2016年11月20日

【報告】町外展示「自然首都・只見」展 講演会

下郷町で開催している町外展「自然首都・只見」展では、昨日11月19日(土)に2回目の講演会を開きました。
只見町出身の小沼 昇 氏 (只見町ブナセンター友の会代表、元只見町長)と 鈴木 サナエ 氏 (同副代表)に『「自然首都・只見」に込められた思い』というタイトルでお話しいただきました。

一昨年、只見町はユネスコエコパークに登録されましたが、その礎となった出来事を小沼昇氏が紹介されました。
只見町でかつてブナ林の大規模伐採が行われた時に町民の反対運動が起こったこと、過疎高齢化が進行する中で都市追随型の開発発展とは決別し地元の自然を大切にした『ブナと生きる、雪と暮らす』という理念に基づいた町づくりを進める決意したことを紹介されました。また、現在、只見町は「自然首都・只見」を標榜しています。これは、こどもブナサミットで「自然首都・只見」宣言をしたことに端を発することなどをお話されました。豊かな自然に囲まれた只見町ですが、その自然の価値が認められるまでの道のりは決して平坦ではなかったようです。
DSCF0630.jpeg

鈴木サナエ氏は、町公認ガイド・森の案内人としてご活躍中で、町に来られた方々に町を案内するような優しい口調に参加者は聞き入りました。町の春夏秋冬の景色や、只見町の四名山などの自然とともに、暮らしについてもお話されました。
雪が深いために雪囲いをすることを紹介すると、下郷町の方は下郷では雪囲いをほとんどしないと応えていました。また、打ち豆は下郷にも只見にもあることや、六歳の子供の書道『火の用心』の風習は檜枝岐にもあること、など参加者とのかけあいからそれぞれの共通点・相違点を見つけることができました。
DSCF0634.jpeg


DSCF0552.jpeg
*本日で、この展示会は終了いたしました。
下郷町の方、南会津の方、県内・県外の方といろいろな地域からご来場いただきました。みなさまどうもありがとうございました。

posted by ブナ at 22:00| Comment(0) | イベント