2016年11月08日

明日から町外展示「自然首都・只見」展を始めます

11月になり冷え込が厳しくなりました。
3日のブログで、その前日に浅草岳に雪が降ったことをお伝えしました。その後、4日にも雪が積もりました。この雪はまだ残っています。浅草岳に三度、雪が降ると平地にも降ると言われているので、そろそろ覚悟(!?)が必要です。
DSC_3013.jpeg
11月4日午前。浅草岳手前の山にも雪が。この後、雲が晴れていくに連れ、積雪の浅草岳中腹が現れました。

さて、明日から町外展を開始します。
毎年、ブナセンターでは、町外に出かけ、そこで只見町の豊かな自然とそれを活用した人々の生活や文化についてお伝えしています。今年は同じ南会津郡の下郷町で開催します。

「自然首都・只見」展
会場:下郷町会津ジイゴ坂学舎
   福島県南会津郡下郷町落合字ジイゴ坂1604-1
会期:11月9日(水)〜11月20日(日) *木曜日はお休みです。
開館時間:10:30〜16:00(9日は12:00開始、20日は15:00終了)
入場無料

解説パネルで只見町の山や川、樹木や花、動物や魚、食べ物や生活などをお伝えします。民具の展示、映像による只見町のブナ林の紹介も行います。また、講演会を2回開催します。
[講演会]
11月13日(日) 13:30〜15:00
『只見町の自然とくらし』
  河原崎 里子・遠藤 菜緒子(只見町ブナセンター)
11月19日(土) 13:30〜15:00
『「自然首都・只見」に込められた思い』
  小沼 昇 氏 (只見町ブナセンター友の会代表、元只見町長)・ 鈴木 サナエ 氏 (同副代表)

http://www.tadami-buna.jp/event.html#shimogo ←こちらもご覧ください!
みなさまのご来場をお待ちしております。

posted by ブナ at 01:53| Comment(0) | イベント