2018年08月05日

記録を更新した7月の気候

180805-131744_R.jpg

連日30℃を越える日が続いています。今年は異常だという声を良く聞きます。「ただみ・ブナと川のミュージアム」のそばにアメダスの気象観測所がありますので、ここの観測データを見てみました。
※気象庁のHP過去の気象データ検索を参照しました(https://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php

今年の異常は何といっても雨が少ないことです。只見では7月中ほとんど雨が降りませんでした。観測所での降水量の記録はわずか5日!しかも7月4日〜8日に集中しています。
※実際には、28日の夕方に霧雨が降ったり、31日には朝日地区だけ雨が降っています。

180728-185901_R.jpg
28日にようやく降った雨は霧雨でした。雨に夕日が吸収されてあたりはセピア色になりました。

月の総降水量は34.5mm。これは7月の観測では史上最少です!只見町は例年ですと夏も雨が多く、7月の平年値では282.4mmです。

暑さについては、1日の最高気温をその月で平均した値は、7月の平年値が27.6℃なのに対して、今年は31.9℃でした。つまり、平均して毎日30℃を越えたということです。

ちなみに月の総降水量は、7月に限定しなければ、1977年10月が26mm、1994年4月が31mmで、この7月はこれらに次ぐ3位です。

このように雨の少なさと暑さに悩まされた7月でした。8月はどんな月になるのでしょうか。
posted by ブナ at 13:42| できごと