2016年07月14日

ツバメたち

私の住まいの入り口の真上にツバメの巣があります。
家から出入りすると、最近、巣からの視線を感じます。ツバメのヒナたちが見下ろしているのです。
最初、小さかったヒナたちは精一杯、首を伸ばしても横一文字のくちばししか見えなかったのですが、昨日は顔全体が見えました。
DSCF0071.jpeg

写真を撮っていると、親が戻ってきました。ヒナたちに警告しているのでしょう。
近くの電線に止まって、チュピーチュピーと大きな鳴き声を出します。
DSCF0074.jpeg

ヒナたちは一斉に頭を引っ込めてしまいました。
少ししてから、見上げると、また先ほどのようにこちらを見下ろしていました。
人の出入りでドアがバタンといったり、夜は電灯が点いたり消えたりして、安眠を妨害されるのに、人の暮らしのそばにいるのが落ち着くのでしょう。
自由に飛び回れるようになるまでまだ少し時間が必要です。早く大きくなって元気に飛び立ってほしいです。(糞害から解放されます。)
posted by ブナ at 11:10| Comment(0) | 野鳥