2016年07月24日

町内のあちこちでヤマユリが咲いています

DSC_1213_RR.jpg

ヤマユリの花がピークを迎えました。
大輪のヤマユリは毎年見ても美しいです。また、香りがその存在を誇示しているかのようです。
林内や斜面、道路脇などたくさん見られます。

昆虫の企画展が始まりました。関連して7月30日はブナセンター講座、31日は自然観察会があります。ご参加をお待ちしています!
(自然観察会は事前申込が必要です。ブナセンターまでご連絡ください)
posted by ブナ at 16:59| できごと

2016年07月19日

ツバメたち2

7月14日に家の入り口のツバメのヒナたちの様子をお伝えしました。
昨晩、見上げてみたら、灰色だったヒナたちが大きくなって白黒のはっきりしたツートンカラーになっています。左はしが親、あとの5羽がヒナです。親と同じくらいの大きさになっています。
それにしても、ヒナが5羽もいたとは!巣が窮屈そうですが、もう少しで、彼ら彼女らは飛びまわることができるようになるでしょう!

DSC02047.jpeg
posted by ブナ at 06:20| Comment(0) | 野鳥

2016年07月14日

ツバメたち

私の住まいの入り口の真上にツバメの巣があります。
家から出入りすると、最近、巣からの視線を感じます。ツバメのヒナたちが見下ろしているのです。
最初、小さかったヒナたちは精一杯、首を伸ばしても横一文字のくちばししか見えなかったのですが、昨日は顔全体が見えました。
DSCF0071.jpeg

写真を撮っていると、親が戻ってきました。ヒナたちに警告しているのでしょう。
近くの電線に止まって、チュピーチュピーと大きな鳴き声を出します。
DSCF0074.jpeg

ヒナたちは一斉に頭を引っ込めてしまいました。
少ししてから、見上げると、また先ほどのようにこちらを見下ろしていました。
人の出入りでドアがバタンといったり、夜は電灯が点いたり消えたりして、安眠を妨害されるのに、人の暮らしのそばにいるのが落ち着くのでしょう。
自由に飛び回れるようになるまでまだ少し時間が必要です。早く大きくなって元気に飛び立ってほしいです。(糞害から解放されます。)
posted by ブナ at 11:10| Comment(0) | 野鳥

2016年07月10日

企画展、ブナセンター講座、自然観察会のご案内

ユネスコエコパークに登録された只見町では、その目的である人と自然との共生を実現するため@自然環境、生物多様性の保護・保全、A地域資源を持続可能な形で利活用した地域社会経済の発展、B学術調査研究、人材育成についてのユネスコエコパーク関連事業に取り組んでいます。この中の学術調査研究事業として、只見ブナセンターでは2014年から2年間にわたり只見町の昆虫相についての調査研究を実施してきました。これは、只見地域は広大で奥深い山林を抱えるゆえ昆虫相についてはいまだ未解明部分が多く、それを解明することで今後の昆虫相の保全策に役立てようとするものです。今回の企画展は、この昆虫相調査の研究成果についてみなさまにご報告する企画展となります。また、昆虫に関するブナセンター講座および自然観察会を行いますので、皆さまお誘いあわせの上、ぜひご参加ください。詳しくはホームページをご覧ください。

【企画展】「只見の昆虫たち −只見自然環境基礎調査の報告」
開催期間 2016年 7月 23日 (土) 〜 10月 10日 (月)
会  場 ただみ・ブナと川のミュージアム 2階ギャラリー

【ブナセンター講座】「只見地域で見られるカミキリムシ類とその生態」
日 時 2016年 7月 30日 (土) 午後1時30分〜3時30分
講 師 槇原 寛 氏(森林総合研究所)

【自然観察会】要予約 「昆虫採取と観察会」
日 時 2016年 7月 31日 (日) 午前9時〜12時
観察地 ただみ観察の森「梁取のブナ林」(学びの森)

詳しくはホームページをご覧ください。

ブナセンター講座の講師 槇原寛氏の調査風景
Makiharasan.JPG

posted by ブナ at 12:46| おしらせ

2016年07月06日

エクリプス

只見町は、梅雨らしく雨が降ったり止んだりの天気です。
田んぼの稲もあっという間に伸び、天気が良い日には爽やかな景色が広がります。
IMG_6601_R.JPG

さて、こちらの写真。
何という鳥か分かりますでしょうか?
IMG_6473_R.JPG

独特なブチ模様ですが、実はオシドリなんです!

これは6月13日時点でのオシドリの雄。
鮮やかなイチョウ羽が美しいです。
IMG_6376_R.JPG

それがこのような状態になるんです!
IMG_6475_R.JPG

全く別な鳥のようですが、これはオシドリの「換羽」と言う現象で、
つがいとなったメスに卵が生まれると、オスのきらびやかな羽は一度抜け落ち、次の繁殖期までに新しい羽に生え変わるのです。
この羽の抜け落ちた状態を「エクリプス」と言います。

ちなみに、オシドリ夫婦としても有名なオシドリですが、終生同じつがいでいることはなく
実は毎回違うパートナーと繁殖するんです。
オスメスが仲睦まじく寄り添う姿は素敵ですが、びっくりですね。

日に日に気温が上がり、夜はホタルたちが舞っています。

両生類、爬虫類たちの動きも活発です。
先日、意外なところでシマヘビを見つけました。 
→ヘビの写真になりますので、大丈夫な方は続きを読むよりどうぞ→続きを読む
posted by ブナ at 13:09| Comment(0) | 野鳥