2017年04月21日

水の郷只見川公園にて

4月下旬になり只見町でも暖かい日が続いています。
あれだけ積もっていた雪も日を追うごとに消えてきています。

キタコブシ (3)_R.JPG
ミュージアムに隣接する水の郷只見川公園では、キタコブシが花を咲かせています。
地面からはフキノトウやツクシが出ていて春の訪れを感じさせてくれます。

シマヘビ (2)_R.JPG
ぽかぽかした陽気が続いたからなのか、シマヘビも冬眠から目覚めたようです。

現在開催中の企画展「多雪地帯に生きる 日本海要素植物」では、キタコブシなどを含む日本海側に偏って分布している日本海要素植物を紹介しています。
企画展をご覧いただき、実際に町中で自然の姿を見ていただければと思っております。
また、5月3日、4日には春の観察会を行いますので、是非ご参加下さい。
http://www.tadami-buna.jp/event.html#harunokansatukai
posted by ブナ at 14:14| Comment(0) | できごと