2019年05月06日

只見四名山 要害山

要害山の標高は705mあり、JR只見駅の後方に位置します。
今の時期に登山道沿いに見られる花について紹介します。

要害山の頂上への道は、旧只見スキー場跡地からの「南尾根登山道」、滝神社の裏からの「宮ノ沢登山道」、北尾根の作業道があります。
今回紹介するのは南尾根登山道、宮ノ沢登山道です。

登り始めの低木林では、ユキツバキ、タムシバなどの花が咲いていました。ミヤマナラをはじめとする低木の開葉が進んでいたので、だんだんと山一帯が緑に覆われていっています。

ユキツバキ_R.JPG
ユキツバキ
花弁の赤色、花糸の黄色、葉の緑色がきれい

タムシバ_R.JPG
タムシバ
大きく白い花は遠くから見ても目立つ
只見では町の花として親しまれています。

オカメノキ_R.JPG
オオカメノキ
中央の両性花を囲うように装飾花がつく

マルバマンサク_R.JPG
マルバマンサク
花の中央から吹き戻しを吹いたように四方に細長い花弁が広がる

低木林を抜けると、キタゴヨウマツ林の下にはイワカガミなどの山野草が見られました。

イワカガミ_R.JPG
イワカガミ
同じ場所に蕾の個体もあったので、もうしばらくは花を見られそうです。

オオイワウチワ_R.JPG
イワウチワ
まとまって咲く姿に壮観さを感じる

イワナシ_R.JPG
イワナシ
良く見ていないと見落とすが、可憐な佇まいをしている

山頂直下から頂上にかけてのブナの開葉はほとんど完了し、きれいな新緑に包まれていました。足元には去年落ちた堅果から発芽したブナがいくつも見られました。

ブナの実生_R.JPG
ブナの実生

頂上から南尾根に少し下るとキタゴヨウマツの林床にアズマシャクナゲが広がります。
花、蕾ともにあまり見られなかったので、花の着きが良くないのかもしれません。

アズマシャクナゲ_R.JPG
アズマシャクナゲ

今週の日曜日には、只見四名山の1つ目として要害山の山開きがあります。是非この機会に只見の山を登り、只見の自然に触れていただければと思います。







posted by ブナ at 11:21| Comment(0) | 山歩き