2016年09月15日

インターンシップ in 只見町ブナセンター


こんにちは!昭和女子大学の山アです。
私は今、大学のインターンシップで只見町を訪れています。

今回は2日間、只見町ブナセンターで就業体験をさせていただきました。
ここでは只見町の“いろは”から詳しく学ぶことができるので、
只見の町を知りたい人にオススメです。


私がこのセンターで一番印象的だと思ったのは、動物の剥製です。
160915-105526-DSC_2353_R.JPG
これは入口でお客さんを出迎えてくれる熊の剥製です。

博物館や資料館にあるほとんどの剥製はケースに入れられ、
厳重に保管されていますよね。
その点このブナセンターの剥製はケースに入れられていないので、
剥製との距離が近く、じっくりと観察することができるのです。
ちなみにこれらの剥製の中には地元の方々から譲り受けたものも多くあるようです。地域住民の協力があって、より素晴らしい展示に仕上がっているのですね!


もちろん見どころは剥製だけではありません。
年に4回ほど企画展を開催していますし、講師の先生をお呼びして自然や文化をテーマにした講演会も行っています。

施設で只見町について学んだあとは、ゆっくりお散歩をすることもできます。
160915-110856-DSC_2369_R.JPG

只見町ブナセンターで就業体験をして、施設を見させていただいて、
より一層、只見町について知ることができました。
また只見を訪れたときには、このブナセンターに足を運びたいと思います。


posted by ブナ at 13:42| Comment(0) | イベント