2018年05月10日

春の自然観察会「春植物を愛でる!」


前回の記事よりも前の出来事になりますが、5月4日に開催した黒谷川沿いで春の自然観察会「春植物を愛でる!」の様子をお伝えします。

当日、朝日振興センターで参加者の方々をお迎えしている間、どんどんと天気が荒れ始め観察会を短縮も懸念されましたが、観察会について説明をしているうちに徐々に晴れ始め、観察地に到着するころには雨もすっかり上がっていました。結果としてお天気に恵まれた和やかな観察会をおこなうことができました。

林道に入る前に、道のそばにカタクリが群生していたのでそこでカタクリの生活史について説明をし、1年目と数年目のカタクリの実生を比較して観察してもらいました。
カタクリは花をつけるまでに最短7〜8年かかり、1年目の実生は細い松の葉のような形状をしています。
また、葉が葉が2枚になって初めて花を咲かせるため、昔は「かたっぱ」(片葉)と呼ばれていました。
みなさん葉の形や大きさの違いを興味深そうに観察されていました。

DSC_5794.JPG
カタクリの1年目の実生(画像中央の下側にある細長い葉)

IMG_4510.jpg
カタクリの花と2年目以降の実生

林道に入ってからは、ヒトリシズカ、キバナイカリソウ、イタヤカエデなどの花を観察しながらフクジュソウ平を目指しました。
今年はフクジュソウ平のフクジュソウはすでに花が落ちて実をつけていましたが、林道下や残雪近くでは花を観察することができました。ここではパネルを使って、フクジュソウの生態やフクジュソウ平の雪崩斜面が生育に適していることなどを説明しました。

IMG_4486.JPG

IMG_4480.jpg
フクジュソウの実(上)と花(下)

 今年は雪解けが早く春植物をみなさんに観察してもらえるか、天候が荒れていないだろうかと当日まで心配でハラハラドキドキしていましたが、無事に春植物を楽しんでいただくことができました。参加いただきありがとうございました!
posted by ブナ at 14:51| Comment(0) | イベント

2018年05月09日

春の自然観察会「残雪のブナ林を歩く」

 5月5日に癒しの森で「残雪のブナ林を歩く」を開催しました。毎年ゴールデンウィークに春の観察会として癒しの森で観察会を行っています。観察会では、松坂峠に面する入り口から戸板山眺めまでのルートでブナの新緑を楽しみながら只見町の自然やそこに生育する植物の観察を行いました。
DSC_3138.JPG
癒しの森入り口

 森林の分校ふざわに集合した後に、乗り合わせで癒しの森へ向かいしました。癒しの森は只見町と金山町の国界にあり、入り口付近にはナラ、カラマツの人工林などが見られ、奥に進むと徐々にブナ林が見られます。国境の大ブナや青春広場と呼ばれるブナ二次林や勢子泣かせの坂など要所などがあります。

 癒しの森へ入り、あたりがブナ林に変わったところでブナについて説明を行いました。今年は、花を付けているものが多く、時折吹く強い風にブナの雄花が舞っていました。参加者の人にブナの雌花、雌花を手に取ってもらい説明をしました。

DSCF7148.JPG
ブナの大木

DSC_3204.JPG
ブナの雌花

 また、耳を澄ますと風で木が揺れる音に混じってイカルの鳴き声が聞こえてきたので、パネルを使って解説を行いました。

IMGP4024.JPG

 数年前に国界の大ブナが倒れて形成された大きなギャップ下には、タラノキなどの陽樹や亜高木のウリハダカエデ等が成長していました。ギャップができるとその周辺の植物が侵入したり、土壌に眠っていた種子(埋土種子)が発芽し、そのギャップを埋めます。そうした作用の中で只見町では最終的に極相種であるブナ林が形成されていきます。ここでは、森林の移り変わりの過程を観察することができました。

DSC_3186.JPG
国界の大ブナ

 癒しの森には、ブナ以外にもオオバボダイジュなどの大木を見ることができます。オオバボダイジュは只見ではシナノキと呼ばれ、その内皮をより合わせて物を運ぶ時にくくる縄として使っていました。

DSC_3173.JPG
オオバボダイジュの巨木

 戸板山眺めからの眺めを堪能してもらって帰路に着きました。
その周辺にはタムシバやムラサキヤシオ等の花を見ることができました。例年だとここにヤマザクラやイワウチワも加わるので、今年は少し寂しい感じがしました。

 天候による開催の中止も危ぶまれましたが、雨に降られることなく無事行うことができました。参加者の方たちはブナの新緑をはじめとした只見町の春の景観を楽しまれました。
posted by ブナ at 16:03| Comment(0) | イベント