2017年04月22日

オオルリが渡ってきました!

只見町にもいよいよ春が来ました!山の雪もずいぶん落ちて、山肌が見えるようになりました。

こちらは要害山。

170421-070953_R.JPG

こちらは浅草岳です。

170421-071027_R.JPG

そして、ついにオオルリが渡ってきました。真っ白な雪にピカピカの青が映えています。

170421-074804_R.JPG

こちらは、センダイムシクイです。特徴が分かりにくい鳥ですが、鳴けばすぐにわかります。「焼酎一杯ぐいー」もしくは「鶴千代君〜」と聞きなしされます。※画像をクリックすると大きな写真が見れます。

170421-074259_R.JPG

こちらはコサメビタキ。姿を見ることができるのは、この時期だけかもしれません。枝先から飛び立ちすぐ戻るという、食物である虫を捕える行動を頻繁にしていました。

170421-083554_R.JPG

そして、夏鳥の代表選手。ツバメももちろん来ています。

170421-070526_R.JPG

他にもクロツグミの囀りが聞かれるようになり、サンショウクイ、サシバ、ヤブサメなどもやってきています。待ちわびた夏鳥の到来です!

間もなくゴールデンウィークです。「ただみ・ブナと川のミュージアム」と「ふるさと館 田子倉」は5月2日(火)も休まず開館します。また、3日と4日には、自然観察会を予定しています。ぜひ、ご来館、ご参加ください!



posted by ブナ at 13:49| できごと

2017年04月21日

水の郷只見川公園にて

4月下旬になり只見町でも暖かい日が続いています。
あれだけ積もっていた雪も日を追うごとに消えてきています。

キタコブシ (3)_R.JPG
ミュージアムに隣接する水の郷只見川公園では、キタコブシが花を咲かせています。
地面からはフキノトウやツクシが出ていて春の訪れを感じさせてくれます。

シマヘビ (2)_R.JPG
ぽかぽかした陽気が続いたからなのか、シマヘビも冬眠から目覚めたようです。

現在開催中の企画展「多雪地帯に生きる 日本海要素植物」では、キタコブシなどを含む日本海側に偏って分布している日本海要素植物を紹介しています。
企画展をご覧いただき、実際に町中で自然の姿を見ていただければと思っております。
また、5月3日、4日には春の観察会を行いますので、是非ご参加下さい。
http://www.tadami-buna.jp/event.html#harunokansatukai
posted by ブナ at 14:14| Comment(0) | できごと

2017年04月09日

新年度が始まりました

只見町にも春がやってきています。

町のあちこちでフクジュソウを見かけるようになりました。

DSC_4808_RR.jpg

ユビソヤナギも花が咲き始めています。黒谷川のユビソヤナギ林は今一歩というところです。

yubiso_RR.jpg

yubiso2_RR.jpg

まだまだ雪も残っています。

DSC_4782_RR.jpg

新年度が始まりました。
企画展「多雪地帯に生きる 日本海要素植物」がオープンしました。ぜひご来場ください。

また、春の観察会の参加者を募集しています。
春植物の観察会は5月3日(水・祝)、ブナ林の観察会は5月4日(木・祝)です。詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.tadami-buna.jp/event.html#harunokansatukai

今年度も只見町ブナセンターをよろしくお願いいたします。
posted by ブナ at 13:56| できごと