴

定  員 30名(要事前申込)

申し込み締切日 11月14日(木)

ブナセンター講座の講師である竹谷氏の同行のもと、只見町明和地区の地形や地層を観察します。野々沢では新第三紀の化石が産出する布沢層を観察することができます。また、ただみ観察の森「梁取のブナ林」ではブナ林を中心に周辺の植生について観察します。晩秋の只見の森を歩きながら、地形・地質から只見地域の大地の成り立ち、そして、現在の植生との関係を学びます。

お申し込みは只見町ブナセンターまで
電話1(プッシュホン)0241−72−8355

20191116-17_chikei.chishitsu_kouza.kansatsukai.jpg

posted by ブナ at 10:13| Comment(0) | イベント