2018年06月24日

自然観察会「大谷地と周辺の森林植生を観察しよう」

 6月17日に布沢大田集落に位置する大谷地とその周辺の多様な森林植生について観察する観察会を開催しました。この観察会は16日に開催したブナセンター講座と同様に只見町公認自然ガイドの育成研修を一般公開したものです。

 今回の観察会は移動距離がそんなに長くなかったこともあり、道中の気になった植物など解説をしたりじっくり観察をしながら進みました。大谷地周辺には、只見町の代表的な森林植生であるブナ林のほか、地域住民による過去の薪炭材利用などを経て成立したナラ林や雪解け水や雨水で冠水するような凹地に成立するヤチダモ林があり、それぞれの森林の特徴や成立要因について説明がありました。

IMG_4838.JPG

IMG_4880.JPG

観察会には、前日のブナセンター講座の講師にお招きした十日町市立里山科学館越後松之山「森の学校」キョロロの学芸員の小林誠氏にも同行いただき、環境によってブナ林の葉っぱの大きさが異なるなどのブナ林についてのお話や解説するときのポイントを教えていただき、公認ガイドの方々も一般の参加者の方もみんな熱心に耳を傾けていました。

IMG_4906.JPG
(ラミネート加工してあるものが関東のブナの葉っぱで、左手に持っているのが落ちていた葉っぱです。)

また、大谷地では公認ガイドさんから現在のスギ人工林に代わる前に立派なブナ林があったことをお話しいただきました。
当日は30名の方が参加し、様々な森林植生について学びながら景観を楽しんでいただき、和やかな観察会となりました。
posted by ブナ at 15:32| Comment(0) | イベント

ブナセンター講座「雪ふる里山を舞台とした環境教育の実践−自然体験を通じて「伝えたい」こと、「伝わる」こと−」

 6月16日(土)に十日町市立里山科学館 越後松之山「森の学校」キョロロの学芸員である小林誠氏をお招きし、ブナセンター講座を行いました。今回の講座は只見町公認自然ガイドの育成研修として行われたものを一般の方にも公開したものです。

 講座では、只見町と同じく豪雪地帯である松之山の里山をフィールドとした博物館として取り組む地域づくりについてお話しがありました。キョロロでは環境教育の手段として市民と協力して調査をおこなったり、自然体験をおこなうことに力を入れているそうです。市民参加型調査を行うことで参加者に身近な生物多様性に気付いてもらえたり、地域の方から新しい知識をもらうことがあるといったこうした取り組みの効果や自然体験でのポイントなどを説明いただき、参加者だけでなく地域づくりを目指すブナセンターをしても非常に参考になるお話を伺うことができました。

P6160063.JPG

当日は23名が講座に参加し、質疑応答も活発に行われました。
講演を通して参加者が地域づくりについて考える有意義な時間となりました。
posted by ブナ at 14:47| Comment(0) | イベント

2018年06月10日

会津朝日岳の山開き

今日は会津朝日岳の山開きでした。
下の写真は臨時駐車場で、登山口に駐車スペースが少ないことから、ここから登山口まで送迎バスを出しています。
朝5時にはすでにたくさんの方が集まってきていました。
5時10分発の便ではマイクロバス5台ほどが出発しました。

180610-052350_R.JPG

会津朝日岳の山頂付近は只見ユネスコエコパークの核心地域に指定されています。法的には森林生態系保護地域の「保存地区」となっており、原則人の立ち入りが禁止され、自然環境が厳重に保護されています。登山道の歩行は問題ありませんが、登山道以外への立ち入りができませんのでご注意ください。

只見ユネスコエコパークについては、詳しくは下記のサイトをご覧ください。

只見ユネスコエコパークHP http://www.tadami.gr.jp/tadamibr/
パンフレット http://www.tadami-buna.jp/BR1410.pdf

今朝の会津朝日岳は雲がかかっていましたが、山の上はどうでしょうか。

180610-055825_R.JPG
posted by ブナ at 09:56| 山歩き

2018年06月08日

会津朝日岳

今週の日曜日には会津朝日岳の山開きがあります。
6月5日に会津朝日岳の山開き下見に同行したので、5日時点での様子をお伝えしたいと思います。

登山道のすぐ脇を流れる赤倉沢には大量の雪が残り、登り始めは少し肌寒い感じがありました。
IMGP4142.JPG

また、登山道には多くの倒木があり、近くの斜面を見ると雪崩によってなぎ倒された木が見られる場所がありました。沢の中にも何本も折れた木が横たわっていました。
IMGP4144.JPG

登山道沿いには、春から夏にかけて見られる花たちが咲いていました。
里近くでは花が終っているカタクリ、ニリンソウなどの春植物もその姿を見ることができます。登山道の両脇にニリンソウが生えている場所もありました。
IMGP4146.JPG
登山道を囲むように生えるニリンソウ


立派な青紫色の花を幾段にもつけるラショウモンカズラや可憐なヒメシャガなども花を咲かせています。

IMGP4145.JPG
ラショウモンカズラ

IMGP4153.JPG
ヒメシャガ

尾根の日当たりの良いところにはウラジロヨウラク、サラサドウダンツツジなどの初夏の花も見られます。

IMGP4162.JPG
ウラジロヨウラク

IMGP4168.JPG
サラサドウダンツツジ

登山道沿いには雪渓の残っているところもあるので、登られる際には十分にお気を付けください。また、会津朝日岳は避難小屋から山頂までは只見地域ユネスコエコパークの核心地域になっていますので、登山道から逸れないように注意してください。
posted by ブナ at 14:31| Comment(0) | 山歩き